FC2ブログ
topimage

2008-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおつごもり。 - 2008.12.31 Wed

朝からまたしてもバタバタと。

なぜか起きるなり、ベッドルームの床を油磨き。
ベッドを寄せてー、三分割してやっとこさ全面塗り終わり。
おっかしーなー。何もしないはずだったのになー。
ま、例年こんな感じですねうふふ。

そのあとはお蕎麦のトッピングと松前寿司を買いに、デパートへ。
いや、近所にデパートあるって、ホント便利ですね~(^^;
やめられんわこりゃ。

で、夕方ぼへーっとしていたら、急にYちゃんから電話。



「あのさ、旦那と一緒なんだけど……今から行ってもいーい?」



な、なんですとっ!?( ̄▽ ̄;
ご主人様には初めてお目にかかるのよ。
初めて我が家にお越し頂くのよ。
それなのに、ふとみると「まいっか」で放置のリビング。
洗濯物やらノートPCやらビーズの作業台やら…
まとめて和室に放り込んで、ぴしゃりと襖を閉め立てる。
……みっ見ないフリ見ないフリ。

やがて来てくださったダンディな旦那様とYちゃん、
慌てて向かいのケーキ屋へ走った夫も戻って、大晦日の夕方に優雅なお茶タイム。
あーなんか嬉しい。
お互い特にやらなきゃならないこともなし、いいねぇこういうのも。
シアワセ♪



さて、お蕎麦も食べたし、お寿司も食べた。
紅白観ながらぼへーっとして、今年も恒例の初詣に出かけます。


んではみなさま、良い年の瀬を(⌒∇⌒)ノ




         名残をも忘れてや見んひととせの浮世をよそに明け暮るる身は
                                          (柳沢吉保)



スポンサーサイト

や、ども - 2008.12.30 Tue

生きてます。
生きてますよ一応。
風邪もなんとか咳発動80%におさまりつつあり。
でもなんか年越しそうな感じです。



なーんにもしないつもりだったんですが、
夫のサポートを得て床の油塗りだけやりましたよ。
廊下テカテカ。リビングとキッチンもテカテカ。
でもキッチンは明日料理したらテカテカ度-40%だろうな。うん。

さっき数の子の筋取りもやりました。
明日、夫熱望の田作り(ごまめ)とだし巻き卵を作ったら
自力制作おせちは終了です。
あとは買ってきたの。食べたいのだけ。



あとはすき焼き食べて床暖房に転がってTV見てました。
もーなんにもしないよ。
ブルーレイDVD/HDDも無事繋がったし、
この年末年始はBS録り溜めてゴロ寝してすごすんだーい。



ではまた明日。
今年も楠公さん(湊川神社)に初詣の予定ですwww




止まらないの - 2008.12.23 Tue

弾む心でなく、咳がね(TT)
……古いですか古すぎますか。さようですか………。

ご心配いただいたみなさま、ありがとうございます。
ただいまはすっかり平熱。今日は午前中だけ横になっていましたが、
午後は近所に買い物に出かけ、外食してきました…廻ってたけど(爆)
でも自分で運転はまだちょっとコワイかな…。
食べるのもただ起きているのも、本当に体力使うんだなぁとあらためて思います。
あとは鼻と喉と頭痛です。なんとかせにゃー。



いや、夜中に何度も咳き込んで目が覚める、というのは、なんともツライものすねぇ…。
飛び起きちゃうんですから自分の咳にビックリして(T▽T)
咳で肋骨にヒビが入る、なんてよく言いますが、まーさかーと思ってたんですよ。
いやワタシは幸いまだそこまでいってないようですが、
あの気持ちがわかるようになりました……

たまらずにイソジン液でうがいをするのですが、喉の奥を開くのが苦手なワタクシ。
しかも嘔吐過敏症の気があるので、たいていは「おえぇっ」とえずいては
慌てて吐き出すこと数度。
まあでもこれをやると、多分治りは早くなるはずです。
のどぬ~る綿棒で直接患部と思しき場所にイソジンを塗ってみたんですが、
ちょんと触れては「おえぇぇっっ」となるので、気力体力使い果たしてHPさらに-10。
濃いめの液でうがい、ということになりますと、まあHP-5くらいですむかな(-_-;)

咳をするたびに喉の奥は傷つきます。突然爆風が吹き荒れるようなものです。
なもんで、傷だらけの咽喉はかさぶただらけでしょう、たぶん。
それをまた咳でひっぺがす!!

