FC2ブログ
topimage

2010-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランマルニエの誘惑 - 2010.01.31 Sun

一条ゆかり『有閑倶楽部』の美貌担当男子、美童グランマニエくん。
…いや、一部の方がご存知の、ネットなオトモダチの彼ではありませんぞ(^^;

OVAの時はワタシのかなり好き声優のひとり、子安武人さんが
中の人(注※アテレコのこと)をお演りになったのであるが、
そんなことは今はどうでもいい。

有閑倶楽部のメインキャラはすべて酒の名前でネーミングされているが、
グランマニエ(正しくはGrand Marnierグラン・マルニエ)も
フランスのMarnier-Lapostolle社のリキュールである。
コアントロー(Cointreau)と同じくオレンジで出来たキュラソーだが、
コアントローが無色透明のホワイト・キュラソーであるのに対して、
グラン・マルニエはオレンジがかった褐色のオレンジ・キュラソーである。
その香りは実に芳しい。



ホット・カクテルやホットミルクティに使うコアントローも好きだが、
グラン・マルニエといえば、やはり有名なのはクレープ・シュゼットだろう。
ワタシはいたいけな小学生の時、父に唆されて
大阪の某ホテルで初めて口にして、恋に落ちた。
大人の階段あがっちゃったんである。
以来、この優雅でサワヤカな大人のデザートに夢中なのだ。

といっても、家でそうそうフランベなんぞできようはずもない。
グラン・マルニエも、大瓶を買ってもなかなか使い切れないし、
小瓶を買ったら買ったで、一回デザートに使ったら終わっちゃうし。
ジレンマにじたばたするのが関の山である。



でもね。
今年のロイズの冬限定生チョコにね。
出たんですよグランマルニエ味。
きゃーきゃーきゃー♪買わなきゃこれはっっっっ(≧∇≦)



100131-1.jpg

…で、買っちゃった。
ついでに同じく限定のキャラメリゼまで買ってしまったのはご愛敬でしょ?


100131-2.jpg

嗚呼口内至福。

舌の上でとろりと蕩ける濃厚なるカカオのゆるみ。
ふわりと広がる芳醇なるオレンジのかほり。


もう、うっとりしちゃってますよ。ええ。
有閑倶楽部経理担当、美童くんの誘惑には勝てません。だめじゃん。


―― あーちなみにワタクシが有閑倶楽部で一番好きなのは菊正宗清四郎です。
オトナぶって突っ張ってるところが可愛いじゃないですか~。フフフ。


スポンサーサイト

ふらふら神戸 - 2010.01.30 Sat

カーナビのメンテナンスのために、神戸市灘区にある専門店に
車を持ち込んだ土曜日の朝。
作業が終わるまでの間、三宮に遊びに行くことにした。

駅まで歩いて行く道すがら、都賀川沿いの道を歩く。
お聞き覚えのある方もいらっしゃるかもしれないが、ここは数年前の大雨で
六甲山系を滑り落ちてくる鉄砲水のために、子供たちを初めとして数人が亡くなったところである。
川幅は同じ六甲山系であるうちの近所の川よりもずっと広いのに、
どうしてそんなに水量が多かったんだろうと思ったら、夫曰く
「こっちの方がずっと傾斜が強いよ」
――なるほど、確かに海側を見下ろすと、下までよく見える。



で、大石駅から阪神電車に乗って、三宮まで7分少々。
まだ行ったことがない、旧神戸新聞ビル、現MINT神戸というファッションビルへ意気揚々と向かったら
オープンはなんと11時って。
こんな繁華街のど真ん中で、飲食店じゃあるまいし、それってどーゆーことよっっ!!
…と寒さでいささかキレかかったワタクシを宥めすかして、夫はセンター街へと足を向ける。

ジュンク堂でビーズの本を物色したところで、そろそろお腹が空いてきた。
しかしセンター街近辺には気の効いた店もない。
仕方なく、ハンター坂をテレテレ登っていくと、インド料理屋は山ほどあるのだが。
気分はベトナミーズなんだよ!!とか叫びながら、ウンザリ顔の夫を引っ張っていく(気分的に)。



100130-1.jpg
異人館通りを少し東へ戻ったら、ベトナム料理店を発見。
Mekongは元々六甲アイランドにあった店。
二年ほど前にこちらに移転した模様。知らなかった…痛恨。



100130-2.jpg最初にネーム入り(笑)バッチャン焼きの茶器セットで
蓮茶を出してくれる。
やさしい味で、ひーはーいいながら山登りしてきたワタシたちは、
何杯も飲んでしまった。
…でも最近よく歩いているせいか、これでもワタシ、
随分と楽に登ってこられるようになったのよ!


100130-3.jpg 100130-4.jpg


夫もワタシもメコンランチをオーダー。
ささやかな分量だが、肉味噌の乗ったご飯はおかわり自由。
フォーはアサリと水菜。レモングラスと唐辛子のトッピングをかけていただく。
このレモングラス、肉味噌ご飯にもかけるとさっぱりして旨い。



なにしろ車を預けたままなので、丸一日のんびり遊び回るわけにはいかない。
しかしすぐ近くにあるスタバでお茶だけはしたい~とワタシがごねる。

100130-5.jpg

北野物語館というこの異人館、明治40年に
M.J.シェー邸として建築され、
その後フロインドリーブに所有された。
そう、あのフロインドリーブである(笑)


100130-6.jpg 100130-7.jpg 100130-8.jpg


館内はこの通り。ソファやテーブルがならぶ1Fホールに席を取ったが、
2Fにもちゃんと席があるらしい。
そして1F奥にはちゃんとカウンターがあり、オーダーは通常通りである。
で、ワタシたちがいただくのも通常通り(爆)

焚いていない暖炉横の席でまったり…も、していられない。
ケーキをはんぶんこ、飲むのもそこそこにして、せっかくの異人館ティータイムは終了。
再び阪神電車で大石へ戻り、車を請け出して、夕食の買い物をして帰った。



※おまけ
100130-9.jpg


なぜかメコンで「どうぞお持ちくださいね~」と渡されたベトナムの笠。
なぜかこういう妙なかぶり物が似合う夫に被せてみたら、
即効でアヤしいベトナム人のできあがり。





より大きな地図で 三宮 を表示



自らを振り返れ - 2010.01.27 Wed

 ビーズページに再度新作をアップいたしました。
 ご興味おありの方は覗いてくださいませ。




ある日、こんなニュースが。



 動物園のペンギン盗む、ペット店主がバッグに詰め(読売新聞)





…思わずワタクシが夫を振り返ったのは言うまでもない。



    「ぺんぎんさんは盗まないよ?」



―― 待て。
それはしろくまさんなら盗むってこと?



    「…しろくまさんは盗めないよ…」



懐疑的な目で夫を見るワタシ。



    「……こどものしろくまさんなら、一晩くらいなら……」




南紀白浜アドベンチャーワールドとベルリン動物園に警告状を…orz





しかし数年前はこーんなに可愛かったベルリンのクヌートも、
いまやこんなんなっちゃってますからね…(-_-;)
確かに盗めない…。


Annie Are You Ok? - 2010.01.26 Tue

100126-1.jpg


密林から届きましたよ『THIS IS IT』。
ちょっと贅沢してブルーレイで注文したのは、「Smooth Criminal」と「Thriller」の
コンサート用ショートフィルムが全編収録されているからです(* ̄∇ ̄*)
いやだってアレはすごかったでしょう……。
めちゃお金掛かってました。
あれを全編観てあげれば、きっとまいこーへの供養にもな………


るかどうかはともかく。
夫が帰るのを待って、一緒に観ることにしました。

100126-2.jpg
これが中身。
ブックレットはたいしたことないです(爆)
それよりケースの内側見た瞬間、かなーりドキッとしました。
ブルーレイソフトを買ったのは実は初めてなんですが、
なんか輸入盤っぽいイメージ?


早速ショートフィルムからチェック♪
…だって本編は映画館で観たもん…。

うーむやっぱりすごい。かなり作り込んでます。
まさに"ショートフィルム"、短編映画のようでした。
でも欲を言えば~~…おまけにPVくっつけておいて欲しかった鴨…。


しかしながら見始めたのが遅かったので、今日は時間切れ。
明日からちみちみっと観よう~♪



エイジング・ゲーマー - 2010.01.25 Mon

 ビーズページに久しぶりに新作をアップいたしました。
 今回は第一弾。
 …後日、第二弾もアップする予定です。
 御用とお急ぎでない方は、ご覧くださいませ。




PSPやらDSの積みゲーが貯まっているのに、一向にそちらは進まず、
ビーズに逃避しているワタクシでござります。
散々mixiで呟いておりますが、PSP「金色のコルダ2f(フォルテ)」は
未だキャラクターの一人も後略できず、
金色のコルダfアンコール」とDS「ゼルダの伝説 大地の汽笛」がほぼ手つかずで放置………。
そして今月末には「ドラゴンクエストVI幻の大地」、
来月末には「金色のコルダ3」が発売になります。
おまけにオンラインゲームの大航海時代もここ数週間、立ち上げられないまま(TT)


――さすがにDQは今回保留と致しました…orz


こうもゲームが出来ない原因は何か?
その理由のひとつは、カレイと共に訪れる持続力のなさと、視力の衰えによります。



…なんちゃっていっぱしの分析めいておりますが、
要は



年喰ったってことだよ!(T▽T)



いやもうね?持続力のなさったら、我ながら呆れるくらい。
ゲームは暗くなってくると眼がシバシバしてくるせいもあって、
いいとこ30分程度で画面を閉じちゃう。
裏用の小説書いていても、プロット途中で放り投げているものが数本。
本文書き出しても、完成するのに1ヶ月近くかかる。
本ならだら~っとだらけたまま読める…とは思うんだけど、
モノによってはやっぱり1時間も読めば疲れて止めてしまう、というていたらくです。

薄暗くなるとほんとにピントが合いません。
無理にピントを合わせようとすると眼精疲労がひどくなる。
といって明るすぎる蛍光灯の下だとかえって眼が疲れて、眠くなっちゃうんだよ…(=_=)

――今、そこで「さくらさん、ババ臭ぇ」とか笑ってるキミ。
キミたちにも等しく時は訪れるのだ。



んじゃさくらさんって、毎日なにしてんの??と言われそうですが、
歩いたり昼寝したり夕寝したりです。
ことに歩くのが楽しい。
毎日じゃないんだけど、2日に一度は7000歩または9000歩くらい歩いてます。
近所のスーパーだったり、徒歩1時間のショッピングセンターだったり、行き先はいろいろですが。

