FC2ブログ
topimage

2010-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バ~ラが咲いた バ~ラが咲いた♪ - 2010.09.30 Thu

真っ白なバ~ラ~が~~~♪
……歌えるあなたはアラフォー以上。



100930-1.jpgこの夏の酷暑で、我が家のベランダの子供たちは
軒並み茶変してしまった上、ハダニの被害にも遭って
ほとんど落葉して、枝も枯れてしまっておりました。
ハダニは殺虫剤を散布するしか手がないんだけれど、
茶変の方は最初は対処方法もわからなくて、落ちていく
葉っぱを一生懸命取り除いては、液肥を与えていたのですが。



ある時、NHKの趣味の園芸を観ていて、目からウロコがボロボロと。
――葉っぱ取っちゃいけないんだって( ̄▽ ̄;


バラの葉が茶変するのは陽光が激しすぎるせいで、
水やりが葉表面の水切れに追いつかないからなんだそうで。
なるべく真夏は直射日光が一日中当たらない半日陰に入れて、
茶変してしまった表の方の葉はそのまま置いておくように、
秋になって日差しが弱まってから取り除く、んだって…(汗)

そんなことで改善するのか…?と思いながらも、
ベランダの日陰になる場所に引き入れ、それまで以上にまめに
水やりと霧吹きを心掛けて待つこと半月。



……アレ?
ほんとに茶変が止まりました………。

それっとばかりに茶変した葉っぱを取り除き、
ようやく出てきた若葉を大事に大事に見守っていたらば。


100930-2.jpg


6月初めに買ったDavid Austin RosesのThe Nunも
また咲いてくれましたよ(;∇;)
他のミニバラもまた蕾をつけてくれていて、
秋咲きがとっても楽しみになって参りました。


スポンサーサイト

おすわり猫、海を越える。 - 2010.09.23 Thu

えらいニュースですぜ、旦那…。


ハローキティ、ドイツのしにせぬいぐるみメーカーとコラボ


……勇気あるな、シュタイフ……。
でもこれ、日本でよりも、香港とか中国の金持ちに売れそうな気がしますよ。
かつて白タグ(シュタイフの限定ヴァージョンの印)が売れまくってた日本ですが、
さすがに近年売れ行き落ちてるだろうしなぁ…。



在日ドイツ大使館のサイトにはこんな写真も。

日独交流150周年記念「シュタイフ・プロジェクト」記者発表会

………大使(TT)
お役目とはいえ、ご苦労様です……。



それにしても先日お伝えした『遙かなる時空の中で3』との
コラボといい、今回のシュタイフプロジェクトといい、
サンリオ、やけに力入ってますね。

いやキティはどうでもいいけど、新千歳にできるという
ネイチャーワールドに行きたいぞ~~、と
夫婦で唸る我が家でございました。



死して屍、拾う者なし。 - 2010.09.21 Tue

買い物から戻ってきたら、マンションのエレベーターで、
小学2年生くらいの少年と一緒になった。


9階のボタンを押したワタシに、彼は突然声を掛けてきた。


「9階に住んでるの?」


…そりゃあまぁ、7階に住んでるのに9階押したりはしないわな。
とは言わず、そうだよ、とだけ答えた。
しかし彼はそれで引き下がらなかった。


「何号室?」


…………なんだこれは ナンパか?


ついにワタシのオカン体質は
小学校低学年をも無意識に誘惑するほどになってしまったのか。

冗談はともかく、さすがに部屋番号まで素直に答える気がなかったので
「秘密。」と言って誤魔化しておいた。
――だが、やはり彼は引き下がらなかったのだ。


「教えてよ……」


断っておくが、ワタシはショタではない。
更に彼は、将来とんだ美青年になるかもしれないが、
今は真っ黒に日焼けして、膝小僧を擦りむいた痕も生々しい、
無邪気そのもののガキンチョである。
だからこんな上目遣いには、負けない。 ←?



