FC2ブログ
topimage

2011-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹よ・・・ - 2011.02.28 Mon

ある日の昼下がり、妹にメールした。


「キャラメル玄米チョコバーを囓りながら、
 朝の紅茶の出がらしを啜る…。
 けっこうシアワセな姉ざます」




しばらくしてから、返事が来た。


「"囓りながら"が読めなくて、ケータイ辞書で調べてみた。
 私の予測。

 1位:しゃぶりながら
 2位:むさぼりながら

 3回目でやっと正解、"かじりながら"だったのね。
 いったい私の頭の中はどんな下ネタで盛りだくさんなのか?」




…うん。
おねえちゃんも、そう思うよ。


と、思ったら続きがあった。



「ねねはいかにして、どんな食べ方してんだ!?と思った」




…キミのおねえちゃんに対するイメージは、


しゃぶって


むさぼって


かじって


すする




んだね。


…………………ほう(--) ←報復攻撃思案中





              
スポンサーサイト

ヘンゼルとグレーテルは違法建築の夢を見るか - 2011.02.27 Sun

2月の雑記が少ない、さくらさんったらまさかまたゲームに耽溺?
と呆れ顔のみなさま。


――実はそうではなかったのです。
耽溺したかったのはヤマヤマだったけどさ(爆)


妹が急に手術を受けることになり、
急遽彼女一家の住む埼玉と自宅を行ったり来たりしていたのだ。



こういうのは重なるのか、義妹2まで体調を崩し、
同日同時刻に手術だったのが笑えたのだが、
当人たちは偶然には驚いても、内心はビクビクしていたに違いない。
義妹2の方は婦人科系だったが、まだ若い彼女ゆえにさぞ怯えていたと思う。

ともあれ、オペ前の義妹のお見舞いに行って
談話室であちらの義母上やご友人とお菓子を食べながら
ゲラゲラ笑っていたとんでもない義姉はワタクシである。
当の義妹2も、「今夜から絶食(TT)」と嘆きつつ、
ご友人心づくしの地元絶品スイーツをぱくついていたのは、
たぶん、きっと、オペの怖さを忘れたかった…んだ…と…思う……んだけど……。
そこんとこ、どうなんでしょう義妹2(笑)



さて、一方の妹。
手術自体は簡単なもので、一日でシャバに舞い戻った彼女だが、
術後の経過に不安があり、むしろその精神的なケアのために、
ヒマを持てあm……もとい、時間の自由が利く姉にお呼びがかかったというワケだ。

そして母と交替で埼玉に向かった2月半ば過ぎ。
妹宅マンションでワタシを出迎えてくれたのは、
憔悴しきってげっそり痩せた妹……ではなく、
家に充満する、あんまぁあぁぁい香りだった。


「こないだ子供たちが作ったのよ」


と、満面の笑みで妹がこっそり見せてくれたのは、
ちび太とちび子製作による、お菓子のおうちだった。


110228-3.jpg

「ねねと食べるんだ、って二日ほど食べずに置いてたのよ」


…まぁ。
ねねちゃん感動。


「…でも建築基準法違反倒壊寸前


………それはいけませんな。
耐震性に問題ありですか。


そこでさくら建築調査委員会、
製作当時の現場記録を見せてもらうことに(・_・)


110228-1.jpg建築部材はこの通り。
ほう。こんなパッケージ売ってるのね…。
ウエハースの壁、板チョコの屋根、
接着剤はチョコペン、
エクステリア(外構部分)に利用するのは
キスチョコやマーブルチョコ。


110228-2.jpg建築風景。
基礎部分に柱はなく、ウエハースの合板パネルのみ。
2×4工法にはなってないわけねー(笑)
しかも耐力壁ではないので、いとも簡単に剥がれ落ちる。
そりゃヤバイでしょうこの工法…。
…それはそうと、ちび子のこの角度、
母である妹クリソツで噴いた。



110228-4.jpg

そしてできあがったお菓子のおうち。
手前がちび子、奥がちび太作。
ちび子のは女の子らしく、チョコペンで
フリルだかレースだかを表現している……らしい。


110228-6.jpg
ちび太のはマーブルチョコと小さいラムネ菓子を
緻密にびっしりと並べてある。
…よくこんな根気の要る作業やり遂げたな…。
さすがオタク。
確かに素晴らしい出来映えだが、後側を
こっそり見せてくれたちび太がにやりと笑うそのワケは。


110228-5.jpg

………「バカ」って。



…そういや夫が空耳アワーでやたら「ウ●チ?」と
嬉しそうに聞き返すのを思い出してしまった。


まったく。
オトコノコってどうして、ウン●だのバカだの、
書いたり描いたり言ったりするのが好きなんでしょう。

病み上がりの妹と溜息をつきつつも、
違法建築物破壊および消滅工作に積極的に参加♪
楽しいお茶タイムを過ごしました。




…なーんか、女中に行ったはずなのに、
すんごい楽しい日々だったのよね、埼玉滞在…( ̄- ̄;)




                

節を曲げる。 - 2011.02.12 Sat

みなさま。
今回のヨーロッパ旅行では、この買い物スキーのアタクシが
あまり買い物してなかったことにお気づきでしょうか…?

