FC2ブログ
topimage

2011-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンテナ活動中 - 2011.03.31 Thu

           
震災後、被災地から遠くに住んでいるとはいえ、連日の悲惨な映像報道に
ガラスのハートのさくらちゃんも、ちっとばかし参っている今日この頃。

――それでもなのか、それゆえなのか、やはり人間というのは
笑いを求めるものらしく。
…………って、ワタクシ限定かもしれないが。



つい、目がイっちゃうのよねぇ、妙なモノに。



110331-1.jpg


これは先日mixiのつぶやきでもご披露した、
ガソリンスタンドの洗車機横の料金表。
撥水洗車とていねいな撥水洗車があるらしい。

…はて。
じゃあ、両者の違いはなんなんだろう?
ていねいじゃない撥水洗車って、どういうの?
そう呟いたワタシに、ケロリと夫は言った。


「いい加減な撥水洗車」


――妙に納得。



110331-2.jpg


うちのマンションに張り出された告知。
ふむふむ。義援金募集ね。

しかしそれをアピールするのに、
赤星選手の「ボランティアは生涯現役」はまあTVCMでもやっているから
それなりにアピール力はあるんだろうけど、
論語持ってくるってのはどーなんだ(^^;
いや、一般的な意味は確かにこれでいいんだろうけどね…。
募金ってのは、強制力があっちゃいかんのよ。
あくまでも自発的なものじゃないと。
やらない人間を非難するような文言はどうかと思うんだけどなぁ…。

と、思ったが、上にある文章を見て、思わず噴いた。


「あなたのボランティア人生に彩りを…」


……まあ、なんというか、彩りであろうがなんだろうが、
被災した方々には同じお金だから、いいけどね……。
なぜかため息つきたくなった。



110331-3.jpg

そしてコレ。
先日京都で土産物屋の前を通りがかって見つけてしまった。


…うん。
たしかに面白い。

だけどいいのか…?
いいのか大阪!これで!(T▽T)


                




スポンサーサイト

チョコレートは、めっいっじっ♪ - 2011.03.28 Mon

会期終了間近の「ウィリアム・モリスとラファエル前派展」を観るために、
慌てて京都へ向かった土曜日。
ほとんど乗ることのないJR京都線の電車が、高槻駅に近づいたその時。
ワタシの視界いっぱいに広がったのは、甘美で麗しい茶色の世界だった。



110327.jpg




…ナンデスカコレハ…。


呆然とするワタシに、隣に座った夫が呑気な声を上げる。

「あー、チョコレートね」

そう、ここは明治チョコレート高槻工場。
その外壁を覆っているのは、同社の主力商品である
板チョコレートを模したプレートだった。



満員電車の中、ひとり騒ぐワタシに、周囲の目は冷たい。
…そりゃ皆さんはこの路線に乗り慣れて、
毎朝のように見慣れた光景でしょうけどぉ~…(涙)



でもでも、夫も知ってたのねっ!(;∇;)


「前に出張行く時、通ったから(´・_・`)」


なんで教えてくれなかったのよぅ~!
こんな

いいネタ!! (そこか)



当たられた夫はいい迷惑とばかり、
うんざりした顔で、「帰りに撮りなさい」と呟いた。
だから最初に挙げた写真は、帰りのです(T▽T)



工場を覆う板チョコ? 明治製菓が巨大看板 大阪(asahi.com)


            

iPhone App - 2011.03.25 Fri

iPhone Appとは、iPhoneで使用可能なアプリケーションソフトのこと。
スマートフォンは、こうしたアプリを端末にダウンロードし、
使いやすいようにカスタマイズする。

…だからね、あなた方には無理だってば、おとーさまおかーさま(~_~;)

実家には代々我が家のお下がりPCがいくのだが、
彼らがそれを使うのは、せいぜい二角取り(麻雀牌の数合わせゲーム)か、
ゴルフ場の検索程度である。
Google Mapとなるともうお手上げで、
「おーい、○○カントリーの地図出してくれー」だの、
「○○クラブのコースレイアウト出してくれー」だのとお呼びがかかる。
その都度、優しい娘は綺麗にカラープリントしたコースレイアウトを、
クリアファイルに綴じたり縮小コピーしたりして届けるハメになるのだ。

そんなあなたたちに、iPhoneが使えると思って?
…高飛車に聞こえるが、これは娘のため息である。

しかし実は、父(母に至っては「ぱそこんの電源、切れないの」レベル)
には秘かな野望があるらしい。
ゴルフ場で携帯電話を取り出し、スマートにコースレイアウトを呼び出したいのである。

もちろん、携帯電話の機種によっては
そうしたソフトを有料で使用できるものもある。
が、彼はそれを「タダで」「見やすく」見たいと言うのだ。
…んなもん、今持ってるら●ら●フォン程度の機能でできるもんかい(-_-;)

そういうと「じゃあiPhone」とか言うし(泣)
いやまあ、確かにAppにはコースの測定機能までついたものもあるけどさ。
バージョンアップを要求された時に、絶対自分じゃできないでしょ…。
というか、あれはほとんど小型のPC端末なんだからさ、
大きなPC使えない人が触れる
シロモノじゃないですってばさー(T▽T)

第一iPhone、夫やワタシでさえ読むのが困難な場合があるほど、表示が小さい。
TVCMでやっているように、大きく表示できるものもあるけれど、
できないものも多いのだ。
さすがに老眼の進行度合いで我々より遙かに勝る両親に解読可能とは思えん…(TT)