そこでつい、悪魔がワタシに取り憑いた。
(いや、手出したわけじゃないってば)
気がついたら、ワタシは彼に向かって、こう囁いていたのだ。



「隠密行動してるから
言えないんだよ…」




ビビりながらもめげずに再び訊いてきた彼は、
公平に見て勇気があったと言っておこう。


「…お……おんみつって、なに……?」


隠密っていうのは、あんみつじゃないんだよ、
秘密でいろんなことを探ってるんだよ、
ともっともらしいことを言おうとしたところで、彼の降りる階に到着。
結局ワタシはまたしても謎のオンナになった。




…そういえば昔、某まこけんさんの息子さんが
チャットでワタシの名前を見て、
「カードキャプターさくら」ちゃんだと
思いこんでくださったことがあったな…。


さくらちゃんは、いまも梅干しのおにぎりが苦手だよ。
ψ(▼∇▼)ψ ウケケ



京都マンガミュージアムと十二段家 - 2010.09.20 Mon

奈良のパワーダウンスポットで精気を吸い取られてきたワタクシ、
翌日はぐったりとして、夫に車に乗せてもらって、
スーパーで買い物するのが精一杯だった。

しかしその翌日にはさすがに回復し、
連休最終日は京都へ行くことになった。
目的は京都国際マンガミュージアムで開催中の
特別展「フィギュアの系譜展--土偶から海洋堂まで」である。

マンガミュージアム、場所はわかっていたのだが、
オタクの殿堂って感じが怖くて、
なんとなく足を向けられないままでいたのだ(-_-;)
朝一番で、御所の駐車場に駐めて、烏丸通りを歩いて下がっていく。

100920-1.jpg行ってみてわかったが、ここは京都市と
京都精華大学による共同運営らしく、
博物館的機能と図書館的機能を併せ持った、
ちょっと面白い空間だった。
展示室以外に、壁面書棚にびっしりと並んだマンガ本は
館内であれば誰でも手にとって読むことができる。


精華大学の研究機関としての機能も兼ね備えているので、
様々な研究結果も一般向けに展示されている。
今回、ロビーには公開間近の『大奥』の映画パネルと、
よしながふみさんの原画(!)が展示されていた。
…やー…やっぱ原画って美しいわ……と感動。
特によしなが女史の場合、空間が生きているので、なお素晴らしい。

肝心のフィギュアだが、ちょっと無理矢理っぽい土偶と埴輪から、
雛人形、ビスクドール、こけし、リカちゃんバービータミーちゃんにジェニー、
ソフビ人形やらマジンガーZの超合金、グリコのおまけにキン消しまで、
フィギュアの潮流と位置づけられたものが展示されていた。
面白いっていうより、なんか懐かしくてついエキサイトしていたが、
同時に見学していたオタク青年たちは
キン消しにしか反応してなかったなあ…(-_-;)

海洋堂コーナーは圧巻だった。
といってもワタシはアニメフィギュアには興味がないので、
専ら食玩やら映画・人形劇ものに没頭していたが。
ことに素晴らしかったのが、NHK人形劇「三国志」のフィギュア。
先日、人形師の川本喜八郎が亡くなったのは残念だったが、
彼のあの美しい人形たちを見事に縮小再現した15cmほどのフィギュアは
何度も見とれるほどだった。

あと、うちにもあるミニチュアアンティークミュージアムだとか
アリスのティーパーティだとかも展示されていて、
小規模ながらも楽しめる展示であった。



展示を見終わってしまうと、館内の漫画を読むのでもないから、
さっさと撤退しよう、とロビーへ降りたら、10人ほどのフランス人の団体がいる。
みなさん人品卑しからぬ、スーツを召した小父様小母様。
フランスでは日本アニメブームが吹き荒れて、OTAKUもいっぱいだからねぇ、
とは思うが、なぜ小父様小母様…?
と首を捻っていたら、彼らが一様にミュージアムショップにたかって
買い漁っているのは、なんと

エヴァンゲリオン
のフィギュア。


…どうやら学会か会議かなにかで日本に来ることになって、
子供や孫たちからせがまれたと見える。
ワタシはエヴァはまったく知らないのであるが、
綾波レイとかアスカ・ラングレーだとかのフィギュアの箱を
いくつも買っていくのは、このユーロ安の最中、大変だろうねぇ…(-_-;)



100920-2.jpg
そんな彼らを余所に、何も買うものがなかったワタシたち、
(例によって欲しいものは売ってない…)
ちょっと早いがお昼ご飯を食べに、烏丸御池から烏丸丸太町まで歩き、
丸太町 十二段家へ。
開店15分前には到着したというのに、すでに店内は満席。


