FC2ブログ
topimage

2010-10

山手幹線 全通 - 2010.10.27 Wed

兵庫県の山手幹線は、尼崎市大阪府境から西宮市・芦屋市を通り、
神戸市長田区までを繋ぐ一般道である。
戦災復興事業として昭和21年から都市計画されていたが、
住宅密集地であることから工事は進まず、
64年の歳月を経て、ようやく10月24日に開通の運びとなった。


大きな地図で見る

東は尼崎市の、猪名川を超えて大阪側に入ったところから始まり、
カルフール尼崎とコストコ尼崎店の前を通り、武庫川を越えて
西宮ガーデンズ前を通り、JR芦屋駅の北側を通り過ぎてから
芦屋川に突き当たる。
地図では松ノ内町西交差点からコの字型に曲がっているが、
この部分が真っ直ぐになって芦屋川をくぐるトンネルができた。

芦屋川を越えてからは甲南山手や摂津本山を通り、
神戸市に入って王子公園(パンダがいる)前を過ぎて、
南へ降りて春日野道駅横目で見て兵庫県庁前を通り、
最後の長田交差点まで約30km。

長らく尼崎市内から西宮市の東半分くらいまでしか
開通していなかったし、「ヤマカン」はそんなものだと
地元の人間は思っていたのだが、
ワタシたちが近くに引っ越してきてから10年の間に
どんどん整備が進んで、とうとう全通したというわけだ。

101027-1.jpg開通日当日は、夜になって夫と車で走ってみたのだが、
あらためて平日のお昼間に電車と徒歩で行ってみた。
これは芦屋川からトンネルが通っていると思しき部分を
青く着色したもの。
川の下を横切るようにトンネルを掘るのだから
さぞ大変だったろう。


101027-2.jpg
トンネルの出入口の上部分は
公園として整備されている。



101027-4.jpg
公園脇には
徒歩や自転車でも降りられるようなスロープがある。
当然降りてみる。



101027-5.jpg
徒歩でもトンネルはくぐれる。
これがその入口。
夜などは無用心なので、監視カメラも設置されている。



101027-6.jpg
川底の専用歩道は、階段の他に
斜行エレベーターつきで、
車椅子や歩行困難な人でも支障がない。


101027-7.jpgトンネル内はわりと明るい。
ワタシの他にも物見高いひとはいて(笑)
数人が物珍しそうに行き交っていた。
そのうちの二人組のオバサンたちが斜行エレベーターを見て
「無駄なもん作るなぁ」と非難していたのが哀しい。
早くからハンディキャップのある人たちへのサポートが
導入されていた芦屋市なのにねぇ。


101027-3.jpg
こちらが東側のトンネル入口。
向こうの方に見える中層ビル群は、JR芦屋駅前の
ショッピングセンター。


ようやく開通して、車での走行がとても便利になり、
大阪~神戸間の交通渋滞も緩和されるようになったのは嬉しいが、
全通のための工事が進んだ要因として
阪神淡路大震災による区画再整理が大きい、というのが
なんとも切ない気がする。

ただ、住宅街の間に広い道ができたことで、
災害救助活動の利便性が格段に上がったことは、
長い目で見ると、やっぱりいいのかなー…。



ちなみに開通日当日の夜に車で走行してみた
トンネル内走行の様子は、以下の動画をどうぞ。

[高画質で再生]

山手幹線 芦屋川隧道 [SEO対策]

揺れた道、64年後開通 終戦直後に計画「山手幹線」(アサヒコム)



スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

いらっしゃいませ

このblogは
さくら通り
の1コンテンツです

今月のオシゴト

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

各記事下部の(CM)を
クリックすると
書込窓が現れます

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

過去ログはこちら

さくらが丘雑記(旧)

ご注意

管理人が不適切と判断した
書込は即刻削除します

ブログ内検索