topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐るべき子どもたち - 2016.10.27 Thu

現在中1の姪ちび子。
いつの間にか大きくなって、外見はイマドキ女子っぽくなってきた。
でも中身は変わらず、ちび子なのである。

そんな彼女が去年小学校の卒業文集に載せたという文章を、妹が写メってきた。


161028-2.gif
(見やすいように画像処理しております)


年のわりにドライなのはわかってたけど、書くかこういうこと、6年生(´・_・`)
ワタシ6年生でこんな文章書けなかったよ…とさりげなく姪自慢か自分(^^;


それはともかく、こんな考え方もできなかった。
彼女はもっと小さい頃からこういう考えなのだ。
以前、車内吊りポスターに向かって
「あたしゃダマされないよ!( ̄∀ ̄)」
と、ごうつくババァみたいな台詞を吐いたことがあるのは4年生の時だったか(-_-;)


彼女の兄である甥1も、こういうところがある。
というか、彼の方が高1という生意気盛りな年齢的なこともあって
世をナナメに見ていることは間違いない。
これは卒業文集ではなく、4年生の時に書いたものらしいが
同じようなテーマの作文画像が残っている。
(ただし妹いわく”ヒトの字じゃない”そうで、じじばばに見せる用に母親が書き写したもの)


161028-3.gif


まぁでも彼らも生まれたときからこういうことを言ってるワケもなく。
彼ら兄妹にこういうことを仕込んでいるのは、紛れもなく母親である妹なのだ。
「ないならないって書けばいいじゃん」「愛があれば生きていけるなんてウソ」
つまり彼らは母親の薫陶宜しきを得て、こうした考え方に落ち着いているワケだ。


…だが。
繰り返すが、こういうことを書くかフツー、6年生と4年生(T▽T)
しかも輝かしい夢を語るべき卒業文集に。
また妙にこなれた文体なのがオソロシイ。

そしてあれこれ書き散らして生きてきた伯母は思うのだ。
ホントはこれ、エッセイでは禁じ手なんだよねぇ。
毎週雑誌に連載抱えてる作家が、ネタないときにやるレベル(笑)
小学生がやるのは、ちょっとどうかと……(´・_・`)まいっか←同穴ムジナ
 
 
 
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

いらっしゃいませ

このblogは
さくら通り
の1コンテンツです

今月のオシゴト

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

各記事下部の(CM)を
クリックすると
書込窓が現れます

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

過去ログはこちら

さくらが丘雑記(旧)

ご注意

管理人が不適切と判断した
書込は即刻削除します

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。