…い、いや、食器とかクマとかうさぎとか、買ったけどさ(汗)
あれは!あれはうちでは家庭用品だから!!( ̄▽ ̄;←言うかそういうこと

とにかく、買いたいものはそりゃああんなところへ行けば、
山ほどあるんだけどね。
いちおう、我慢もしてたワケですよ。
だってその直前に、どエライ買い物してたもんで(滝汗)



…買わないつもりだったんだよ。
だって所詮紙!紙なんだもの。
…いや正確には紙じゃないけども。

でも夫が店からお手紙持って帰ってきたんだもの…(TT)
この手のことにはなぜか手綱が緩い彼の思惑を警戒すべきだった…orz









……でも、やっぱり嬉しいから。
自慢しますよ?いい…?










110212-1.jpg注文したのは昨年10月2日。
「お待たせして申し訳ございません
 ようやく届きました」
という店の電話がきたのが、2月9日。
…えーえ。待ちましたとも、4か月(TT)



110212-2.jpg

My first Globetrotter。
ヴァルカナイズ大阪店2010年限定モデル18inchトロリー。
本体はsafariと同じクリームホワイト、
濃紺のコーナーに、赤いステッチとブラスの金具。
ホントは21inchの赤いベルト付きと同じデザインがよかったんだけど、
18inchじゃないと機内持ち込みできないからさぁ……。


110212-3.jpg
内張はリバティプリントの"Ianthe"。
はっきり言って最終的に買う決心を促したのはコレ。
ほんっとアール・ヌーヴォーだのラファエル前派だの
好きだわワタシ…。


110212-4.jpg自ら謳うように「The Most Famous Suitscase」か
どうかはちょっぴり疑問も残るところだが。
引き取りに行った時、内張の隅の処理まで
しっかりチェック。
夫曰く「イギリスのオバチャンが張ってるからねー」
  …そりゃそうでしょう。オバチャンじゃなければおっちゃんだ( ̄- ̄;)


110212-5.jpg
この色のコンビネーションに惚れた。
なんてカワイイんだっっっ(* ̄∇ ̄*)
でもグローブトロッターの鍵って、実はけっこう
いい加減なので、セキュリティ度は超低め(^^;



110212-6.jpg 110212-7.jpg

で、これが来ることがわかっていたので、パリのボン・マルシェに行った時、
濃赤タグを見つけて買っておいたんですね。



   わーんカワイイ~~~  \(▽*≦\)~~~~~~~~~(/*≧▽)/



これで赤の分量が増えて、配色バランスがちょっとよくなってきました。
赤いベルトがついてたら、紺色のタグにしたんだけどね。




…そんなわけで、ワタクシ煩悩バクハツなのでした。
抱いて寝る。



                  

…春未だ来たらず - 2011.02.11 Fri

ハトだのイソヒヨドリだのが飛来して、
立春も過ぎたしそろそろ春かなぁなどと思っていた
ある日の朝。


110210-2.jpg

…なんだこれ。
ここに住み始めて丸10年経って、二度目の大雪です。
…いや、このあたりじゃこの程度でも大雪なんだってば(^^;



110210-1.jpg

基本的に温暖な瀬戸内海気候地域では、いくら雪が降っても
樹木に雪がこれだけ圧着して垂れ下がるなんてことは
ほとんどないのです。

しかも7時頃一度起きて見た時は止んでいた雪が
10時のこの段階ではまた降ってきてるし( ̄▽ ̄;



110210-3.jpg
こんなに降るとは思って
いなかったので、
油断して出しっぱなしだった
ベランダのバラたちも
雪を被ってこの通り。

焦ってうっかり手で
枝の雪を払ったら、
しっかり棘が
刺さりました(T▽T)

といっても、この雪、
午後遅くにはすっかり融け
何事もなかったかのように。
日本海側のような
交通機関の麻痺もなく、
穏やかな一日に終わった
紀元節でした。




           