いやそれなりに本も読んでるし、TVも観てるし、ビーズもゲームもやってはいるけどね。
PCに向かう時間だけは、10年前と比べて激減しております。
…あの頃は一日中PC前に張り付いててもへっちゃらだったのよねぇ…。



…と、ここまで読み返してみて、どこからどうみても
愚痴っぽい年寄りの繰り言にしか見えないことに気づきました…orz
でもせっかく書いたからこのままおいておこう(・_・) ←それもどうなんだ


まあでも、基本ぐーたらなワタクシ、こういう生活態度は一生治らなさそうです。
みなさま、ヨロシクお付き合いください。



牡蠣と白鷺 - 2010.01.24 Sun

一昨年に生まれて初めて見事に中ったせいではないが、
去年は行けず終いで、今年は懲りずにまた行った、相生かきまつり
――結果だけ先にご報告しますが、今回は中らずに済みました(T▽T)


100124-1.jpg
朝7時に家を出て、いつものように裏山越えていく道すがら、
これまたいつものように気温を確認。
…実はこの後あと-1℃下がりました…。
でもフロントグラスは凍結してなくてホッ。
行きは山陽道で龍野西ICを目指す。そこからは一般道。


100124-2.jpg8時50分くらいに現地到着。
相生湾に面した下水管理センターの敷地を借りて行われる。
9時半から売り出されるはずの殻付き牡蠣と剥き牡蠣の売場には
すでに長蛇の列が。
さっそくワタシたちも列のお尻にとり着く。
夫が並んでいる間に、もちろんワタシは
なし崩しに始まっている飲食テントへ突撃。


100124-3.jpg無事に剥き牡蠣3パック、殻付き牡蠣1袋を購入。
殻付きは生食が怖いので、その場で焼いて食べる。
軍手・牡蠣剥きナイフ・割り箸・おしぼり・お茶などは持ってきたが、
迂闊にも火挟みやら紙皿を持参するのを忘れたので10円で、
炭火コンロは共同でタダで借りられる。
手前4つがうちの牡蠣♪



100124-4.jpg

ふっくら焼けた焼き牡蠣。
今年は塩辛さが勝っていて、クリーミーさはイマイチだった。
ワタシはやはりキョーフの体験が影響してか、
5つばかり食べたところで気持ち悪くなってきた。
…いや中ったんじゃなくて、胸が悪いというアレです。


100124-5.jpg
で、他のものを夫と半分こして食べることに。
左上:牡蠣汁、右上:牡蠣のバター焼き、
左下:牡蠣めし、右下:牡蠣てんぷら入りにゅうめん。
どれも美味しうございました。




10時半にはかきまつり会場を離れ、帰りは姫路バイパスを東へ戻る。
途中、姫路城を見たいと言い出したのはワタシ。
20年くらい前に夫と来て以来、世界遺産になってからは一度も訪れていなかったのだ。

100124-6.jpg

ちゃ~ら~ら~ら らららら~♪と、
城を見上げるワタシたちの脳裏に、暴れん坊将軍のテーマが流れていく。
他にも『大奥』や『水戸黄門』で使われてるんですけどねー姫路城。
やっぱりこうマツケンが、ぱからっぱからっと白馬で走らないと。


100124-7.jpg

城の二の丸と三の丸を隔てる門。
現在ではここが観光の入口となっている。
「國寶姫路城」の文字がいかめしい。


100124-8.jpg 100124-9.jpg 100124-10.jpg

西の丸の奥手にある百間廊下。
左:入口は分厚い扉で仕切られ、女性たちが住まう西の丸を外と隔てている。
中:これが百間廊下。曲がりくねりながら長く続いている。
右:廊下の一方にはズラリと侍女たちの控え部屋が並んでいる。


100124-11.jpgではここの主は誰か。
無論城主夫人なのだが、最初に西の丸に住んだのは
本多忠刻の妻だったそうだ。
…そう、大阪城落城の折に徳川方に救い出されたあの、
徳川秀忠の娘、豊臣秀頼夫人であった千姫である。
なわけで、千姫貝合わせで遊ぶの図。


100124-12.jpg
百間廊下を端まで歩き終えて、次は本丸へ。
意を決して天守閣に昇ってみることにした。
ひ~は~言いながらも、なんとか辿り着いた最上階。
鯱越しに見る、いわゆる大手前通りは壮観。


100124-13.jpg 100124-14.jpg

で、姫路城といえばお菊井戸。
「番町皿屋敷」は江戸だが、「播州皿屋敷」は姫路なのだ。
…まあ、アレもいろいろ脚色されてるので、元ネタが別にあるようなんですけどね。
覗き込んでみたが、「いちま~い、に~まい~」という声は、幸いなことに聞こえなかった。




100124-15.jpg天守閣を降りてきたらぐったりしてしまったので、
少し休んでから駐車場へ向かう途中。
こんなものを見つけてしまったら、
夫が色めき立つのは当然かもしれない。
「しろくまさんに会いにいく!」
…はいはい(-_-;)


姫路市立動物園は昭和26年設立の古い動物園である。
開園以来ゾウの花子で有名だったが、初代花子は平成6年に死亡。
現在は2代目花子がいるが、ワタシたちがゾウ舎に行くと、恥じらってかお尻ばかりを向けていた(笑)

100124-16.jpg 100124-17.jpg 100124-18.jpg

左:チリーフラミンゴ。その名の通り、南アメリカに生息する。
  フラミンゴのこの朱色って、食べ物で出してるんですってね。
  甲殻プランクトン(ミジンコとかオキアミ)のカロチン色素が羽に出るんだそうです。
中:たるそ~なカンガルー。
右:たるそ~なワオキツネザル。


100124-19.jpg 100124-20.jpg

人気の今だからこそ?客寄せのために白クマ舎が改築中のため、
猛獣舎に移動させられているしろくまさんたちは、ストレスからか反復行動に走る。
…見てるこっちの方がストレスたまりそうだ…。

ペンギン池はちょうどエサやりの時間。
ものすごい勢いで泳ぎ回り、順番にエサをもらうくせに、
一匹当たり2つくらいイワシを食べるとそれで満足しちゃうらしく、
飼育員のお姉さんがどれだけ促しても、必死でぐるぐる泳ぎ回るだけで食べようとしない。
なんでだろー…と思って見ていたら、しばらく泳いだ後、
またエサくれ、と順番に水面に顔を出し始めた。
…あー…つまり、お腹を減らせて、一度にできるだけたくさん食べておこうってことなのね…。
食欲ではない、生存のために食べる動物の、生活の知恵ですな。 


100124-21.jpg

どこの動物園にもある「ふれあい広場」。
普通こういうところの対象年齢は

2~6歳 くらいを想定していると思うのだが。

うちのおじさんは、誰よりも嬉しそうに駆け寄っていった(-_-;)



しかし最初はニマニマ笑いながらアヒルさんたちを見つめているだけで、触ろうとしない。
さんざんけしかけると、ようやく柵の中に入り、座り込んでコミュニケーションを図っていた。

出てきた彼に、アヒルさんと遊べてよかったね、嬉しい?と尋ねたら

「もう、いつ死んでもいい…(〃∇〃)」

と、幸せそうに呟きやがった。

…ワタシは浮気相手(アヒル)に夫を奪われた挙げ句、
未亡人にされるらしい…。



その後、市内のスーパーに立ち寄ってから、家に帰るまでの間、
ワタクシほぼ全行程を熟睡。
スーパーで買い物して、ミスドでドーナツ食べてる間だけは辛うじて起きてました…(=_=)
…早々と始まった花粉飛散のせいです。ええ。そうなんですっっ。


Call me please, darling - 2010.01.23 Sat

結婚なさっているみなさん、配偶者の方にはなんて呼ばれてます?
相手をなんて呼んでます?
第三者に配偶者のことを話す時、どういう呼び名を使いますか?
あるいは使って欲しいですか?

これ、いろいろですよね。
人によって好みが違うし、相手との兼ね合いもあるし。
ま、いずれにしても、当人同士が納得できる呼び方ならば、それで夫婦関係はOKざんす。

――で、こんなランキング。

★「夫にこう呼ばれたい!」と思う呼び方は?TOP10(セキララゼクシィ)

…でもこれ、面と向かって呼ばれる場合と、第三者に話す時、
一緒になってませんか?
面と向かって当人に「家内」だの「嫁」だのはないと思うし、
第三者に向かって妻のことを「○○ちゃん」……

……いや、今の世の中、ナンデモアリなのか……?



ちなみに我が家は、互いを呼ぶ時は

夫「○○さん、○○(←さくらの本名)、あなた」
ワタシ「○○ちゃん、あなた」

です。
いや、「あなたぁ~~♪」と声掛け合ってるわけじゃなくて、
「あなたはもうお風呂に入ったの?」「これ、あなたのよ」という、
つまり「YOU」の意味の場合ですね。
ワタシは「お前」と呼ばれることに強い抵抗があるわけじゃないんですが、
夫はその言葉を口にするのがまったく似合う人じゃないので(笑)、
なんとなく結婚前からお互いに「あなた」です。
ちなみに彼は自分のことは「私」といいます。
自分のことさえ「俺」や「僕」じゃないので、妻を「お前」とは言いづらい模様(笑)

外に対しては、夫はワタシのことを「妻」と言います。
友人に対しても会社の上司に対しても同じです。
亡くなった夫の両親や義姉、うちの両親や兄弟たちに対しては「○○さん」。

ワタシは夫のことを「旦那(対友人)」「主人(対目上の人)」「夫(対官庁や店舗)」
と使い分けます。
義父母・義姉・実家両親や兄弟に対しては「○○ちゃん」。
いやまあ、そこらへんはもう結婚して長いんで、甘えさせてもらってます。
…これでも結婚当初は義父母や義姉に対しては「○○さん」とか言ってたのよ(照)



この記事の下の方に、逆に呼ばれたくない呼び方、てのがあります。
ワタシがこれだけは絶対にイヤ、と思うのは(あくまでもワタシの嗜好です)
「嫁」「うちの」ですねえ…。
どちらも所属物、しかも「家」に縛られるイメージがあるからです。
「うちの(奥さん?嫁?女房?)」に至っては「勝手に略すな!」と言いたい。
はっきりと「妻」と言えない、男性の可愛い照れだと判ってはいるのですが、
言われる方は背後のニュアンスを感じちゃってイヤなんですよ…。

現代ではそういう意味はない、と言われてもね。
そこらへん、ワタシ自身が「昔のお嫁さん」の括りに囚われているのかもしれません。
でもだからこそ、自分自身でその言葉を許容して、自ら縛られたくないんです、たぶん。

じゃあ「奥」さん、「家内」「女房」はも同じように「家」に帰属する由来なのに、
なんでいいんだ、と言われると、これまた困る(笑)
あくまでもワタシが抱いてしまっているイメージなんで、その辺はご勘弁ください。
あーでもやっぱり「家内」や「女房」はどちらかというとイヤですね。

………狭量なワタシがオトコの照れ隠しを許せるのは「奥さん」までらしい。




うっとりの視線 - 2010.01.22 Fri

来たよ来たよ●えたさん~~~!!
●ーちゃんの出番だよぉぉぅ~~♪( ̄∇ ̄)


goo ランキング
女性が思う「実は○○フェチ」ランキング
1
2手の甲の血管
3超筋肉質なおしり
4太い指
5のど仏
6位以降を見る
(C) NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.