100920-3.jpg典型的京町家の店内は、1階部分に座敷席が3つ、
テーブル席が2つ。
2、3階には個室があるそうだ。

上がり框に座って待つこと40分。
膝と腰が弱いワタシには有難いことに、
運良くテーブル席に案内された。



100920-4.jpg

"水菜"セット。
ふんわりで優しい味のだし巻き、
柚子の風味が美味しい野菜のあんかけ、
7種類も盛り合わせた香の物、
生麩の赤出汁、そしてご飯はおかわり自由。
地味だが美味しくてお腹とココロに優しいお昼ごはんをいただいた。

ただ、ワタシたちより前に入っていた家族連れの、
二人の子供たちが行儀悪く板敷き床に寝そべっていたり、
フラッシュを焚きまくる観光客がいたりして、ちょっと哀しかった。

ご飯食べてるひとがいるときは、ちゃんと座ってなさい!
親は叱りなさい!
食事所ではフラッシュ炊くな!!!(炎◇炎) ←ちょっと…?



この後ちょっと烏丸通りを下がって
Creme' de la creme'へも行きたかったのだが、
歩き疲れか怒り疲れか、はたまた一昨日のパワーダウンがまだ効いているのか、
そんな元気はなく、そそくさと駐車場へ戻る。
十二段家のお隣の、実家御用達茶店・御所之園茶舗もお休みだったしね…。


帰りに京都に来た時の定番、森嘉で豆腐を買い込み、
近くの甘春堂 嵯峨野店で麩饅頭を購入♪
京都に行った日の晩ご飯は、たいてい湯豆腐なのである。

100921-1.jpg 100921-2.jpg

そんなわけで、夕食はその湯豆腐と、
地元デパートで手に入れた萬歳楽 白山 特別純米
真澄 山廃造り 二夏越し
白山は厳しく主張のある酒、真澄山廃はまぁるい酒だった。
お豆腐には真澄の方が合うかな~などと言いながら
本日も酔っぱらって候。


パワーダウンスポット - 2010.09.19 Sun

前々から奈良の三輪山麓にある大神(おおみわ)神社に行ってみたいと思っていたのだが、
この連休中に夫が連れて行ってくれることになった。
ワタシは某ゲームの絡みで調べてみて行く気になったのだが、
近頃この場所、妙にTVや雑誌などで紹介されている。

なぜかというと、三輪山が昨今流行りのパワースポットとして
注目され始めたからなのだそうだ。
その効果のほどはあまり期待していなかったが、
単純に古代史スキーとしては一度は行っておかねばのう、と
足を向けることになった。

高野山の麓にある夫実家の墓から、そのまま奈良吉野へ走り、
そこから北上して橿原神宮のある橿原市を越えて桜井市へ。
「香具山は 畝傍愛しと 耳成と 相争ひき 
 神代より かくにあるらし 古も しかにあれこそ
 うつせみも  妻を争ふらしき(万葉集巻一13)」
という中大兄皇子の歌で有名な大和三山をを横目で見ながら走ると
神山三輪山が迫ってくる。



100919-1.jpg
…なのにまず素麺食べに行ったのは何故だ。
いやだって、すんごい暑かったんですよこの日(-_-;)
そして墓参りの後、お昼どきでお腹も空いていた。
素麺処森正は二の鳥居手前を左に折れてすぐにある。



100919-2.jpg 100919-3.jpg 100919-4.jpg

お庭は白萩紅萩が咲き始めていて、綺麗に整えられていた。

食事は庭手前の屋根付きスペースでいただく。
本当はにゅうめんを食べたかったが、あまりに暑いので
普通の冷やし素麺と、柿の葉寿司にした。
んまい……。



100919-5.jpgさて気を取り直して神社へお詣り。
大神神社は大和国一宮・旧官弊大社で、
大物主大神(おおものぬしのおおかみ)を祀る。
御神体は三輪山そのもので、かつては神域、禁足山であった。
今は摂社の狭井神社で許可を得れば登ることができる。


大物主てのは、蛇の神様でございますが、
蛇というのは洋の東西を問わず、性的なものを象徴するようで、
大物主もスケベな神様みたいです。
なにしろ、一目惚れしたオンナにストーカーした挙げ句、
用足し(つまりトイレだな)してる時を狙って赤い矢に変身して
いきなり飛んでいって陰部に突き刺さった(爆)らしいんですよ…。
…すげー直情男。大迷惑。

まだあります。
別なオンナにいきなり夜這いして、デキちゃったんです…。
身元を明かしてなかったので、彼女の親が心配して、
「今度来たらこれを男の衣に刺しなされ」と
糸巻きから麻糸を出して針に通したものを娘に渡しました。
それがずるずる伸びて行った先が今の三輪山で、
あと三巻分だけ麻糸が残っていたので「三輪」てな名前になった…という。
…よくできてますな。