春なの…? - 2011.02.06 Sun

例年より早く、ハトの夫婦が愛の巣を求めて
我が家のベランダを虎視眈々と狙い始めた今日この頃。

 「この物件いいのよねー、防犯よさそうだし」
 「でも日当たりがいまひとつだよ…。
  仔鳥(こども)たちには陽の光を浴びさせたいよ」
 「あら!ワタシここ気に入ったんだもの!
  お産はオンナの一大事なのよ!快適でなくちゃ♪」

…なんぞと言いながら?うろうろしているヤツらを
見つけるたびに追い出すストレスてんこ盛りな日々が、
始まろうとしているのねぇぇぇ(T▽T)



と、格闘していた折も折。

窓際の定席でPCをいじっていたら、視界の隅を横切った黒い影に、
ワタクシ、ムッとしながら立ち上がった。
――また来おったな、ハトどもめ(-"-)



ところがそれはハトではなく、
やはり春になると我が家にやってくる鳥たちのうち、
いちばんいい声で鳴く、イソヒヨドリちゃんだったのである。

110206-1.jpg


おなじ鳥でも、なぜかこのイソヒヨドリは、
綺麗な声でちゅぴちゅぴチチチとさえずってくれるし、
警戒心が強いから長々と居候もしないので、
ちょっとくらい居てくれてもいいわよ、という気になる(笑)




……でもこの子、雌だから、あまり鳴かないんだよね……。
雄みたく綺麗な羽もないしさぁ…。



110206-2.jpg

「なんか文句ある?」



                    

派手なオンナ。 - 2011.02.04 Fri

急用で、真夜中の高速をひた走り、埼玉の妹のところへ行った。
朝早くに彼女の家に到着して、コートを脱いだらば。


すかさずちび子のチェックが入った。


「……なにこれ、ねね…」


なにって、コートですが。


「この裏地だよ!」


…裏地……。
実はワタシが去年買ったダウンコートの裏地は豹柄 でして。

関西人のオバチャンだから豹柄が好きなんだろう、と思ったキミ。
そうじゃないんです。

決して豹柄が好きで買ったわけではなく、むしろ好まないのだが、
条件に合うモノを絞った結果残った候補のうち、
裏地以外の条件をすべて備えていたのが、そのコートだったのだ。
かなり悩んで、でも最終的にお値段に見合うものを選んだら、
こうなってしまったってだけで、だからね、好きなワケじゃないんだけどね、
選択肢が少ないから仕方なくてね、えー…と……。


「………ふーん」


ちび子は、いかにも納得しがたい、という顔である。
彼女の母(妹)はサワヤカなファッションを好むので、
柄物はほとんど持っていない。
色目も水色、グレイ、黒、茶、紺、て、
ワタシもそういうの好きなんですけど。
わ、わかってくれるかなぁ…。



そしてその夜。
結局妹宅に泊まらせてもらうことになり、お風呂をもらって、
部屋に戻ってきたワタシが衣類の整理をしていたら、またしてもちび子が叫んだ。


「……ねね!これいったいなにっっっっ??!」


…なにって……


ブラ ですが。



「なんでこんな派手なのするの!
 おかあさんはグレイとかだよ」


…えーと。
ワタシがしていたのは、黒地に真っ赤なバラの刺繍が入ったものでした。
いや、あのね、これもいろいろ事情がね…。

他人様よりかなり大きめの胸をぶら下げているワタクシに合うサイズは
あまり選択肢がないのだ。
サイズだけならまだしも、女性なら経験があるかたもおありと思うが、
ものによっては、ボーンの当たりが痛いとか、肩紐の付け位置が合わないとか、
カップがハーフだとかフルだとか、いろいろ好みがあるじゃないですか。
それで選ぶと、必然的に選択肢は減るわけで…。



「………ふーん」


……またしても不審そうなちび子。
しかし風紀委員のチェックはそれだけではなかった。



「ねね!なにこの ツメ!

 切りなさい!」


……いや、あの……。





彼女の中ではきっと
ねねは、ものすごーく派手なオンナ、という印象が
刻まれてしまったに違いない……orz




姪に叱られるのはまだしも、
嫌われるのは勘弁、と本気で泣けてきたバカ伯母でした(TT)



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

いらっしゃいませ

このblogは
さくら通り
の1コンテンツです

今月のオシゴト

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

各記事下部の(CM)を
クリックすると
書込窓が現れます

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

過去ログはこちら

さくらが丘雑記(旧)

ご注意

管理人が不適切と判断した
書込は即刻削除します

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。