いやそりゃもう声でしょう。
…と、若い頃から声だけで恋ができたワタクシは思う。
声が好みなら百難隠します。マジで。
記事にもありますが、アイドル声優さんたちがもてはやされている昨今、
声にスポットライトが当たったこのランキング結果にワタクシとしては満足じゃ(笑)
ちなみに現在ワタシのツボ声優は、諏訪部順一、井上和彦のお二人ですかねー。

このランキング10位以内の声以外では、
「手の甲の血管」「サラサラの髪」「手首の骨のでっぱり 」がヒットかな。
手の甲の血管や手首の骨を云々する限り、指はあくまでも節ばっていて、細め(男性としては、ですが)。
あと、ワタクシ的にこの中に入っていないのが不思議なのが、背中とか肩の骨。
横に張った鎖骨の線だとか肩胛骨だとかってドキドキしちゃいます。

あまりダマされないようにしたいけど、うっかりハマってしまって後悔しそうなのが、眼。
ちょっと濡れた感じの、遠くを見るような瞳に捕まったら、あとあと面倒なのがわかっているのに
逃れられないモノを感じ……いやそりゃ近眼だろうってそうなんだけどさ(-_-;)

しかし11位以降はなんかマニアっぽいですよね(笑)
さすがにこちらはくるぶし以外、むしろご遠慮申し上げたい部類でした。
いや人の好みは実に千差万別。

…でもこんなに熱く語ったあとでなんですが、
夫の声は好みじゃありません。
いやまあ、ヤツにはヤツのいいところが他にあるから。 ←フォロー?



ちなみにランキングの男性版はこちら
いつの間にやら「絶対領域」はオタク業界のみならず、
一般的な用語となっていた模様です(笑)



海老で鯛を釣る - 2010.01.21 Thu

お正月。
ちび子にはお年玉は年末に先にあげてしまっていたので、
年が明けてからまる子とちび子の二人の姪には、クッキー型のセットをあげることにした。
まる子にはリロ&スティッチ、ちび子にはくまのプーさん。
二人とも大好きなキャラクターである。



大騒動のお正月も終わり、甥姪たちもすべて自分ちに帰ってしまってからしばらくして、
こんなものが送られてきた。

100121.jpg


…ちび子からのプレゼントである。
家に帰って試作してみてから、
「ぜったいねねにおくるの!」と張り切って本番に臨んだらしい。



…ねねちゃん、ノックアウト。
伯母ゴロシな彼女にまいっちんぐ。


もったいなくてとうてい食べられな……




―― ぱくっ。








…でもやっぱりプーさんとピグレットは、食べられない……。



狡兎の戦い - 2010.01.20 Wed

カンガルーはいないオーストリアに住む母方の従姉のゆきちゃんは、
大学時代に語学留学したウィーンが気に入って、卒業後ウィーン大に本格留学し
マーク・ハミル似の美形ポーランド人と結婚して二人の子供をもうけた。
彼女の娘が、二年ほど前に京都に留学してきていたユミである。

そのユミはこの1月からフランスのAngers(アンジェ)の大学に再び留学しているらしい。
アンジェは夫とワタシも、5年前に旅行で立ち寄ったことがあった。
(詳細は さくら通り>Recit de voyage>英仏渡欧記2005
  >6日目「ナント~ロワール古城巡り 1」を参照)
アンジェには13世紀にルイ13世によって建てられたがある。
そこには現存するフランス最古のヨハネの黙示録のタペストリーがあり、圧巻だったことを覚えている。

愛娘が留学するというその時、母はちゃっかり日本に里帰り中。
ちなみにユミの弟ケンは、わざわざ母親と期間をずらせて年末年始におばあちゃん家に来て
今はウィーンで美形ポーランド人(笑)の父親と、女っ気ナシでのんびり生活を満喫しているらしい。
…つい数年前まで、日本に来てもママの側から離れなかったクセにねえ( ̄ー ̄)

で、今回は完全に一人で実家生活を堪能しているらしい従姉は、
何を思ったか突然、百人一首をやりたいと、ワタシの母に連絡してきたらしい。
「誰か一緒にやってくれないかなーと思ってうちで話したら
 妹も母親も"それはさくらちゃんと叔母さんよ"と即答してたよ」
……まあ、他に親族でそういうものに興味がありそうな人間はいない、確かに。



そんなわけで、干支が同じで世代が一段階ずつ違う我が母(+24)、ゆきちゃん(+12)、ワタシの三人で
正月もとっくに明けたというのに、百人一首大会となった。

みなさま、高校などの冬休みの宿題などで、百人一首を暗記させられたりしましたか?
ワタシの母校ではなぜかそれがなくて、ワタシ個人的には和歌が好きだっただけに
当時はちょっぴり淋しい思いもしたものでした。
でもだからって、自発的に百首全部、それも上の句一文字目で下の句はこれ、
などというように、システマティックに覚えようなんて気はさらさらなかったさくらちゃん。
…実は半分くらいしか憶えてません。
さあどうしよう。こうなったら若さに任せて(いやほらこの中では一番若いし一応)
下の句が読まれた瞬間に、機動力で年長者を凌駕するしかあるまい。 ←不穏

カードは大昔ワタクシが買ってもらったのを、
なぜか母が保管して引越先にまで持ってきていたのを引っ張り出して使う。
散らし取り(バラマキ)方法で三人だと読み手がいないので、
これまた母がなぜか保管していた付属のカセットテープを、
これまたわざわざ父の仕事場から持ってきてもらったラジカセ(爆)で再生。

んじゃ始めるよ~。
意気込む三世代。身を乗り出す中で、
後ろ手にラジカセの再生ボタンを押すワタクシ。

――ん、ぽちっとな。



「なにわづにぃ~さくや~この~はな~ふゆごもりぃ~」


…うひ?
そんな歌あったっけ…。



そう、ご存じの方はお笑いになるでしょうが、この
「難波津に咲くやこの花冬ごもり今を春べと咲くやこの花」は
仁徳帝の即位を祝って百済人である王仁(わに)が作った歌で、
百人一首のかるた取りでは必ず序歌として詠まれるのでございます…。
いきなり意気込みを逸らされて、脱力する一同。


「もういいから、次っっっ!」


しかし当然ですが、カセットテープに吹き込まれる歌順は、
百人一首の歌集に収録された順番なのだ。
つまり最初に来る取り札は……


「あきのたの~」
「はいはいはいーーーーっっ」


1番、天智天皇の「秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は露にぬれつつ」ですな。
まあこんな調子で、10番くらいまではたいていの人が憶えているモノです。
でも、そこを越えるとだんだん怪しくなってくる。
しかも三世代、そろそろ記憶もアヤシイお年頃の女性ばかり。


「うっ…なんだっけこれの下の句…」
「あれだよあれ」
「あれって何よ」


――醜い争いである。
しかも、下の句が浮かばないモノだから、のんびり読み上げられるカセットの速度が
じれったくてしかたがない。
ラジカセのボタンで次に進めようとすると行き過ぎたり戻りすぎたりで
CDだったら次の歌にすぐ飛べるのにねえ、などと文句を垂れながら
ようやく百首終わった時には、三人ともぐったりしていた。

で、結果。

100120.jpg

…フッ。若さに頼った作戦が功を奏したようだ。
ワタクシの戦果は47枚。
あくまでも素早さが12歳上と24歳上に勝っただけのことだってのが
我ながら情けないことこのうえなし(TT)
むしろ自分の記憶の不確かさにガツンと殴られたような衝撃と悔恨に
打ちのめされましてございます…orz

しかしその後第二回戦をやろうとしたら、
疲れてお茶したり、たまたま仕事が休みだった弟夫婦が揃ってやってきたりで
時間が取れなくなってしまった。
ウィーンで日本人の友達連中にも「え~それは遠慮」と断られてしまうらしいゆきちゃんも、
花札や麻雀ならともかく、百人一首にはあまり付き合ってもらえない母とワタシも
不完全燃焼なキモチを抱えたまま、来年またゆきちゃんが帰国するのを待つことになった。

…今度はユミにも仕込んで参加させてやる。
干支は違うけど。


チーズリゾットの誘惑 - 2010.01.19 Tue

ある日のおひるごはん。
家にいたが、食べるモノがない。

いや正確に言うと、残り物やら前日夜のご飯やら、
とにかく手早く一人で食べられるものが思い浮かばない。
…ありますよね、そういうことって、主婦の皆さん。

で、冷蔵庫を開けてみたり食料庫を漁ってみたりしたが、
インスタントラーメンって気分でもないし、うどんは前の夜に鍋で食べたからヤだし、
簡単にブロッコリーのスパゲティでも作るかな~と思った。
でも野菜室を開けてみてから、我が家ではこの半年冷蔵庫に常備されているはずの
茹でブロッコリーもたまたま切らしていたことに気づいたワタクシ、
ウンザリした顔をしてふと横に目をやると。


――そこには半分に切られてジップロックに入った玉葱が。


その時、天使たちの群れと共にいと高き神が顕れ、
ワタシに御言葉を与えられた。
「迷える子羊よ、チーズリゾットを作りなさい」と。



ほ、ほんとだってばっっっ( ̄▽ ̄;;;;