100919-6.jpgさてそんなありがた~い大神神社だというのに、
いろいろツボに入ってさぁ大変。
まずは摂社(本宮の支店みたいなやつ)である祓戸社の横、
夫婦岩の前にあるこの絵馬掛け。
「プライバシー保護のため祈願主が自らシールを貼っています」
との説明書通り、ご丁寧にも木目柄の保護シートで
文面部分を覆ってある。
ほら、絵馬ってよく「○○市▲▲(氏名)」って書くでしょう。
そのせいみたいなのですが、だったらHNでもPNでもいいじゃん、
と思うのは、罰当たりなネット人種の考えなんだろうか…。

100919-17.jpgそしてその夫婦岩の前の賽銭箱には
「玉子・酒等のお供物を賽銭箱の上に置かないでください」とある。
…お供えに玉子…?と夫と首を捻ったが、そこには紛れもなく玉子。
しかも転がらないようにラップを台にする周到さ。
これは果たしてゆで卵だろうか、それとも生卵…?と
謎は更に深まるのであった。


100919-7.jpg拝殿手前の手水舎の柱には、こんな掲示が。
どうやら神社発行の機関誌らしい。
「毎月内容が新しい」にも笑えるが、なんといっても
神様に一歩近づく情報誌」に噴いた。
…そうか、神様も情報発信しなきゃ、この情報化社会を
乗り切っていけないのね……。


100919-8.jpg……出たよ。
やっぱり日本全国どこの神社もコレなんだろうか。
『花よりも花の如く』だったか、我らが神主・西門さんが
神社グッズ通販を利用していたのを思い出す。
ちなみにワタシは今までにこのロリ入った注意書きを
田辺の新熊野権現こと闘鶏神社、下関の彦島八幡宮
見かけている。
阿蘇の高千穂神社は少し違う、大人ヴァージョンであった。



100919-9.jpg
こちらが拝殿。
一応拝礼を済ませて、とっとと脇道を行く。


100919-10.jpg
しばらく山道を行くと、摂社のひとつ、狭井神社が現れる。
今日の主たる目的は、実はこっちなのだ(笑)



100919-11.jpg
……ここもか。ここもなんか!( ̄▽ ̄;
いやまあ、同じ神社なんだから、当然と言えば当然なんですが。
それにしても、あのフリフリ水玉ワンピのロリキャラ、
いったい誰がデザインしたんだろう…。


100919-12.jpg 100919-13.jpg

大神神社は、大物主の和魂(にぎみたま)を祀っている。
対して狭井神社は荒魂(あらみたま)を祀っているのだが、
ここには万病に効くとされる「薬井戸」があり、その湧き出る水は
「御神水(ごこうずい)」として尊ばれてきた。
そのため、ここは疫病鎮圧の信仰を集め、製薬会社の寄進が多い。
灯籠なんかに書いてあるわけですよ、有名製薬会社名が(笑)

そして大神神社全体の御神体である三輪山への登山許可を出すのも、この狭井神社。
内部は撮影禁止どころか、カメラの持ち込みさえ禁止らしい。
300円払って3時間以内に登って降りてくる、という規約があり、
しかも登山許可は14時までしか出ない。
残念ながらここに辿り着いた時には、14時だったので諦めた。
…ほっ、ほんとだもん!過ぎてたから諦めたんだもん!
登るのサボったわけじゃなくてっっ!(汗)

ていうかね…。山内飲食禁止、トイレもなし。
それではトイレがめちゃくちゃ近くて、水切れたら斃れるワタシは
絶対登れませんて……(-_-;)



100919-14.jpg 100919-15.jpg

で、これがその御神水の薬井戸。
まあなんだか妙なオブジェを通って水を供給しているのだ。
しかも持参のペットボトルの洗い場と、水汲みインストラクションつき。
ワタシも持っていた500mlペットを洗って、中にありがた~い御神水を詰め、
ちょっと飲んでみたが、ごく普通の軟水だった。
持って帰ってコーヒー淹れてみよう。



大神神社を後にしたワタシたちは、近所のスタバへ(^^;
いや実はね、この後橿原神宮にも詣でる予定だったのだが、
暑さでワタシが参ってしまって、あの広い境内を歩いて
行って戻ってくる自信が全くなかったので、急遽中止にしたのであった。