   また痛む→かさぶたできる→咳→べりっっ

……いつまで続くぬかるみぞ。



いずれにせよ、咳のせいで、身体を休めるために寝ていたはずなのに、
ぐったりして起き上がるハメになります。
…宿屋で寝てHP-20ってどないやねん。
リン酸コデインというアヘンアルカロイド系の鎮咳薬を処方してもらっているのですが、


阿片窟の客ごっこで

イっちゃってる顔で

吸引するフリでもしなきゃ

やってられませんヽ(`⌒´)ノ
  


…………うそですちゃんと水で飲んでます…。

や、でも風邪引いてる時って、妄想たくましくなりませんか?
朦朧としてる時は無論それどころじゃないんですが、
あれこれと、誰に看病してもらおうかしらとか、
どんな看病っぷりかしらとか、どんなお見舞い持ってきてくれるかしらとか。
看護と称してイケナイコトしたりs… あwせdrftgfyふじこpl;@:「!!!
…いやまあ、ほんと、頭朦朧状態ってある意味楽しいですよねー (←喉元過ぎた)



実際に看病してくれた夫は、今回結婚以来看病細やか度MAX(当社比)でした。
おでこに冷やしたタオル、アイスノン、水分補給、
まあ食事は朦朧としつつワタシが希望出したものを買ってきてくれたり、
他にも買い物、掃除、米研ぐ気力のないワタシの代わりに炊いてくれたりと
まあ献身的と言っていい程度の働きはしてくれました。



……ここらでいっちょ誉めておかねばのう。次があるし次が。




あと一歩 - 2008.12.22 Mon

081220.jpg



……まあつまりこういうことです(TT)



今年3度目の39℃突破記念祭り。
わーいわーいわーいヾ(TT(ToT)ノ ヽ(T-T )T-T)ノ
微妙に40℃の大台には足りなかったってことで「あと一歩」。
ちなみに当人は朦朧としていたので、夫が気を利かせて撮ってくれておりました。
「いいネタできたね!(^▽^)」 ……喜ぶな。

水曜日に買い物に出て、あちこち歩き回ったせいかなー。
……ワタシ、ひょっとしてなんか、感染症に弱くなってるの……?
でもインフルエンザなのかどうかは不明です。

夫によると、熱に浮かされながらあらぬことをいっぱい口走ったようで。
内容はうつらうつらしながら見ていた夢。
病気のモト(なんだそれ)と懸命に戦い、
プログラムのバグをひとつひとつ潰すように、
コンシーラーで小さなシミをひとつひとつ消していくように、
根気よく潰す作業を延々続けていたらしいです、ワタクシは夢の中で。
それを廻らぬ口と廻らぬ頭で必死に夫に訴えかけていたらしいんだが、
こ、怖かっただろーなー( ̄▽ ̄;



熱が37℃ちょいになった今でも、長時間座っていることさえできません。
現にこの雑記も、書き上げるのにインターバル合算で半日かかっとる(-_-;)
丸3日ろくに歩いてないから、足も萎えちゃってよれよれ。
喉は痛いし鼻は詰まるし頭はガンガンするし。



…でも。

…………なによりも哀しかったのは。










せっかく申し込んだ

沖縄旅行を

キャンセルせざるを

得なかったことです







…しかも出発前日に(深い溜息)
代金の40%がパーッと飛んでいきました。
ついでにワタシの口からも魂魄がケムリとなって飛んでいくのが見えたよ……ヽ(゚ 0。)ノ ~




この旅行のためにもぎ取った休暇と連休のすべてを
妻の看病に当てるハメになった夫とともにふて寝して
今日明日も大人しく過ごすことにします……くすん……。



iPod classic - 2008.12.19 Fri

夫の4G iPod 20GBがついに壊れた。
…まーね、4年以上酷使してきてるからね(^^;
バッテリーがへたってしまったようです。
交換という手も考えたけど、いっそ買い換えることに。

冷蔵庫を買った時に発生したポイントでちゃっかりせしめた子で
白黒表示しかできないが、その丸っこいボディに愛着を感じていた。
夫が自分専用機が欲しいと言い出した時に、ワタシは新しいのを買ってもらい、
これが夫のものになった。
言われる前に言っておくけど、鬼嫁だから夫に古いのを押しつけたわけじゃありませんわよ!
「私は古い方でいいよ。カラー表示も歌詞搭載機能も必要ないもん」
と、当人が宣うたのだっ。