100119.jpg


そんなわけでこの日のお昼ごはんはチーズリゾット 芽キャベツ添え。
カロリー馬鹿高なんだけどねえ…。
でもついつい食べ過ぎちゃうのです。うう。


【チーズリゾット】
米1合はサッと洗ってざるに上げておく。研がないこと。
鍋にバターを溶かし、出来る限り細かくしたみじん切りの玉葱を焦がさないように炒め、
米を投入し、ちょっと透き通ってくるまで炒める。
固形スープと水を投入し、ぐつぐつ煮る。水分が少なくなってきたら、
米の固さをみながらさらに水投入。
7割方米に火が通ったら、牛乳を入れてさらにしばらく煮る。
仕上がりに粉チーズを入れて混ぜ、塩胡椒で味を見て火を止める。

ワタクシ的にはチーズは多めが美味しいと思います。最低でも大匙3杯くらい。
…いや、だからカロリーは高いってば……。


朝のおさんぽ。 - 2010.01.18 Mon

まいどぱー
毎日寒うおすな。
どなたさんも風邪に負けんと、お気張りやす。

寒風吹きすさぶ朝っぱらから、近所をお散歩してきました。
…いやー…何しろ昨年初夏からのダイエットが絶賛停滞中でしてねー…(-_-;)
お正月太りは辛うじてスルーできたものの、
ここ数ヶ月、1~2kgの変動範囲を行ったり来たり、
結局-10kgあたりをふーらふらしたままで、もう一つ山を越えることができないままでいます。

機会を捉えてちまちま歩くのが歩数稼げるよ、という夫の言葉や
三日おきに1万歩歩くより、毎日4000歩歩く方が効果ありますよ~という主治医の忠告を信じて
年明けからなるべく毎日ちょこちょこと歩くようにしてます。
何しろ家にいて、しかも家事に忙殺されてない日ってのは
1000歩に満たなかったりするんだよね……(TT)
現在は1週間に2度ほど、買い物と称して9000歩(5km強くらい)歩くのと、
あとは毎日ちょこまかするようになっております。



なわけで、今朝も寒がる自分を叱咤して、夫を駅まで送りがてら外へ出たワケですが。
いつもの散歩コースにある池を、ちょっと反対側に回ってみたらば。


100118-1.jpg

…ひええぇぇぇ……真っ白やん( ̄▽ ̄;
寒いワケだ。

100118-2.jpg 100118-3.jpg

いやもうこれいっそ雪降った方があったかいんじゃね?ってくらい
底冷えのする、山の麓の池。
端っこの方は、なんか凍ってるカンジでした。


100118-4.jpg

そして冬枯れの大きな池は、水鳥たちの天国。
左から、たぶん鵜、たぶんコウノトリ系、たぶんヒドリガモ。


100118-5.jpg

そーっとコウノトリ(推定)に近づいたら、ぶわさ~っと羽を広げて飛んだ。
ゴメン…脅かすつもりはないんだけど。
う~んこういうの見ると、やっぱりデジイチ持ってくればよかったーと思います。
連写万歳。


 100118-6.jpg 100118-7.jpg

他にマガモやらカルガモやらがいたけど、
一番多かったのは総勢20匹以上の、たぶんヒドリガモ。
みなさん寝てました。



釣りのじーちゃんも1人くらいしか見あたらず。
水鳥さんたちも、じーっと動かず暖を取っている、寒い冬の一日でした。




寿命。 - 2010.01.17 Sun

…なんてタイトル書いたら、だっだれが死んだのっっ!???( ̄▽ ̄;
とか物議を醸しそうですが。



…ええ、ご臨終です。
昨年末も押し詰まった頃に、
我が家の9年しか経ってないIHクッキングヒーターが(号泣)



最近の家電製品ってそんなもんなんですね。
買い換えを促すために、それくらいで壊れるようにできてる。
それは資本主義経済である以上、ある程度は仕方ないんですけどねー。
でもせめてあと1年保たせたかった……(TT)

だいたい、数年前から火力調整ダイヤルの反応が鈍くなってたんですけどね。
よりにもよっておせち作り始める直前に火力の強い方(3.0kw)が完全にご臨終です。
12月26日金曜日、慌ててメーカーに電話して修理依頼したら、
週明け28日月曜日の朝に電話してきた修理業者は、いかにもたるそ~~に
「基盤交換で最低でも5,6万かかります」とか言いやがる。
まあ仕事納めの日に修理になんか行きたくはなかろうけれどね。

さすがに修理代金に戦いて、再考すると返事したら、
「じゃあ修理予約はキャンセルしときます」とサクッと切り捨てるがごとき応対。
…よっぽど仕事入れたくないんだね…(TT)
まあ年末だから仕方あるまい…と了承したが、年末だからこそ大変困る事態に。
ま、嘆いていても仕方がないので、もう片方(2.0kw)も甘いダイヤルをなだめすかしつつ、
小さいハロゲンヒーターもフル稼動でなんとか年末年始を乗り切りました。

で、夜になってこちらも仕事納めから帰ってきた夫に相談したらば、
修理内容がはっきりしないから確かなことは言えないが、
基盤交換すればそれくらいかかるかもしれん…という判断。
また、IHヒーター自体も9年前とは格段の進歩を遂げ、火力も省エネ力もアップしている、とのことで、
思い切ってここはメーカーさんの思惑に乗って買い換えることに(^^;

幸い夫の仕事関係でたまたまかなり安く購入することが可能になったので、
家電店にも見学に出向いて、各社の製品比較をし、
今回はヒトシくん人形でお馴染みのクイズ番組を提供している
"次世代喚起"をキャッチコピーにする某社(笑)のものに決定した。



そして年明けて2週間後。


100117.jpg


きましたやっと(T▽T) 
新しいIHクッキングヒーターが。


今後買う予定がおありの皆様のお役に立てていただくために、
敢えてメモさせていただきますが、今回の選択ポイントは、

・両IHが3.0kwであること
・3口ともにIHであること
・3口IHともにガラスタッチ上面操作であること
・温度センサー式で、鍋を煽れること
・グリルトレイがフッ素樹脂加工であること
・天面に枠があること

だった。
昨今登場しているオールメタル対応は、現在ほとんどの鍋がSSか鉄ホウロウである我が家には無用。
第一お値段が一気に上がる。
3口IHは1.6kwの小さめにした。特に2.0kwにする必要性を感じなかったからだ。
ガラストップも65cmの小さい方にした。
我が家の狭いキッチン台のサイズが固定な以上、75cmのワイドタイプを置くと
それだけ作業スペースが減るからである。

ガラスタッチを今回絶対譲れなかったのは、今までダイヤル式の甘さに悩まされたからだ。
温度センサーは、イマドキのIHには標準装備だが、
鍋底を離しても、再度近づけるとすぐに再加熱が可能なので、
中華を作る時に鍋を煽るクセがあるワタシにはありがたい。
グリルトレイがフッ素樹脂…いわゆるテフロンであることの重要性は、実際に家電屋で見て気がついた。
…だってめんどくさいじゃん、お魚焼いた後で鉄板洗うのって(TT)
いや洗う時にこびりついた焦げを刮ぎ落とすのが、です。
焼き網も樹脂加工されているので、その点がポイント高かったんですよ。

あと一つ、夫もワタシも高ポイントつけたのが、天面に枠があること。
別な某社の製品は枠がなくて掃除がしやすいことを売りにしていたが、
吹きこぼし常習犯のワタシには、それは逆効果(;∇;)
あの、立ち上がりわずか1~2mmほどの枠があるだけで、
吹きこぼしの洪水からはかなり救われます…。



使い始めて4日ほど、未だに前のクセで
とっさにダイヤルを触ろうと下部に手をやってしまいますが、
これもそのうちに慣れてくるモノと。
火力は以前に比べて格段に強くなって、お湯が沸くのが早い早い(笑)
動作音もかなり静かになって、満足しておりまする。


…でも、なんかねー…色がねー…。
商品色は「シルバー」なんだけど……なんか妙なベージュなんだよね……(-_-;)
そこんとこ、どうなの、◯立さん?




チョコレートビール - 2010.01.16 Sat

100116.jpg



ロイズとサッポロのコラボビール、Chocolat Breweryを買ってみた。
いやもうね?きっとこれビールじゃないわよ、と想像していた通りの味だったのは
言うまでもなかったんですが。

……チョコソーダと思ったら案外いけるのよこれ……。
ビールと思うからいけないんだ。


って、発泡酒だからビールじゃないんだけどさ(^^;


甘いですよ。確かに紛れもなく甘い。
でも、ビールと思うからその甘さが許せないのであって、
シャンディーガフとかパナシェだと思ったら別にふつーにビアカクテル。
…あ、シツコイですが、発泡酒だからビールじゃないけど(笑)


バレンタインを当て込んで作ったものなんだろうけど、
まあ男子はあまり好まないでしょう、コレ。
とっても女子向けな、ビール飲んでますな罪悪感(ないよそんなもん)も、
ニセモノビール飲んでますな劣等感もない、普通に甘いカクテル。
ワタシはわりと気に入りました。ウン。


冬の至福エポワス - 2010.01.15 Fri

冬場になると出てくるウォッシュチーズ、エポワスを買ったので
バゲットとともに堪能。
ワインはシャトー・オリビエール2002年の白、ってとこで。


100113.jpg



熟成が進んでとろとろに溶けかかった感じがなんともブラボー。
ハーフを買ったので、断面を上にしてスプーンで掬って
バゲットのスライスの上に乗せてお口へダイブ。
ザ・牛乳って感じの味が一気に口中に広がるが、ウォッシュ独特の臭さはほとんどなくて、
これならチーズが苦手な某さん(笑)でもOKじゃないだろうか。
牛乳は平気でしたよね?>●さん(・∇・)

オリヴィエールの方は、樽の香りが強めの、ボルドーお気に入りワインの一つ。
いやほんと、ボルドーの白は旨いんだよ。
赤だけじゃないんだよ~~ん♪


ギャップ萌え - 2010.01.14 Thu

あの人って普段は眉間に皺寄せてコワイ顔してるのに
公園で野良猫見て嬉しそうに笑ってたの………ハート・∀・


…お嬢さん、それは恋です。



彼が眼鏡外すとこ、初めて見ちゃった。
…真面目そうだったのに、なんだかすっごく可愛いの……アイコン名を入力してください


…奥さん、それは萌えです。




つーわけで、ギャップ萌えランキング。


goo ランキング
女性が男性に「ギャップ萌え」をする瞬間ランキング
1クールで硬派な人のふとした笑顔
2遊んでいそうな人の一途な恋愛談
3普段コンタクトの人のメガネ姿
4クールな人からのメールの絵文字
5ダンディな人のスイーツ好き
6位以降を見る
(C) NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.