スタバで涼んでちょっとのんびりしてから、
柿の葉寿司を買いにヤマトの桜井店へ。


100919-16.jpg奈良の柿の葉寿司といえば全国的にはたなかが有名だが、
奈良・和歌山あたりではこのたなかとヤマトが二大勢力で、
どっち派か、なんて論争もあるようで(笑)
亡くなった義母とワタシは断然ヤマト派だった。
「酢飯が絶対ヤマトの方が美味しいですよねっ!」と力説して
義父や夫に笑われたことがありました…(TT)



ま、そんなカンジで、暑さにヘタレて、
橿原も三輪山も消化不良な一日でした。

…おかしい。
パワースポットに行ったはずなのに(-"-)



やさしいおとこ ぱーと2。 - 2010.09.18 Sat

もし、今と違う性別だったら、
どんなひとになってみたいですか……?



――ワタシがもし男だったら。



優しくて人当たりがよくて陽気で、でも寂しがりやで甘えん坊で
金持ちで気前もいいけどどこか陰があって
女の子大好きで、でも男友達もいっぱいいて、
センスがよくてサプライズが上手で人を喜ばせることが大好きで、
人を揶揄うのも韜晦ほざくのも大好きで、
気が利いて口が巧くて甘い言葉をいっぱい垂れ流……もとい囁いて、
「君のためにあの夜空の星をすべて贈りたい」とか
「君は私の心を丸ごとどこかへ攫っていってしまったのだよ」とか
クサ~いことを口走っても様になる適度な美少年または美青年で、
声も甘くて口当たりのよい(←?)カンジで、
キスが上手くて若いクセに妙にエスコートが上手で





んでも歴代の彼女からは


「さくらくんって、
 やさしすぎるんだもの…」


…とかワケのわからんことを哀しそうな笑顔で言われてフラれ続け、
結局モテそうな外見の割りには現在彼女いなかったりもする。







そんなオトコに、
ワタシはなりたい。














……該当男子に微妙に心当たりあっても、
知らんぷりしてくれたまえ。
武士の情けだ(TT)




やさしいおとこ。 - 2010.09.17 Fri

「優し過ぎて疲れる男」と思われる行動9パターン(スゴレン)

…これって"優しい"の…?
ワタシの目から見ると、優しいんじゃなく"鬱陶しい"男にしか思えないんだが。

「昨日、話していた男性は誰?」と些細なことを詮索する」
「女の子の機嫌が悪いときなど、謝る必要がないのにすぐ謝る」
「「君のためを想って・・・。」と恩着せがましいことを言ってくる」
…こんなのはもう、問題外ですね。

「一通一通長いメールを送る」のは、親密度によって
ウザイと思うか嬉しいと思うか判断が分かれるところだろう。
でもどちらかというと、女性の方がメールは長くなりがちなんじゃ
ないですかい…?
内容に意味があるかどうかはともかく(爆)

「とくに用事がなくても毎日何回もメールを送る」のは、
内容にもよるよねぇ。
うちの夫なぞ、子供みたいな一文節か二文節のメールばっかりだ。
「おなかすいた」「つかれた」「んだー(←文節?)」
…ええもう、毎日楽しゅうございますよ。

「「何したい?」「どうする?」と女の子の希望を聞きすぎてしまう」
これはねえ、別にどっちでもいいというか。
どちらかが行動を決めなきゃならないというものでもないだろうし。
男の子が決めてくれなくちゃ、的にお任せしっ放しの女もワタシは苦手。
ましてそれを女同士でやられると更にウンザリ(-_-;)

「ちょっとしたことで「どうしたの?」と心配してしまう」
ちょっとしたこと、がどの程度のことなのかにもよるけど、
これって優しいんじゃなく、自分が不安に思っていることを
実際に不安定な状態でいる相手に押しつけて解消しようってんでしょ。
「だいじょうぶよ」のひと言を聞き出して、安心するパターン。
一度や二度ならまだしも、何回も聞いてくる人間(男女問わず)の
どーこが優しいってのよ。
「だいじょうぶ」と答えるにもパワーがいるんだよ…。



でも、これは優しさというか、思いやりとか愛情の発露なんじゃないのか?
と思えるものもありました。


「女の子に対しての不満など、言いたいことをハッキリと言わない」
ウジウジして自分の行動を示さない、他人任せで流されてばかり、
なんてのは優しさじゃないですよね。
でも、反面、言いたいことをすべて口にするのは、正直かもしれないけど、
大人の社会生活においては、決して利口なやり方ではないと思います。