その時新たにワタシ専用機になったのが、
COSTCOで安く購入した5G 60GBである。
……ついにデータは満杯になることがなかった(爆)
いやーなんていうか、全部データ入れると、検索も面倒だしさぁ…。
パソコンにはだいたい1万曲ほど入っているが、
そんだけ入れちゃったら、プレイリストの数だけでも死ぬほどできそうじゃないですか…。

今回またしても、夫はこの古い方の5Gを引き取った。
…いやだから、鬼嫁じゃないってば。



そして新しくワタシにポイントで買い与えられたのは、6G 120GB。
………絶対音楽データでは埋まりきらん………。
といって動画を見るわけでなし。


081219-3.jpg

なんか線香とかお菓子の箱みたい。
これまでのiPodのあのウザいスリット付見開き展開タイプの箱よりか、
ずっとスマート。
…まあ、あれはあれで、箱のデザイナーさんの苦心の作だとは思うんですが(^^;

で、ゲームが入ってるんだよね、これ♪
iTunes Storeで買い足すこともできるけど、ほとんどiPhoneとiPod touch用らしい(TT)
ま、当面はソリテアで我慢しましょう…。
しかしカラー液晶でこういうゲームをすると、バッテリーの減りが早かろうのう…(-_-;)



恒例の大きさ比較。
まずは外箱。

081219-1.jpg
左から、4G、5G、6G

横からの写真を撮り忘れたが、4Gは145mmの立方体、
5Gは厚さ約35mm、6Gは厚さ45mmである。
いずれも材質は紙、体積はどんどん小さくなっている。

081219-2.jpg

本体比較。
5Gと6Gはほとんど見た目が変わらない。
液晶のサイズもほぼ同じ。

081219-4.jpg

決定的に違うのが厚み。
iPod clasic 120Gは10.5mmしかない。ひゃ~。
この中にバッテリーとハードディスクが入ってると言うのかっ!
…すごいねぇ技術の進歩って。



と、どっかのおばーちゃんのようなことを呟きながら
風邪っ引きのワタクシは、新しい子にせっせと曲を転送するのだった。



………お陰で……(以下待て次号)






※後日夫があれこれいじってみた結果、
 壊れた4GはHDD自体もイカれちゃってた模様。
 おつかれさまでした。

Deutscher Weinachtsmarkt Osaka 2008 - 2008.12.15 Mon

…で、そのドイツ・クリスマス・マーケットに、
今年も行って来ました。
このところ、というかもうここ7、8年、恒例になって参りました。

ええと、これまでの雑記を振り返ってみても、
2004年分2005年分2007年分と、
食べ物中心(爆)な行動を取ってきているワタクシ。
……ええ、ご想像通り今年もですよをほほほほほほほっ。


081214-2.jpg場所はJR大阪駅の西側に広がる再開発地区。
貨物線の下の長ーい地下通路をてくてく歩いていくせいで、
再開発はしたものの、普段は人の流れがあまりない、
淋しい場所であります。
トンネルを抜けると、そこには新大阪名所…になるはずだった
新梅田シティと言われるツインタワー、積水ハウスの梅田スカイビルが。
当初テナントは空きばかりで、早晩空っぽになると揶揄されてたけど
一応今では貸会議室やパーティルームの予約は埋まっているようです。



081214-3.jpgわざわざドイツから部材を取り寄せて
組み立てたらしいアンティークのメリーゴーラウンド。
「大人の方が乗っても大丈夫です。

体重制限はありません  」

…のっ…乗らないも……(汗)



081214-7.jpg

27mのクリスマスツリー。
世界最大級、なんだそうである。
このマーケットが始まった当初は
こんなにおっきくなかったような気がする…。



081214-4.jpg
今年新しく?出てきたのは、Lebkuchenを売る店舗。
レープクーヘン、とは、ドイツのクリスマス菓子のひとつで、
ジンジャーやコリアンダー、シナモン、ナツメグなどの
スパイスを練り込んだ固くて重たいクッキーのことである。
Hexenhause(お菓子の家)を作る時に建材(笑)として使用するアレ、
といえばおわかりいただけるでしょうか。