眼鏡男子ウケてますよね。
ワタシも眼鏡っ子好きです。
最近旦那が老眼鏡をかけるようになって、銀縁眼鏡で真剣な顔で読書に勤しんでるのを見て
思わず


「萌ええぇ…」


と呟いてしまいます。
……たとえ読んでるのが鉄ちゃん本でも、ですね……(-_-;)



でもこのランキング、まだ甘いです。掘りが浅いです。
いやしくもギャップ萌えと称するからには

ツンデレ ギャップ萌えの王道

前髪落ち 普段は上げてる前髪が額に落ちかかっている、ハレとケのギャップ

ダンディ拗ね スーツを着こなしたダンディが拗ねて見せるのはメガトン級の効果

この3つは欠かせません。
できればツンデレは美少年きぼんぬ。



…と、さらりと腐れ頭のさわりを語ったあとで、
男子が萌える女子のギャップ、ですよ。


goo ランキング
男性が女性に「ギャップ萌え」をする瞬間ランキング
1パンツスタイルが多い人のスカート姿
2普段コンタクトの人のメガネ姿
3クールで硬派な人のふとした笑顔
4遊んでいそうな人の一途な恋愛談
5クールな印象の人の涙
6位以降を見る
(C) NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.


…なんてか、女子より男子の方が見た目にダマされてくれますね…。
女子は見た目を裏切る内面の柔らかさに萌えちゃったりしますが、
男子はよりわかりやすい見た目の変化に弱いわけね。

しかし「きまじめな人の一発ギャグ」って……(爆笑)
逆に女子なら退きますな(^^;
「頼りない人の即決」も、なんかシチュエイションが読めるような。
日頃大人しくて親の言うとおりなお嬢さんが、好きな人(自分だな?)との駆け落ちは
断固として突っ走る!みたいなのでしょうね~。
…ああオトコって可愛い。

宝塚歌劇星組公演 『ハプスブルクの宝剣』『BOLERO』 - 2010.01.13 Wed

…というわけで、『THEハプスブルク』展を観た直後の12日火曜日、
今度は宝塚でハプスブルク。
午前中は9年ぶりに逢う友人と、初お目見えの坊やとお茶してから、
おひとりさまでのんびり鑑賞となった。


100112.jpg



『ハプスブルクの宝剣』は藤本ひとみの同名小説を原作とする。
ワタシは十年くらい前に既読だが、エンターテインメント性の高い、
いかにも宝塚向きのグランドロマンだった。

フランクフルトのユダヤ人地区からパドヴァの大学に留学し、
戻ってきたばかりの主人公エリヤーフーは、
ヘブライ語でのみ伝えられるべきとされたユダヤの教書である律法をドイツ語訳したために、
ユダヤ人社会から忌避され、追い出される。
そんな彼を救ったロートリンゲン大公フランツ・シュテファンは、
彼を伴ってウィーンのハプスブルク宮廷へ赴き、皇女マリア・テレジアと結婚する。
エリヤーフーが当時蔑視されているユダヤ人と知ったマリア・テレジアは
彼を憎みつつ惹かれていく自分に戸惑いながらも夫を愛し、
父カール6世亡き後のオーストリア大公として、また神聖ローマ皇帝として即位した夫を支える皇后として
有能な家臣であるエリヤーフーをオーストリアのために重用して行かざるを得ない。
エリヤーフーは彼女への愛憎と、フランツ・シュテファンへの敬愛に葛藤し、
戦場へと赴き、自らの本来あるべき姿を探し求める。



藤本ひとみっていえば『まんが家マリナ』@コバルトでしょー?と仰有る向きは
彼女がコバルト作家を離れて、歴史小説を多数ものしていることをご存知だろうか。
本作の他にも『ブルボンの封印』(これも宝塚で舞台化)『ノストラダムスと王妃』
『逆光のメディチ』『暗殺者ロレンザッチョ』などのドラマティックな西洋史物が面白い。
しかも、コバルト時代からすると単なるハーレクインもどき
(いやワタシ実はハーレクインの歴史物好きでして)を書きそうなのだが、
それにしてはかなり骨太な作品が多いのも嬉しい。
つまり中世・近世史が好きな歴女(んな言葉で言われるようになっちったのねぇ…)には
たまらんのである。



さて、宝塚。
ここ数年来、星組は『スカーレット・ピンパーネル』『ベルサイユのばら』
『太王四神記II』などいわゆる大作モノが多い。
その理由はたぶん、前トップ安蘭けいと、現トップ柚希礼音のスケールの大きさによるものだろう。
安蘭けいは演技力と歌唱力の確かさで、柚希礼音は舞台上の存在感の大きさで
そうした大作の主役を見事に演じてきた。
実を言うとワタシ個人としては柚希礼音はあまり得意なタイプの役者ではないのだが、
彼女の舞台でのオーラは確かにすごいし、観客を引き込むパワーたるや瞠目する点がある。
それゆえ、『スカーレット・ピンパーネル』のショーブラン役や
今回のエリヤーフー役のような陰のあるキャラクターを演じると
彼女の演技に魅入られてしまうのである。

その意味では、星組男役ナンバー2の凰稀かなめは
ワタシ的現在の宝塚セカンドフェヴァリットではある(ちなみにファーストは水夏希)が
今ひとつパワフルさに欠ける。
ノーブルでスタイリッシュ、美しい声で顔が小さくて華奢で繊細な美形なのだが、
それだけに柚希礼音の跡を継ぐ次期トップ候補としては、イマイチ色が薄い。
それが彼女の魅力でもあり、最初に目を惹かれて好きになった『エリザベート』のルドルフ皇太子や
今回のフランツ・シュテファンの役などはまさにぴったりではあるが、
できればもう少しダンスと声量を鍛えて、さらなる高みを目指して欲しい。
ファンとしては心から彼女のステップアップを望む。



久しぶりの宝塚、充分以上に楽しめた。
次は『虞美人』かなぁ。
ものすごい懐かしい宝塚古典の名作だ。これまた楽しみ。


日牟禮へ - 2010.01.12 Tue

100110-14.jpg
坂本から堅田を抜け、琵琶湖大橋を渡って湖東へ。
ラフォーレ琵琶湖の手前に、菜の花畑があった。どうやら公園の一部で、無料で公開しているようだ。
…1月半ばに菜の花。
そして対岸の比叡山には、今しもドカドカ雪が降っている。
シュールだわぁ……。



100110-15.jpg
そんな菜の花畑で、ちょっぴりおばかちんに見える我が家のCitroën C6。
これでちょうちょでも飛んでいたら、まるっきりおつむも長閑な
アホ車にしか見えん。




100110-28.jpg
寄り道しまくった挙げ句、ようやく日牟禮(ひむれ)に到着。
日牟禮八幡宮の門前町である。


100110-20.jpg 100110-19.jpg 100110-21.jpg
その参道に、老舗和菓子補のたねやがある。
明治5年創業、近江の名店である。
古民家ふうの作りは堂々たるもので、付近は八幡さんより
たねやに来た客の車でごった返している。


100110-22.jpg
こちらがたねやの洋菓子部門、クラブハリエである。
たねや本店とこのクラブハリエを囲む一帯が
株式会社たねやが経営する日牟禮ヴィレッジとなる。


100110-23.jpg 100110-25.jpg 100110-26.jpg
クラブハリエでは店舗奥のカフェでケーキやバウムクーヘンなどがを提供しているが、
この連休中は店舗2階の、通常はおそらく洋菓子教室などに使用されているホールで
バウムクーヘンのセットがいただけるようだった。
めちゃ混みのカフェをあきらめて、今回はこちらで焼きたてのバウムクーヘンを♪
これがなんとも…口内至福。ふわふわの食感で、いわゆるバウムクーヘンとは似て非なるもの。
ほんのり温いのがまたシアワセ……。


100110-29.jpg 100110-31.jpg 100110-30.jpg
左:八幡堀にかかる白雲橋の上から見た蔵の並び。
豊臣秀次が八幡堀と琵琶湖とを繋ぎ、城下内に交易船を引き入れた。

中:白雲館。もとは明治10年に八幡東学校として建築された。
現在は観光案内所として利用されている。

右:白雲橋から見た八幡堀。
近江商人の栄華の夢のあと、ってカンジですね。


近江商人とは近江で商いを行う商人ではなく、近江出身の商人のことである。
湖東や湖北に本宅・本店を置き、他国へ行商した"近江から来た"人々を指した。
現在でも近江商人から出た企業は多く、高島屋・大丸・西武・伊藤忠・丸紅・
ニチメン・ヤンマー・日清紡・東洋紡・東レ・日本生命・ワコール・西川産業などなど
枚挙に暇がない。



その近江商人の本拠地で"青い目の近江商人"と称された人物が
ウィリアム・メレル・ヴォーリズ(William Merrell Vories)である。
えー以前もご紹介した関西学院大学だとか同志社大とか神戸女学院大とか
旧軽井沢会テニスコートのクラブハウスだとか山の上ホテルだとか大丸百貨店本店だとか、
あっそうだ神戸の旧居留地38番館(大丸神戸店別館。アフタヌーンティが入っている)もそうだ。
そりゃもうたくさんの建築物を設計した建築家であり、メンタームの近江兄弟社の創立者であり、
プロテスタント系キリスト教の伝道者であり、なおかつ讃美歌の作曲者でもある。
…青い目の近江商人ってより、近代のダ・ヴィンチですな。

100110-27.jpg 100110-32.jpg
100110-33.jpg 100110-34.jpg
近江八幡、日牟禮ヴィレッジの付近には近江の豪商たちの旧宅も立ち並んでいるが、
ヴォーリズの手による近代建築物も多い。

左上:クラブハリエ内カフェ特別室、旧忠田邸
右上:アンドリュース記念館(旧近江八幡YMCA会館)
左下:旧八幡郵便局
右下:ヴォーリズ記念館(旧ヴォーリズ邸)