「好きになってもらうために、たくさんのプレゼントを贈る」
これは、贈られる側が相手のことをどう思っているかによって、
重さが変わってくる気がします。
プレゼントの内容にも拠るかな。
ワタシは広義の「プレゼント」を贈ったり贈られたりすることは
否定もしないし嬉しいです。
いつも高価なモノばかりだったり、いつも同じモノばかりだったりすると
物だけでつなぎとめられてるんだろうか、と思うけどね。

素敵な景色を見せてくれる、綺麗なものや面白いものの写メール、
突然お土産にコンビニプリン、寒いときに温かい缶コーヒー、
そんなものがすごく嬉しい。

…まあ、恋愛未満の時代には、
黙って上着貸してくれるだけで嬉しかったりするもんですけどね(笑)



やっぱり紙が好き♪ - 2010.09.16 Thu

…あ、いや、こないだから三谷芝居のタイトルのもじりが続いてますが、
お気になさらず。
意味はないです、ホントに(^^;



ワタシは自他共に認める買い物好きだが、
決してのべつまくなしに買っているわけではなく、
心の琴線にビビッと触れるものしか買わない


……ようにしている(-_-;)


たまに限定品だの半額だのという煽り文句に負けて買い込んでしまい、
タンスの肥やしになっているものも、ないわけでもないのだが。

といっても、基本的にはやはり、使わないものは買わない。
というか、死蔵しているだけでは"モノ"というのは役には立たないのだ。
いわゆるantique(製造から100年以上)もjunk(それより新しいもの)も、
買ったりもらったりした以上は使うことにしている。
…インテリアとして使うか、日用品として使うかはモノによって違うが。
使わないものを置いておけるほど、うちは広くないのである。

…とかなんとか言っちゃって、我が家のその死蔵品の多さたるや、
夫が溜息混じりに「お棺に入れてあげるから、あの世でやんなさい」と
イヤミを言うほどには貯まっている…んです…よね……



さて、そんなワタクシが昔から、国内海外を問わず、
旅行先で必ず買い求めるのが
絵はがき・便箋・ラッピングペーパーなどのたぐいである。
要するに紙モノ。
和紙と洋紙のどちらも好きなので、我が家にはそうした紙が
あちこちに散乱しているワケですが。

100916-6.jpgまずラッピングペーパーとリボン・テープ類。
何かを差し上げるときにはほぼ自分でラッピングする。
最近は他人様にプレゼントをする機会が減ってしまったため、
現在のストックはこれだけしかないんですが(汗)


ちなみにリボンはそれでも多すぎて出していないが、
ここに写っているのはチロリアンテープ。
ドイツやイギリスで買ったものだが、出番がなくて可哀想なので、
なんちゃってカルトナージュでもやるか~などと思っている。
…思ってるだけでなかなかやらないのがワタクシであるが。



ついで絵はがき。
400枚入り葉書ホルダー、めくり難いのと裏面が見えないのが理由で
両面には入れずにいるから半量の200枚だが、そのホルダーが現在7冊。
まだ収納し切れていないものも合わせると、
合計2000枚は軽く越える。
名所旧跡の、いわゆる記念葉書は少なく、ほとんどが絵画である。

100916-5.jpgしかも内容は、ラファエル前派とキリスト教美術と
アール・ヌーヴォーが80%を占める。
これは謂わば画集の代わりで、高くて重くて好きなモノ以外も
いっぱい載っかっている邪魔っけな画集や絵画展カタログよりも
ワタクシだけの世界に浸っていられる(* ̄m ̄*)




そして便箋とグリーティングカード。
PC導入でここ十五年というもの、紙に字を書くこと自体が激減してしまったが、
それでも綺麗な便箋を見つけると、ついつい手を伸ばしてしまう。
モチーフとしては花が好きで、といってもどんな花でも
どんなタッチでもいいわけではなく、
ワタシなりの拘りや好みがはっきりしている。
あとは、美術館で売っている名画をモチーフに取り入れた便箋類ですな。
これもラファエル前派やラファエロ、アール・ヌーヴォーが主体。



しかし実はワタシの一番の宝物は、
夫がロンドンで作ってくれたSmythsonのレターセットである。

100916-3.jpg


サイト本編巴里日記の1997年3月7日の項に書いたが、
以前からワタシのSmythson好きを知っていた夫が、ロンドンで語学研修中に
自分でデザイン・紙を選んで注文してくれたのである。