081214-6.jpg
こうやって店の隣のキッチンスペースで全身使って
生地練ってるんですよ。いかにも固そう……。
レープクーヘンって、日本人にとっては
好き嫌いがきっちり分かれるそうなんですが、
ワタシは好きではありませぬ。



081214-5.jpg今回食べたモノ。
左上:定番のソーセージとパン、黒ビール、グリューワイン。
右上:ジャーマンポテトとザウアークラウトのスープ
左下:ドイツ風プチドーナッツ(謎)
右下:ドイツ風ドーナッツの屋台
ドーナッツは蜂蜜かお砂糖のトッピングを選べる。
これは蜂蜜。



あまり寒くないので、おいしいと煽ったグリューワインが一気に廻って
醒めずに酔っぱらう。
嫌そうな顔の夫に引き立てられて、おうちへ帰るワタクシ。
んー。なんかドーナッツの揚げ油が悪かったようで、
ぎぼぢがわ゛る゛い゛……(-_-;)


温笑う - 2008.12.14 Sun

…このタイトル命名法、なんかクセになりそうです。


えー。しばらく放置ですんません。
某乙女ゲーの再プレイ&ログ取りに没頭しておりまして。
やっとこさ古昆布…もといフルコンプできたので、
シリーズ次のを再プレイする前に、溜まったネタを一気放出。


で、「温笑う」。
なまぬる~い笑いを誘うことどもを。


********************


例年通り、大阪のビルのど真ん中で行われている
ドイツ・クリスマス・マーケットに行く道すがら。
前を歩く二人組の女の子のバッグがお揃いだった。

081214-1.jpg
よく見ると、ボンディング・ジャケットも
まったくのお揃いではないか。
これは仲良しだからお揃いにしたのか。
…はたまた職場の指定なのか。
どっちにしても、な~んか温いぞ(笑)


********************


韓国で開催された今年のフィギュアスケート、グランプリファイナル。
自国他国問わず観客の応援がとんでもなく激しい。
どうやら、天才児・金妍児(キム・ヨナ)の登場で、ニワカにフィギュアブームらしく、
女子フリーの瞬間最高視聴率が40%を超えるほどの人気を生んでいるらしい。

ところが、正確さが要求され、選手にとっては
ある意味最終のフリーよりも緊張感をともなうショートプログラムで、
演技中にもかかわらず音楽に合わない手拍子や、黄色い声。
観客の成熟度の低さを感じざるを得なかった。
選手たちも、演技後のインタビューで
「最初はびっくりしました…」と答えていた。

が、よくよく思い出してみると、日本でもほんの10年15年前までは
似たような光景が見られたものだったなあ…なんてね。
あの当時、欧米のフィギュア先進国(?)でも
同じように批判されていたんだろうな、と思ったり。
温い笑いを浮かべながらそんな感想を抱いた。

ともあれ、浅田真央ちゃん、GPファイナル王座奪還おめでとう♪


********************


今年のサンタさんは、嘘をついたりせず(昨年の雑記参照)
カバンフェチの妻の願いを叶えてくれて、
兼ねて欲しかったカバンの半額を出してくれた(爆)
ありがたやありがたや…(-人-)

で、そのカバンである。
リテールプライスの半額以下で買えたのは僥倖だが、
在庫を出してもらって、一応いろいろ確認していたら、
なんと内側のポケットが糊付けされていて、口が開かない( ̄▽ ̄;
こ、こんなことってあるの…?
情熱のスペインのメーカーだからついうっかり貼り付けちゃったの…?

もちろん違うものを出してもらって、それはちゃんと開くことを確認し、
そちらを買ってきたけれど。
あの貼り付いちゃったやつ、どうするんだろう。
更に半額、とかだったら、ワタシが引き取ってもい…
…うわやめておねがいあwせdrftgyふじこlp@;「: (←懐)

…やっぱり温笑い…。


********************


フランス語(や英語)には、音の数以上に文字をたくさん表記しなければならない言葉がある。
英語では、今ひとつ長いものが思いつかないが、
「Gainsborough(ゲインズボロ)」などの地名にそういうものが多い気がする。
までも、これは地名だからという理由で、まだ理解できなくもない。
しかしフランス語の一般名詞、