写真はさすがに撮りに行けなかったが、近江兄弟社学園にも当然ながら
ヴォーリズ建築がいくつか現存している。



歩き疲れて寒さも増してきた。
いい加減に帰りましょうか、と車を出して、近江に別れを告げる。
今度はね、寄り道しないでまっしぐらに……

…帰る途中で晩ご飯食べに、十日戎本戎で大混雑の阪神西宮駅に寄って
だんじょう軒でラーメン食べて帰りましたとさ。



はーやっと終わった一日。





より大きな地図で 近江八幡 日牟禮 を表示

日吉大社へ - 2010.01.11 Mon

ハプスブルク展に行ったその足を、今度は琵琶湖方面へ向けることになったワタシたち。
おなかすいた~と叫びつつ、まずは湖西の坂本へ、蕎麦を食べに走る。


100110-2.jpg坂本の鶴喜そばは今までにも数回来たことがある。
1887年建築の登録有形文化財である店構えがド迫力。
鶴喜そばはここ日吉神社門前の「本家鶴喜そば本店」と
鶴喜そば製菓株式会社が経営する「比叡山麓 鶴喜そば
系列があるようだ。どちらも280年ほど前に鶴屋喜八という人物が
坂本に蕎麦屋を開業したのをはじまりとしているらしい。



店内はいつもながら大混雑だが、どうやら団体客がいたようで、二人だとすぐに座れた。
ただし喫煙席。おまけに風情のないテーブル席(TT)
ホントはお庭が見える座敷席に行きたかったのだが。
まあ蕎麦屋で煙草を吸いながら長っ尻なんて非常識な人は数人しかいなかった模様(笑)

100110-3.jpg
夫はざる大盛、ワタシは野菜天ちらし(天麩羅盛り合わせ)付にした。
で、天麩羅は二人ではんぶんこ。
あちこちで書かれているが、本家の方はお蕎麦が柔らかめ。
比叡山麓鶴喜のほうは、もんのすごい腰なのであるが。
でもそば粉の風味が効いていて、充分に美味しい。




100110-4.jpg店を出て、数軒先の和菓子舗、鶴屋益光でそば饅頭を買った後で
ふと見上げるとそこには日吉大社の赤鳥居。
左は比叡山へ登る道。
何回か来ているのに日吉大社に行ったことがなかったワタクシ(^^;
「んじゃ行ってみる?」という夫の言葉に唆かされて足を向けた。


100110-5.jpg
…えー。参道には神馬舎。
宮島同様、アヤシイ神馬が暗闇にぬぉ~っと。
神社に白い神馬が奉納されるのは定番だが、
たいていこうした人形…いや馬型である。


ちなみにさくらちゃん幼かりし頃よく親に連れて行かれた岩清水八幡宮では
今もって純白のサラブレッドが飼われている。
いたいけなさくらちゃんは先代神馬に人参のエサ(当時\20)をあげるのを楽しみにしていた。
そういえば伊勢神宮に行った時に出会った先代神馬は「桜澤号」、石清水八幡宮の神馬も「彌櫻号」。
…どうもワタシは神馬に縁があるらしい。


100110-6.jpg
西本宮へ向かう参道には、こんなすんごいうねった木がある。
こうなるとゲイジュツですね。
古い木々に囲まれても、なんだか時代を感じる。


100110-7.jpg「山王二十一社」というたくさんの神社の集合が日吉大社である。
その中心となるのは、崇神天皇七年(B.C.91年)に
比叡山系の八王子山の神(大山咋神)を祀った東本宮と
天智天皇七年(668年)に奈良の三輪山(大神おおみわ神社)から
大己貴神を勧請した西本宮だ。
延暦寺の守護神としての位置を占める。これは西本宮の楼門(重文)。


100110-8.jpgこれは西本宮の拝殿(重文)。
今にも倒れそうだが、日吉大社内の建物は
織田信長の比叡山焼き討ちの折に焼失し、
大抵が同じ16世紀末~17世紀初頭に再建されたものばかりなので
古さも一入である。


100110-9.jpgで、拝殿で拝もうと賽銭を投げたら
モノの見事に賽銭箱の縁に乗っかった。
狙おうったってそう簡単にはいかないような位置にストップ。
と、無理矢理自分を得意気なキモチに持っていこうとしたら
お隣にも誰かが投げた賽銭がぽつんと。
…同じようなラッキーだかアンラッキーだかな人がいるもんだ。


100110-10.jpg
で、これは国宝の西本宮本殿。
長の風雪に耐えて、うひょ~~というくらいに古い。
再建されたのは16世紀末だが、様式は平安時代のまま
なのだそうだ。


100110-11.jpg 100110-12.jpg
桃山~江戸期にかけて作られた重文の御輿。
御輿収蔵庫には山王七社神輿7基が納められている。
昭和40年代まで実際に使われていたらしい。
日吉大社の神輿は比叡山延暦寺の僧兵が朝廷への強訴の際、
たびたび担ぎ出したことでも有名。


100110-13.jpg
東本宮の本殿(国宝)と拝殿(重文)。
やはり16世紀末の建造。
西本宮とほぼ同じ作り、同じ配置である。
もともとは東本宮の方が由緒は古いが、
当初、建造物はなかった模様。


広い境内をぐるりと歩き回ったら、けっこうな散歩になった。
寒くなってきたし、そろそろ次へ行こうか、と日吉大社を後にする。

…ええ、まだ先があるんです(爆)
それはまた次回を乞うご期待。




より大きな地図で 日吉大社(坂本)近辺 を表示

THE ハプスブルク 展 - 2010.01.10 Sun

昨年秋に東京国立博物館で開催された「THEハプスブルク」展が
京都に巡回してきて、この6日から始まったので、早速足を運んだ。

100110-1.jpg
日本人はイギリス王室とハプスブルク皇室が好きだ。
ワタシもその例に漏れないtypicalニッポンジン。
朝9時には開場待ちの列に取り付いて
京の寒空の下、9時半の開始時間を待つ。
…だって無料駐車場がすぐ一杯になっちゃうんだもん(そっちか)



100110-16.jpg
もちろん内部は撮影禁止なので、絵はがきを撮ってみた。
美少年にもほどがあるシリーズ。
左からひと目見てわかるラファエロ「若い男の肖像」
ベラスケス「皇太子フェリペ・プロスペロ」
レンブラント「読書する画家の息子ティトゥス・ファン・レイン」
ムリーリョ「悪魔を奈落に突き落とす大天使ミカエル」。
いや~眼福眼福。


100110-17.jpg
下3つは上3つの池田理代子版(爆)なぜか一緒に売店で売られていた。
左からスペインのマルガリータ王女(ラス・メニーナスのあの子)
オーストリアのマリア・テレジア女帝(の子供時代)、
そして言わずとしれたオーストリアのエリーザベト皇后である。
実は上3つのうち、左のマルガリータ王女は
なぜか今回絵はがきを買い忘れ、手持ちのものを持ち出してきたんだけど(泣)

マリア・テレジアはこの絵が書かれた9年後、ロートリンゲン侯フランツ・シュテファンと結婚する。
そのへんの下りが藤本ひとみ『ハプスブルクの宝剣』という小説になって、
実は数日後にワタクシ、その宝塚舞台化を観に行くのだが、それはまた後日。

100110-18.jpg
…どうです。ビックリでしょ?
実はエリーザベト(ホントは"エリザベート"ではないのだ)皇后のこの肖像画は
まったく違う画家によって描かれている。
どちらが先なのかはわからないのだが、
どちらかがどちらかを模写したことは疑いないだろう。
そして、エリーザベト自身もこのアングルとポーズをお気に入りだったに違いない。


他にもカール6世やフランツ1世が、ハプスブルク家の長が務める金羊毛騎士団団長として
へたれ羊の金羊毛勲章をつけている肖像画に萌え。
えーへたれ羊はBrooks Brothersのロゴに似たアレである。
ちなみに今上天皇陛下もどういうわけだか金羊毛勲章をお持ちだそうだ(笑)



夫と離れてぼけら~っとフランツ・ヨーゼフ1世の肖像画を観ていたら、
ワタシの前を進んでいたご夫婦のご主人が
「あーこいつやなぁ、エリザベートの旦那や」と奥さんに説明していた。
そのあとがいい。
「…やっぱり典型的なハプスブルクの顔やな。顎しゃくれとる…」
ワタクシうっかりプッと吹き出してしまった。
振り返った小父様と目があって、にや~りと笑い合う。

いや、しかしね、このハプスブルク顔(男子のみだが)にホレた女性は多かったのよ~。
なにしろヨーロッパの王室には珍しく、恋愛結婚というか相思相愛だった夫婦が多いのが
ハプスブルクの皇帝・大公家の特徴なのだ。
フランツ・ヨーゼフ1世とエリーザベト皇后しかり、マリア・テレジアとフランツ1世しかり、
マリア・テレジアの父カール6世も皇后をこよなく愛し、
マリア・テレジアの息子ヨーゼフ2世も最初の妻を熱愛した。
政略結婚、必ずしも悪いことばかりでもない。
っていうか純政略的には充分以上に有効だからこそ、ハプスブルク家は多用したワケだ。

そういえばカール6世の祖父レオポルト1世の最初の皇后は
先述のスペインのマルガリータ・テレサ王女、ドイツ名マルガレーテ・テレジアである。
しかし彼女はレオポルト1世にとって父方の従妹であり母方の姪でもあった。
ハプスブルク家はこうした血族結婚も多く、その結果はマルガリータの生んだ子供たちの夭折だけでなく、
彼女自身の命も21歳で失わせることになった。



このように、今回の展覧会ではハプスブルク家所蔵のすばらしい美術品が
多く展示されていて、「うはーこれってハプスブルクが持ってたんかい!」みたいな
愕然とするようなキモチになることが多かった。
それだけこの欧州一の名家の力と婚姻網の凄まじさが強かったということだろう。
「戦争は他家に任せておけ。幸いなオーストリアよ、汝は結婚せよ」の家訓が示すとおり、
ハプスブルク家の縁戚は各国王室に広まり、現在ではEUの象徴的な存在となっている。

ちなみにフランス王妃マリー・アントワネット(マリア・アントーニア)の母である
先述のマリア・テレジアは通常"女帝"と言われているが、神聖ローマ皇帝位を継承したことはない。
彼女が相続したのは、オーストリア大公位、ハンガリー王位、
そしてハプスブルク家の広大な領地と財産である。
歴史に名高いプロイセンとのオーストリア継承戦争や七年戦争は
いずれもこのハプスブルク家の領地を巡って、プロイセン国王フリードリヒ2世と戦ったのである。
結果的に現在のポーランド南部シュレージェン地方をプロイセンに強奪されてしまい、
マリア・テレジアのフリードリヒ大王嫌いに拍車がかかるのであるが…。

この辺、卒論テーマだったのでなかなか懐かしいが、
今はむしろ数日後の宝塚歌劇が楽しみなのであった(* ̄∇ ̄*)