いきなりニューボンド・ストリートにある憧れのスマイソン本店に
連れて行かれたワタクシ、しばし呆然としてしまったが、
手にした便箋のなんとも言えない手触りに感動し、
パーソナライズされた高揚感にうるうるしちゃったのである。



――それよりなにより。
今でも決して安くはないが、当時のワタシたちにとっては
敷居も高いし値段もお高いこの店の、奥の顧客テーブルに座って
まだ若かった夫がたぶんパリパリに緊張しながら、
一生懸命選んでくれたことが微笑ましくも嬉しくて、
そっちにも感動したことは言うまでもない。





……どや、ええ話やろ?





万が一火事になっても、
これだけは持って逃げよう………。




新選組! - 2010.09.13 Mon

100913.jpg


…ではないんだけどさ。


今秋のFrench Blue Meetingで販売予定のクマちゃんたちを
ただいま絶賛制作中なのだが、
そのBGVにNHK大河ドラマ『新選組!』のDVDを流しっぱなしにしているのだ。

だいたいビーズ作業の時はDVDかドラマCDを流している。
なんでか音楽じゃダメなんだよねぇ。
歌っちゃう方に気が廻るからかしらん。
不思議とVを流しながらだと作業がはかどるのだ。

ただし、字幕スーパーの映画なんかはダメ(TT)見ちゃうもん。
だからせっかく手に入れたけど、ショーン・コネリー小父様の
『薔薇の名前』はまた後日、じっくりゆっくり腰を据えて観るのです♪



このクマちゃんたちが新選組だとしたら、
一列目真ん中のイタリアンカラーが近藤勇、 右の青いのが芹沢鴨、
左のフランスカラーのが土方トシちゃんかなぁ…。
なんぞとにやにやほくそ笑みながら制作を続けております。

現在13体目。
一日だいたい2体できるんだが、あと12体くらいは作りたいものです。


…しかし………う、売れるかな……(汗)



Someday my dream will come true ! - 2010.09.09 Thu

100909.jpg


発売翌日に、成城石井にて発見。
夫が物欲しそうに見ていたので、2本ほど購入しました(笑)


うん、味はさすがにYEBISU。
シルク(白)ほど印象も薄くないし、上品なお味はまぁまぁなんじゃない?

でもワタシはこれを飲んでしみじみしてしまいました。
そういえば2006年1月8日の雑記に初代飛鳥との偶然の遭遇を書いたことがあったのです。




「飛鳥II、乗りたいなあ…」
「………見るだけでガマンしてください」



さりげない夫のツッコミも、酔っぱらっていたのでスルー。
死ぬまでに一度は豪華客船で優雅なクルーズを楽しみたいものです。
それまでは、船内限定ビールで雰囲気だけ味わって待っていよう。
いつか叶えられるはず。
いつか叶えられるはず。




PremiumヱビスASUKA CRUISEまろやか熟成




ありがちだよありがち - 2010.09.08 Wed

ひっさびさにgooランキングネタですが。



goo ランキング
親からのメールにありがちなことランキング
1改行されていない
2絵文字の使い方がおかしい
3句読点がついていない
4件名が入っていない
5メールで質問をしたのに、それに対する答えが書かれていない
6位以降を見る
(C) NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.


うん、あるある。
どれもあるよね。
……でもさ。



――一切変換していないひらがなだけの文章、ってのは
他にいらっしゃいませんか…?(-_-;)





ぼんぼんばかぼん - 2010.09.04 Sat

買い物に出かける途中、夫がレンタル屋でCDを借りてきた。
へー、と言いながら車のCDデッキに突っ込んだら、


♪Bon Bon Bakabon
 Bakabon-bon♪



と、ボサノバのリズムが流れてきた。
――ものっそオシャレに( ̄▽ ̄;


お気づきの方もいらっしゃるでしょう。
そう、SUNTORYのビールテイスト飲料ALL-FREEのTVCM
で流れているアレ。アレですよ。

歌っているのは、知る人ぞ知るけど、知らない人は知らない、
日本でしか売れてないフランスの歌手Cle'mentine(クレモンティーヌ)。
他にも『男と女』(しゃーばーだーしゃばだばだ、しゃばだばだ、ってアレ)
なんかがCMに使われてますね。