「quai(ケ)」…「岸辺」
「mais(メ)」…「だけど」

などは、音が1つしかないのに、文字は4つである。
「poupee(プペ)」…「人形」になると、音は2つなのに文字はなんと6つ。
表意文字である日本語は逆で、1文字で2音3音はザラ。
お陰でフランス語を勉強し始めた時、テキストが読みづらくて難儀した。
憶えなきゃ読めません、こんなの。

…しかし、である。
音が1つだ2つだと言ったところで、それはあくまでも
日本語の発音では、表記では、というに過ぎない。
……やーネ。日本人って、子音をカタカナでしか理解できないのよネー。

そして温い笑いを浮かべながら、ワタクシは今日も
いい加減な鼻歌で
「もんくーえぐらーぶだんめしゃんそん
ぷぺどしる、ぷっぺどっそん♪」
などと歌っているのである。


********************


夫の歪んだ聴覚は、この冬も健在である。


「サンドイッチ食べる~?」

座頭市食べる?(・_・)」


…喰ってみろ。



「何聴いてるの?」
「○○○のドラマCD」

泥沼CD?(・_・)」


…………うん、そうだね。確かに泥沼だよね……orz



「あ、ジンジャークッキー売ってる」

粘着ふきん?(・_・)」


…そこまで来るといっそアッパレ。



来年も楽しい夫でいてください。
温い笑いで夫の来年を言祝ぐワタクシである。


シュトゥットガルト・バレエ「眠れる森の美女」 - 2008.12.06 Sat

先月末以来、舞台づいているワタクシです。
…来月も2本待ってます~。ヲホホ。
文化月間断行中。

今回はン十年ぶりのバレエ・クラシック。
ダンス公演としても、十年以上ぶり。

081206-2.jpg
会場は、兵庫県立芸術文化センター。
数年前にできたばかりの、新しい地元の大バコである。
再開発された阪急西宮北口駅から
ブリッジを渡って徒歩数分。


081206-1.jpg
ホール前の大きなツリーは、
見事にデコレーションされていた。
建物のクールさに合わせて、
ライトもクールっぽく。
ぎんぎらぎんじゃなくて、こういうのもいいですな~。





開演30分前に着いたら、すでにたくさんの人でホールは溢れかえっていた。
特に目立つのが、バレエ公演では特徴的な、
髪を高い位置でシニョンにしたバレリーナちゃんたち。
小中学生くらいの子がとても多かったが、
高校生くらいになると、普段はアップにしていない子も多いせいかな~。
みんな顔が小さくて、お尻が上がっていて、足が長いのですぐわかる。

081206-3.jpg
クロークにコートを預けて、パンフレットを購入。
今日の席は下手側端っこから2番目だけど、前から2列目。
ふふふ…タイ米は炊いた、じゃない、
大枚はたいた甲斐がありましたよ…。



そしてふと上手側2階席を見ると、
バレエ団関係者で占められていると思しきブロックがあり、
超ハンサムなガタイのいい外国人青年とバッチリ目があってしまった。
顎を手で支えながら、彼は何故かずっとこちらを見つめている。
わっっ、ワタシを見てるのっっっ?(* ̄∇ ̄*)
ふふふ…大枚はたいた甲斐が…(←目的喪失)



「眠れる森の美女」は、どなたもご存じのように、
シャルル・ペロー原作(というか編纂)のフランスの寓話である。
これがチャイコフスキー作曲・プティパ振付で初演されたのは、1890年というから、
まさにオーロラ姫が眠っていた100年以上の月日が経ったわけだ。
バレエ・クラシックの演目としては古典といえるだけに、
オリジナルのプティパ振付以外にも、バレエ・リュス(ロシアバレエ団)の奇才ディアギレフ版や
パリ・オペラ座のヌレエフ版、近くはKバレエカンパニーの熊川哲也版などもある。
シュツットガルト・バレエの「眠れる森の美女」は、プティパをベースに
かつての名プリマ、マリシア・ハイデによる演出・振付となっている。

定刻から5分ほど遅れて、オケによるプロローグが始まった。
今回、関西でのオケは関西フィル。
前から2列目ということは、オケボックスからも近く、
これを聴きにくるだけでも価値があるすばらしさだが、
ワタシの席はパーカッションとホーンのエリアらしく、
シンバルが鳴る度にビクついてしまった…(-_-;)