小鼓買いに。(蛇足追加) - 2010.01.09 Sat

お正月、720mlボトルを一日1本、合計2本をさくっと開けてしまった我が家。
飲み足りねえぇぇぇ~~(;∇;)と嘆いて、この週末はお酒を買いに行くことにした。


…そう、丹波美酒、小鼓の蔵元、西山酒造場へ(* ̄∇ ̄*)


中国道経由舞鶴道に乗ってばびゅーんと1時間強。
お昼過ぎの丹波は山間のこともあってとても寒い。
めざす西山酒造は、JR丹波竹田駅の近くにあるのだが……

100109-1.jpg

…し、閉まっている…orz
事務所や蔵のほうまで回ってみたが、人気がまったくない。
しくしく…。




だがめげないワタシたち、ちゃんと買える場所を知っている。
少し南西へ下った氷上町のyoumeタウンというショッピングセンター内の加納屋という酒屋には
いろいろ取り揃えていて、生酒量り売りもしているのだ。

…が。

本日量り売りは売り切れ状態…orz
つくづくフラれる日のようだ。
気を取り直して瓶を買う。

100109-2.jpg

地元だけあって本当にいろいろ置いているので悩むが、とりあえず2種類。
純米吟醸しぼりたての一升瓶と、
但馬剛力生詰(現在はリンクしていません。旧ページの模様)の720ml瓶。


100109-3.jpg



今夜は鶏団子と豚ロースの寄せ鍋に但馬剛力を合わせてみた。

……すごい。
口に含むとガツンガツンと暴れ出す。
味のベクトルは四方八方。
しかし後ろには引かない。

なぜかワインのように、しばらく空気に触れさせるとまろやかになる。
不思議だ~~~。
とても面白い酒だった。



さて明日はしぼりたてを飲めるかな~♪



※蛇足
すっかり忘れてたけど、こんなのも買いました♪
純米酒粕。

100109-4.jpg





The Birds - 2010.01.07 Thu

アルフレッド・ヒッチコック監督の『鳥(The Birds)』という映画をご存知だろうか。
ある日突然、街中に生息する鳥たちが人間に大群で襲いかかる。
老人を殺し、ガソリンスタンドを攻撃して大火災を起こす。
黒々とした鳥たちの群が、観ているこちらに得も言われぬ恐怖感を与える名作――といわれている。

小学生の時にうっかりTVで観ちゃったいたいけなさくらちゃん、
恐怖でビビってちびっちゃ……ってはいませんが。

ただ、あのシーンはやはり衝撃で、未だに鳥が苦手だ。
…いや、食べるのは好きなんですけどね。
いまでも鳥が群れを作っているのを見ると、反射的に身がすくむ。
日々、ベランダに爆撃していくハトとも戦ってるしね(-_-;)



ところが今日、お散歩に出かけてほてほて歩いていたら
ハシブトガラスの大群に行き合った。


100107-1.jpg

折しも生ゴミ回収日、鳥避けに被せられたネットなんぞ、奴らにはでもない。

協力してくちばしでネットを巻き上げ、あっさりとゴミ袋をつついて辺りは大混乱。
基本的にカラスは雑食であるから、食べられるものならなんでも食べる。
写真に写っているのは20匹ほどだが、実はこの倍くらいはいた。
――40匹のカラス。殺されるうぅぅ~~(;∇;)



100107-2.jpg


ふと頭上を見ると、電信柱にもたわわに実っているではないか(TT)
でも黒い碍子と区別つかんな……(笑)



コワイならとっとと先を急げばいいのに、ぼけーっと見上げてカメラを構えていたら、
いきなり頭上から食品トレイが落ちてきた。
そして知らん顔で飛んでいく黒いヤツ。
……貴様か。貴様がやったんだな(-"-)

しかし敵はすぐそことはいえ、屋根瓦の上にヘーゼンと座って
脚で顔なんぞ掻いている。
怒れるさくら、この滾る気持ちをどこにぶつけていいのかわからない。
とりあえず。




――食品トレイは洗ってから捨ててください(TT)  ←そこか





やたら長い。 - 2010.01.05 Tue

今年の大河ドラマ『龍馬伝』は、むろん期待満々だった。
でも実は龍馬のことはあまり知らないんだよねぇ…。

関連本は高校時代に司馬遼太郎の『竜馬がゆく』しか読んでないし(山岡荘八は未読)、
学術系の史料に至っては、新選組関連のアプローチしかしていない。
そんなワタシがなぜ龍馬伝に期待をかけるのか。




そりゃもう、



ローズローズローズローズましゃが演るからハート-LS*ピンクm×ピンクl(色付き背景用) †SbWebs† ローズ2ローズ2ローズ2




に決まっちょろうが!(* ̄∇ ̄*)

…えー、「ましゃ」とは、福山雅治氏である。念のため。



で情熱込めて観た第一回。
ちょっとこれまでのNHK大河の演出とは違うなーと思いました。
うん、いや、それが大友啓史カントクの演出だってことらしいんですがね。
それ以前に、福山くんの演技が微妙にこれまでと違う感じがする。
というよりも、これまでのドラマでのイメージの主体だった司馬竜馬像から
新しい龍馬に変わった気がするのである。
本来どちらがより史実の龍馬像に近いのかはわからないが。

豪放磊落だが、決して神経が雑ではない、
そのうえで余人にはできない発想で新時代を切り開いていこうとする
あの時代に生きたために周りの忌避を買った、ちっとばかし早く生まれすぎた男を
どちらかといえば繊細な演技が持ち味の福山くんがどう演じるのか、
実に楽しみである。




ところで、龍馬伝のNHKサイトで見つけたブログパーツを貼ってみたらば。


…あまりに長くて仰け反った。
リロードする度に違う言葉が表示されるらしいので、お試しアレ。




Read More »

うさぎ美味し彼の山 - 2010.01.04 Mon

――いやわかって言ってますって(^^;
子供の頃はマジで"ウサギっておいしいんだ…"と思ってましたが。
あいや、うさぎ、ホントに美味しいですよね。


で、うさぎ。
自分がうさ公だからか、子供の頃からうさぎグッズは大好きでした。
和食器も兎紋のものがけっこうあったり。
でもこの年で山ならぬ牧場でうさぎ追う羽目になるとは思わなかった…。

100104-1.jpgmixiのマイミクさんたちはご存知のことと思いますが、
mixiアプリのゲームで「みんなの動物広場」というのがあります。
そこではいろいろな家畜を育てて売り、
お金を貯めては次のランクの家畜を飼う、
マイミク(友達)の家畜を虐めたりエサをやったりして
互いに助け合うという内容なのですが。




――そこで、うさぎを殴りまくるんです。



100104-2.jpg

こんな風に、うさぎが牧草を勝手に食べて
暴れまくっているのを発見したら



100104-3.jpg
捕まえては、殴る。
旨くタイミングを合わせて殴り続けると上のパラメーターが
「WIN」に到達し、捕獲、という流れです。
捕獲したうさぎは、倉庫に貯まっていきます。



自分の農場だけではなく、マイミクの牧場に現れたうさぎも殴れます。
マイミクの牧場で捕獲したうさぎも、自分の倉庫に入るので、貯めることができるというわけ。

昨年の年も押し詰まったある日、ワタクシ、mixiのつぶやき機能で宣言いたしました。


「1000匹貯める!」  と。


以来頑張り続けてきました(いや主婦としてもっと他のことガンバレ)。
そしてとうとう、2010年1月4日午後1時49分。
アップロードファイル1000匹に到達いたしましたアップロードファイル


100104-4.jpg


白うさ539匹、灰うさ352匹、黒うさ109匹、で合計1000匹。
わーいわーいわーい ヾ(^^(^o^)ノ ヽ(^-^ )^-^)ノ
みん動仲間のマイミクの皆さんありがとう♪
ひたすら殴り続けた甲斐がありました~(* ̄∇ ̄*)


100104-5.jpg
これが捕獲したうさぎの売却合計金額(予定)。
白と灰と黒合計ですが、単価が安い白の割合が多いので、こうなりました。




――はて。
ところでこれ、各々単価いくらなんでしょう?
えーと数学苦手なんだけどー……。


539a+352b+109c=392800……?
れ、連立方程式でいいんだよね……?
でも、これだけじゃ解けない…ワタシには……(汗)


どなたか、数学マカセロ!な方、
ワタシに単価を教えてください……(TT)




ちなみにうさは1000匹以降も貯め続けることを決定。
これからもイッちゃいます。
次なる目標は3000匹。かも。


HP/MP ともにゼロ… - 2010.01.03 Sun

元旦の19時半頃にやってきた子供たちは、
上から

まる子(上弟長女・小4)
ちび太(妹長男・小3)
ちび子(妹長女・年長さん)

の三名。
あわやまる太(上弟長男・年中さん)までやってきそうになったのだが、
ママっ子の彼はどうしてもママと離れるのは不可能、
しかも我が家で寝る布団もこれ以上用意できず、実家に留まることになった。

――いや、彼まで預かってたらワタシたち、今頃死んでます……。
つくづく、子供を持つ親御さんの偉さを感じ入ったちゅーねん夫婦である。



元旦の夜は結局彼ら、23時くらいまでWiiで遊んでいた。
前夜は紅白観て全員0時近くまで起きていたのに、元気なヤツらだ…。
翌朝も出かける寸前まで、叔父叔母放棄で三人で没頭していた。
…つまりゲームをやりたいがために泊まりに来たのだな(-_-;)


100102-1.jpg
(名前色の濃さ順が性格の強さを表しているわけでは、決して……えーと……あせ



我が家にある数少ないWiiソフトのうち、専ら全員で簡単に遊べる
WiiFitとWiiSPORTSで、ボクシングだのボーリングだのテニスだのに
熱中して、時々


きゃーーーっっ


だの、


うははははっっ


だのと大騒ぎ。
さすがにどすんどすん飛び跳ねたりするのは、階下に迷惑だから駄目、と
重々言い聞かせたせいもあって、たまに忘れることはあっても
慌てて「あ、そうだ、だめなんだった」と止める分別はある。

お風呂も自分たちで入るし、トイレも特に促さなくても勝手に行くし、
添い寝も要らない年だし、というか三人でこれまた大騒ぎしながら
ベッドに川の字に並んで、しばらくはお喋りしまくっていたが、
いつの間にか寝入っていた。
まあそういう意味では楽といえば楽、なのだが。