夫が借りてきたのは、この曲を含め、
日本アニメのタイトル曲ばかりをカバーした
「Animentine~Bossa Du Anime/Cle'mentine」だったのだ。

ただ、ALL-FREEのCMでは日本語で「これでいいのだ~」と歌っておりますが、
CDではちゃんと(笑)フランス語で

C'est une famille unie
Une famille de genies
Bon Bon Bakabon, Bakabon-bon
C'est une famille de genies Bakabon-bon

と歌っている。
うん、ほぼ日本語歌詞通りですよ、呆れたことに(爆笑)

――しかしBon Bon Bakabon、が妙にフランス語のBonに聞こえるのは
気のせいじゃないと思う。
彼女はきっと「Bon♪(素晴らしい)」だと思ってるでしょうねー……。



他にも同アルバムには、サザエさんメドレーだとか、
ドラえもんのうただとか、ポニョだとか一休さんだとか、
およそ日本アニメを語る上で欠かせない名作のタイトル曲が並んでいる。
単なる企画アルバムにしちゃ選曲すごいなー、と感心もしたが、
これ、ひょっとしたらフランスでも売れるかもしれない。
日本アニメのOTAKUは、フランスにも驚くほど多いのだ。
でもそういうひとたちは、「やっぱり日本語で歌わなくっちゃ!」
とか言うのかもしれないけど(^^;


そんなことを考えながらカーオーディオを聞いているワタシたちの耳に
鼻にかかった甘い声でオッシャレ~に聞こえてきたのは


Hi! Takecopter


という台詞だった……。








――噴いた。







アニメンティーヌ~Bossa Du Anime~アニメンティーヌ~Bossa Du Anime~
(2010/07/21)
クレモンティーヌ

商品詳細を見る



遙かなるキティの海で - 2010.09.03 Fri

8月半ばだったろうか。
KOEIのネオロマンス公式サイトで妙な記事を見つけたワタクシ、
思わず飲んでいた紅茶を噴いた。


遙かなる時空の中で3×はろうきてぃ スペシャルコラボレーションサイト


……なんですかこれは。

いやまあ、昨今はご当地キティだのけろっぴキティだのと
コラボという名のもとにいろんなのが出てるのは知ってはいたけどさ。
ハガレンのキティまであるそうですね…?



しかし。
しかしね。
なんでネオロマ×キティ?
しかも洋モノ(?)であるアンジェリークならまだしも、
なぜ和モノの遙かなる時空の中で?( ̄▽ ̄;
(以下「遙か」と略)

しかも、第一弾はステッカー販売のみ、
おそらくは一番の売れ筋になるだろう携帯ストラップは
遙かキャラクターソングCDに付属の特典、という形である。

まあ、あざt…いや、お商売上手なKOEIさんのことだから、
きっとその後単体で販売するんだろうけどね……(-_-;)



……それにしてもキティ。
キティですよ。
いやキティちゃん自身は最初に出たときから愛用しているのは、
以前に書いた通りであるから、別にいいんだけど。

でも遙かキティ。
顔と身体が逆転のキティ遙かよりはマシ…?(滅)



遙かなる時空の中で×キティ、異色コラボグッズ登場


愛・おぼえていますか - 2010.09.01 Wed

妹からメールが来た。

マクロスの『愛・おぼえていますか』?って
歌ってたの、誰だっけ?
飯島ナントカさん。



…うん。
飯島、ナントカさんだよね。

折り返し電話をかけて、電話口で二人して

おぼえてい~ます~か~~♪

と歌ってみたものの、名前が思い出せない。


「飯島……愛じゃないよね…」
「飯島直子でもない」


仕方がないので検索してみたが、
ページが表示される寸前に思い出した。


飯島真理だ…っ……!」


電話口で叫んだワタシに、復唱して叫ぶ妹。
電話の向こうで義弟が「あ~そうだった」などと言っているのが聞こえる。


「自分で検索してもよかったんだけど、
 この手の話題は、お姉ちゃんに聞こう!ってことに
 うちではなってるから」


……どういう意味さ(-_-;)
でもワタクシ、『超時空要塞マクロス』は観てなかったんですけど。



――なのに歌だけは歌える不思議。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

いらっしゃいませ

このblogは
さくら通り
の1コンテンツです

今月のオシゴト

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

各記事下部の(CM)を
クリックすると
書込窓が現れます

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

過去ログはこちら

さくらが丘雑記(旧)

ご注意

管理人が不適切と判断した
書込は即刻削除します

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。