幕が上がると、いきなり、夢かしらと思うほど美しい"絵"が眼前にパーッと広がる。
緑深い庭園に蔦が絡み始めたばかりの白いバルコニー、
そこに映える青いグラデーションでまとめられた衣装に身を包んでいるのは、
長らく待ち望んだ王女の誕生を祝う貴族たち。
ドイツにしては色彩が美しい…なんぞと失礼なことを考えているワタクシであった。
オーロラ姫の生まれたこの時代はロココまっさかりのようで、
パニエに肩から流れるローブ、いかにもフランス宮廷風の衣装が美しい。

しかし、このシーンのキモである妖精たちの踊りは
素人目に見ていても、あまりレベルが高いとは言い難かった。
さすがと思えたのは、妖精のトップ、リラの精だけ。
あとはどうにもブレが目立つ。

そこへ現れる魔女――というか邪悪な妖精カラボスが、
この祝いに招待されなかったことに激怒しながらやってくる。
ジャンプが高い。長いローブをものともせずに、パワフルな踊りを展開する。
すごいダンサーだな~と思っていたら男性だった(爆)
いやまあ、そりゃ魔女って男性も含むんだけどー…。
この人は技術はともかく、インパクトで魅せた。

マリシア・ハイデの演出のすばらしさは、この悪役を狂言廻しとして位置づけた点にある。
オーロラ姫が赤ん坊から段々と成長していく姿を、
カラボスが見守り、観客に紹介していくのである。



やがて16年が経ち、美しく育ったオーロラ姫の誕生日。
城のバルコニーに絡まる蔦も生長し、かなりその分量が増えている。
時間経過の演出である。
今度はモスグリーンと淡いピンクの衣装の村人たちが踊る。
これがこのバレエ曲でもっとも有名な「ガーランド・ワルツ」である。
きっとチャイコフスキーの「眠れる森の美女」を音だけで知っている方には
これが一番印象に残っていることと思う。
成長したオーロラ姫は、肌に溶け込むような淡い淡いピンクのチュチュ。
ローズ・アダージオと呼ばれる、オーロラ姫最大の見せ場である。

オーロラ役のマリア・アイシュヴァルトはさすがのレベル。
フェッテもジュテも軸がまったくぶれない。
まぁ他のダンサーとは格が違うという感じである。
それだけに差が目立っちゃうのがツライとこ。

さてこの姫君が糸紡ぎの針に刺されて倒れる。
カラボスの呪いによって死ぬはずだった彼女を「100年の眠り」に変えたのは
リラの精の力だった。
100年後、今は城の壁面を覆うばかりに、しかし枯れ果てた蔦を
縫うようにして現れたのはデジレ王子。

この王子様が、もうなんとも見た目まるっきり王子以外のナニモノでもないというか、
感動するくらい甘いルックスなのである。
フリーデマン・フォーゲルというこのダンサー、日本でも大人気で、
かつて「学校へ行こうMAX」のバレエ企画の時にも出演していた。
技術的にはまずまず。いや間違いなくトップダンサーの一人ではあるんですが。
ワタシ的には滞空時のパの静止感が今ひとつかな。
でも白いタイツに包まれたお尻の筋肉は見事(爆)
いやー前から2列目の役得っちゅーんでしょうか。
シューズの裏の汚れから、お尻の筋肉の動きまで見て取れるんですなー…ほほほっ。



ともあれ、この王子が現れてオーロラ姫は目を覚ます。
目を覚ましていきなり結婚式、となるところは、まあおとぎ話ってことで。
そして始まるオーロラ姫とデジレ王子の結婚式、
第3幕は豪華な舞台装置も衣装も非常に印象的だ。
それまでのフランスロココ風から一転、イタリアルネサンス風な形状も、
すさまじく数の多い色を使った色彩も、実に魅力的。

第3幕にはよく知られているように、ペローの他の童話の登場人物が出てくる。
白雪姫と七人の小人、青い鳥(メーテルリンク原作のほうではない)とフロリナ王女、
長靴を履いた猫と白い猫、赤ずきんちゃんと狼、シンデレラ姫とプリンス・チャーミングなどなど。
見せ場は青い鳥のグラン・パ・ド・ドゥ、そして結婚する二人の主人公による
同じくグラン・パ・ド・ドゥである。
盛り上がるように上手くできてるよねぇ…。