何しろ賑やか…言葉を換えれば  ウルサい。


日頃騒ぐといえばワタシがTV観ていて、とか、
ビーズでどエライ(とんでもない、大がかりな)失敗に気づいて、とか、
Wiiでテニスしていて、とか…




……同じやん……orz




そうか…あれはワタシの血か……。
そして間違いなく父の血だ。くそー。




と、歯がみしながら1月2日は、その子供たちを連れて、
恒例の実家お祝い膳に出かけた。
メンバーは実家両親・上弟夫婦・義妹2・子供たち4名・我々夫婦の11名である。
ちび太ちび子の親である妹夫婦は、今年は新婚当初以来の
二人だけのお正月を満喫しているらしい。
下弟は可哀想に新年早々から仕事なんだそうだ。お疲れさま。


100102-2.jpg


実は料理はこれだけではない。
寿司桶はもうひとつあったし、
義妹1が作った蒸し野菜のデカイ鍋、義妹2のグラタン、
ワタシのキッシュ・ロレーヌ、母が作り置いた蓮根団子など、
絶対食べきれない、と思うほど準備だけはされていた。
あまりに多いので、蒸し野菜と蓮根団子は却下になったのである。
ちなみにワタシが事前準備していたのはキッシュと生春巻。
春巻きは実家で義妹たちに手伝ってもらって作成。

16時から宴会が始まって、18時半には片付けまですっかり終了していた。
…誰も酒を飲まないからである(笑)
夫は車の運転があるし、父母と義妹2はもとからあまり酒をたしなまない。
上弟夫婦とワタシくらいは飲めたのだが、なんとなーく飲むより食べる方に。



20時前には、ちびたちを連れて自宅へ帰ることにした。
なにしろ彼らは大晦日から寝不足だし、夫やワタシも年末から受け入れ準備で
あれこれ忙しかったのだ。

車中で、今夜はゲームなし!帰ったら寝ること!と宣言した。
そうしたらですね、子供たちったら

「じゃあ、朝早く起きてやってもいい?」

……うぐ。
ま、まあいいでしょう……。
その代わり、Wiiやるのは朝7時から9時まで、
当然飛んだりはねたり大きな声出したりは禁止、と条件告げたらば、

「じゃあさ、朝6時から7時まではDSやろうよ!7時になったらWiiやろう」

…まる子。キミは知恵が回る。さすが4年生は侮れない。
誰かが先に起きたら、お互いにみんなを起こそうね、などと
ボスの指示が飛び、嬉しそうに約束し合っている子供たちに
夫もワタシも「起こさなくていい」と同時にツッコむ。



そんなこんなで自宅到着は21時前。
今日はお風呂はいいから歯磨きをしなさい、パジャマに着替えなさい、
早くしなさーーーーい!!と号令を掛け、
のどがいたいからおちゃのみたい、
おはだがかさつくからおくすりぬらなきゃ(ワセリンだけど)、
というお嬢さま・お坊ちゃま方のご要望にもお応えし、
ようやくちゅーねん夫婦がダイニングチェアに座り込んだのは22時半。

はぁぁあ……。
なんか飲む?というわけでそこから二人でビールとおせちの残り物をつまむ。
しかしワタシたちももうぐったりで、ボーッと話しながら飲み終わると
夫は和室、ワタシは子供たちのベッドの足元に布団を敷いて寝る。



翌朝――というより真夜中。
なぜか疲れているのに眠りが浅かったワタシは、
ゴソゴソという身じろぎの音でふと薄目を開き、ぎゃーと叫びそうになった。

まる子が暗闇の中でワタシを覗き込んでいたのである。

な、なに?どうしたの?と訊くと
「あのさあ、ねねちゃん。今って何時?」
あ…く、暗かったから壁の時計が見えないのね。
3時~~と唸りながら答えたら、ちび子と二人でぼそぼそやっている。

…きぃみぃたぁちぃぃ~~~~~。
そんなにゲームしたいのか……(-_-;)
まだ寝なさい、6時までまだ時間あるよ、と寝ぼけながらワタシは墜落。
明け方トイレに起きたら、まあ一応彼らもまた眠っていたが。

しかし結局5時40分には起き出す音が。
こら寝てなさい、と布団に埋もれたまま半分眠っている声で言おうとしたら
「今から洋服に着替えて歯磨きして、6時にはゲーム開始できるようにしておかなきゃ!」
ボスまる子の指示がちび太ちび子の兄妹に飛んでいた。
………ねねちゃんはその熱意に負けたよ…。
もう叱る気力もない……(=_=)オヤスミ。

ようやく寝室が静かになって、それから一眠りできたワタシはよかったが、
リビングから襖一枚隔てた和室で寝ていた夫は
6時には騒がしい声で起こされたらしい。
頑なに布団に潜り込んで眠りを引き寄せていたようだ(笑)

結局8時にはワタシたちも起きて、朝ごはんの準備をしたり、布団を始末したり、
今日は夫実家の墓参りに出かけるのでその準備をしたりして、
9時にごはんを食べて10時に家を出た。
子供たちを実家に落として、やっと静かになった車内で
ワタシは1時間ほど頑張ったが…やっぱり墜落した。
こうしてワタシたちのニワカ三人の子持ち期間は終わった。
戦い済んで日が暮れる――。



でも二日目の朝、年長組がゲームに興じている間に、
出かける準備でメイク中のワタシのところにこっそりやってきたちび子が
「ねね~~ハート-LS*ピンクm×ピンクl(色付き背景用) †SbWebs†
と抱きついてきたときに、思わず抱きしめながら微笑んで、すぐにハッとしてしまった。

……ワタシ、あの子たち来てから笑ってなかった……。

いつもはゲラゲラ笑っているねねちゃんが、硬い表情で号令ばっかりして、
あの子たちはきっと怖かったんじゃないだろうか。
居心地悪かっただろうな…と反省。

個別に会ってじっくり話すとものすごく面白いし可愛くもある甥姪を
塊で、しかも我が家に預けられるという事態に、
ワタシはかなーり身構えていたらしい。
"奥さん"も24時間営業であるが、それ以上に"お母さん"は突発事態や監視業務で
神経張り詰めてなきゃならんと思いこんでいた。
いやそれは確かにそうなんだけど。
でも、笑っているお母さんを見られれば、子供ってそれだけでも嬉しいんだよな…と
改めて考えてしまった。
いや、ホント子供預かるの、勉強になりました。



でもさ、大変なのは確かに大変だったんだよ。
それであとで母に聞いたら
「あーんなに静かなお正月の夜は初めてだったわー」

……そうでしょうとも(-_-;)



あけましておめでとうございます - 2010.01.01 Fri

はつ春のはつねの今日の玉菷手にとるからにゆらぐ玉の緒
                 (新古今和歌集 巻七 708 詠み人知らず)


つーことで2010年、平成二十二年となりました。
なんか平成になってからの年の行き過ぎ方が早い気がします。
一日一日を大事に生きていかねば。
やりたいことはやる!
食べたいものは食べる!
萌えたいものには萌える!
よく笑って前向きに人生を送るのです!
――目標掲げるのって簡単なんだけどね…。



100101-2.jpgさて、昨夜は例年通り神戸の湊川神社へ二年参りに行きました。
今年はめちゃくちゃ寒かった!
手袋持っていって正解でした。
足元もロングガードルと両膝サポーターで完全防備。
寒いからか、例年よりも早く人が集まっていたような気がします。


100101-3.jpgそうだった今年は虎だった。
…さしずめ地元廣田神社や生田神社は、
タイガースファンで埋め尽くされてるんだろうなぁ…。
うちは例年楠公さん(楠木正成:湊川神社の主神)へ来ているので
あまり他は知らないんですけどねー。


100101-4.jpgお詣り済ませる前に夜店で買い食いするのは
神様に失礼なんだけどー(^^;
お詣り終わったら早く帰らないと電車の連絡が悪くなっちゃうので
いつも先に買い食っちゃいます。
今年は例年よりも新しいお店が増えていて、
このバクダン焼きもその一つ。
ワタシたちは食べなかったんだけど、中身はキノコだの鶉卵だのウインナーだの、
なんだかいろいろ入ってました…。

じゃあ何食べたのかというと、ご想像通りの鶏唐揚げと(爆)、
いつも真っ先に食べる宝塚清荒神参道の鹿野の明石焼き、
あと関西では珍しいじゃがバタ。
バターじゃなくてマーガリンだったけど(笑)



で、新年あけました元旦の遅朝早昼のお祝い膳。
これまた例年通り我が家は皿盛りで、おせちをいただきます。
つっても作ったのはお雑煮・数の子(出汁漬)・田作り・牛肉の佃煮
の4つだけですけどね(^^;

100101-1.jpg


お酒は信州に行った時に買った真澄。
純米吟醸はうまうまでしたわ~♪
やっぱり日本酒はおせちに合うだけじゃなく、ワタシの身体にも合います。



お祝い膳が終わったら、電車と徒歩で今度は西宮神社へ。

100101-5.jpg


えべっさん(戎さん)として知られるこの神社は、
1月9日から始まる十日戎で有名なのだが、初詣もすごい人出なのだ。
恵比須さまはお商売の神様であるから、地元各企業からのお供えがすごい。
特に西宮は酒蔵の町ゆえに薦樽、ビールのたぐいが多い。
…しかしさすがに茹で蛸には笑わせていただきましたよ(笑)


100101-6.jpg
恵比須神が抱えているのは鯛、ということで、
目出度い鯛みくじを引いてみた。
結果は中吉だったのだが、おみくじより実はこの鯛が可愛くてねぇ♪




100101-7.jpg
寒いので、境内名物の甘酒をいただいて、
ほっこり温まってから帰ることにした。
ワタシはホントは米の甘酒より、酒粕の甘酒のほうが好きなんだけどねー。
でも美味しかったです。



…で、家に戻ってしばらくいろいろと片付けなどしていたら、
父に連れられてちびたち3人がお泊まりにやってきました。
――そう、一人増えたの(TT)

まる子、ちび太、ちび子、
一気に三人の子持ちになったちゅーねん夫婦、
お風呂に押し込むなりぐったりしております…(-_-;)



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

いらっしゃいませ

このblogは
さくら通り
の1コンテンツです

今月のオシゴト

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

各記事下部の(CM)を
クリックすると
書込窓が現れます

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

過去ログはこちら

さくらが丘雑記(旧)

ご注意

管理人が不適切と判断した
書込は即刻削除します

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。