七人の小人は、地元バレエ団の少年たちを借りているらしいのだが、
ちょっと面白いところを見てしまったので、書いておく。
結婚式に招かれた貴族の夫人役の女性ダンサーが数人、
壁際に用意された椅子に座り、小人役の子供たちを膝に抱いたり足元に侍らせたりしながら
前述の青い鳥の踊りなどを見物するのだが、
その椅子に一人の小人ちゃんが座り込んでしまい、
一人の夫人が座れなくなって困惑していたのだ。
彼女は小人を促すが、無言で進行する舞台上のこと、
大きな声を出すなど問題外だし、第一ドイツ語も英語も通じない。
そっと小人の肩を押しているのがわかるのだが、小人ちゃんは自分もいる舞台上で
メインダンサーの踊りに食い入るように見入っていて、
肩を押されてもまったく気づかない(笑)
結局、青い鳥のパ・ド・ドゥが終わるまで、女性は立ったままだった。
あの少年、女性を立たせて座ったままなのを、あとで先生に叱られただろうなぁ…。
でもダンスに夢中な彼を見ていたら、きっと将来大物になるだろうと
ワタシは微笑ましかったのであるが。



そんなこんなもあって、たっぷり全3幕上演、休憩を含めて3時間強。
飽きさせない演出と舞台装置、特筆すべき衣装の美しさとともに、
この公演でよかったのはオーロラ姫とリラの精とカラボスと、
オーロラ姫の求婚者であった4人の王子のうち、西の王子だった。
アレクサンダー・ジョーンズというこのダンサー、実にノーブルなダンスをする。
しかしちょっとパワーに欠けるけれども。


いずれにしても、
久しぶりにたっぷりとダンスを楽しんだ冬の夜でございました。


Advent - 2008.12.03 Wed

今年も早いモノで、アドヴェントがやってきた。
数日遅れでツリーを引っ張り出して、飾りつける。

081203-4.jpg

今年のテーマカラーは、ローズピンク。
本当はもっと濃い色目のピンクでそろえたかったのだが、
上手くオーナメントが見つからず、妥協の産物…(-_-;)

ライトも照らしてみるぞよ。

081203-5.gif


…gifアニメに加工すると、どうしても色が飛んじゃうのね…orz
ま、ニギヤカしってことで。



ドアは今年は簡単に、松ぼっくりのオーナメントにリボンを取り付けてシンプルに。
……すいません、リース作るのめんどくさかっただけです……。

以前フラワーアレンジメントを習っていた頃は、
毎年必ずリースを作って、蝋燭をセットしたりしていたんですが。
生の黄金檜葉や松ぼっくりでつくるのは、
作業が大変だけど、いい匂いもするし、楽しいんだけどねー。

お正月の室礼も、近年は面倒になって
ついつい適当な飾りで済ませちゃっております。
来年、というか今年の年末は、ちゃんと大王松や千両で活け込みしようかなぁ…。
料理も掃除も適当にしちゃって、さ ヽ(´▽`)ノ

……きゃー(←夫からモノが飛んできた)

わかりました…。掃除します…(TT)やだよーもう…。



081203-2.jpg

裏山はすっかり紅葉。
ちょっと空の色が上手く出ませんでしたが、本当はもっと
木々は赤赤と美しいです。

冬の誘惑 - 2008.12.01 Mon

今年も冬が来た。
…ってことは。



角煮まんの季節です。 



角煮まんファンのみなさん。
今年もやりましょう!やるのよ!
できれば年中店に置いてくれてもいいんだけど!


サークルKサンクス:角煮包みまん
セブン・イレブン:豚角煮まん
ミニストップ:豚角煮まん

大手5店のうち、ローソンとファミマはなぜか今年、
角煮まんを発売していない!
どういうこと!( ̄▽ ̄;

ともあれ、一番近くにあるサークルKサンクスで買ってみた。

081201.jpg


ん~。
オープンタイプになって、角煮に早く到達できるようになったのはいいんだけど(爆)
味は特筆すべきものはなし。
むむー。

セブンは近くにあるけど、ミニストップはないんだよね…。
ジプシーするか…(-_-;)



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

いらっしゃいませ

このblogは
さくら通り
の1コンテンツです

今月のオシゴト

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

各記事下部の(CM)を
クリックすると
書込窓が現れます

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

過去ログはこちら

さくらが丘雑記(旧)

ご注意

管理人が不適切と判断した
書込は即刻削除します

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。