そろそろ金婚式も間近な両親に、子供たちが考えている
お祝い候補のひとつに、iPadがあるのだが、
それすらよくよく機能と彼らの操作能力を考えてみると
躊躇せざるをえないくらいなのだ。
まして小さなiPhone。
……いやまあ、買いたいなら買ってもいいけどさ……( ̄- ̄;)
実は子供たち全員、先行きに不安を感じて、こう叫びたいのである。

…お願い、パパ、ママ。

諦めて(T▽T)



て、書いたこの雑記、実はFC2ブログのAppを初めて使用。
今まではiPhoneで書く時も普通に都度ログインしてたけど、これはそのまま書き込め
るから便利ザマスよ~♪

         

STOP THE HYSTERIA - 2011.03.22 Tue

    
――もうね、すごいらしいです。

日本在住の外国人の中にも、慌てて脱出(ってとこがもうすでになんとも)を図る人や
日本への渡航便の乗務を断ったというパイロット氏の話は聞こえておりますが
現地での狂乱ぶりも相当らしい。

そんな中でも、耳にする限りでは、
冷静な在住外国人の方たちも多数おいでになる。
ラモス瑠偉氏(彼は帰化してるから日本人ですが)も、
ちょっと落ち着けと怒ってたし(笑)
こういう方たちがいてくださるのを、心強く思います。

そんな中で友人から教えてもらった、ドイツの経済誌編集長と
かの東北在住ダニエル・カール氏のリアクションをご紹介します。
(追記:ダニエル氏、現在は世田谷在住でした(^^;シッパイシッパイ)


◆ドイツ『週刊経済』誌 編集長 Roland Tichy氏のメッセージ

Katastrophe in Japan
Liebe japanische Freunde


親愛なる日本の皆様へ、

この場をお借りしまして、被災者やそのご友人、ご家族やご親戚の方々、ならびに在独邦人の皆様にもお悔やみを申し上げます。また、この百年に一度と言われる大災害に対するドイツの世論の反応を大変恥ずべきものと考えています。何十万もの人々が家を失い、雪と寒さの中で行方不明の方々に思いを馳せては悲しみに暮れ、また数百万もの日本の方々が放射線の危害に怯えて暮らしています。

ひるがえってドイツはといえば、政府が非常事態を宣言しているのです。しかし非常事態なのはむしろドイツ人の頭の中ではないでしょうか?ヨウ素剤や放射能測定器を買いに走る人がいるかと思えば、テレビではぬくぬくと暮らしている視聴者に向かって、まるでこの世の終わりであるかのように煽りたてています。しかし実際に災害現場で起こっていることを考えると、これらは馬鹿にしているとしか映りません。

いやらしいことに政治家たちはこの迫りくる核災害をいいことに、党利党略に走っています。同じドイツ人として日本の皆様に申し訳なく思いますが、同盟90/緑の党のクラウディア・ロート党首は、デモ行進の人達の列でわめき散らし、次の選挙には勝ったも同然と内心ほくそ笑んでることでしょう。しかしそれはまだ行方不明のままの犠牲者を冒涜する行為であり、被災者の方々のことがすっぽりと頭から抜け落ちているのです。

また、日本の首相から直接情報が上がってこないといって苦言を呈していた大臣がおりました。これについても申し訳なく思います。これだけドイツの世論が敏感になっているのに日本政府が構っている余裕があるとでも思っているのでしょうか。さらにこうしたドイツの恥ずべき姿に拍車をかけたのが日本に向かった救助隊でした。成田空港で迎えが来なかったといって、すぐに引き返してしまったのです。所詮は同情ではなく旅行気分だったのでしょう。メディアも憶測と事実を混同し、はなから「チェルノブイリの再来」を吹聴しています。同業者として恥ずかしく思います。こうしてドイツはパニックに陥り、同情し痛みを分かち合い、被災者の方々のお気持ちに配慮することができなくなってしまっているのです。

日本の皆様の冷静沈着さにはつくづく驚かされます。そうかと思えばドイツ国内では狂ったように騒ぎ立てるばかりで、お恥ずかしい限りです。ドイツ人の振る舞いは、まるでしつけの行き届いていない子供の様で、わがままで自己中心的で、はっきりいって無慈悲です。

しかしドイツにはそうでない人達がいることも、どうか忘れないで下さい。彼らは沈黙し、想像を絶する痛ましい光景に心を動かされているのです。そして原発の技術者や自衛隊員の方々が我が身を省みず、最悪の事態を食い止めるため、自らの健康やいのちを危険にさらしているその姿勢を目の当たりにして、深い敬意の念を抱いているのです。

私達は日本の皆様と心を一つにし、上から目線で語ったり、自分達が正しいなどと言うつもりもありません。まして自然災害にどう立ち向かうべきか教えてやろうなどとは夢にも思いません。皆様とともに謹んで哀悼の意を表したいと思います。

ドイツ・Wirtschaftswoche誌 編集長 Roland Tichyより
(訳文:ドイツ木組みの家街道blogより転載)



◆Stop the hysteria/TheDanielKahl(英語です)




こういう方たちがいてくださって本当によかったと思います。
でも、ワタシたちが思う以上に、海外メディアとそれに踊らされた人たちの
狂乱ぶりは酷いらしい、ということに驚愕しました。

チェルノブイリを経験した、そしてその被害を秘匿しようとした
ヨーロッパのいくつかの国の人々は、政府発表は信用がおけないと
思っている方が多いようです。
確かに疑ってみる姿勢は大事でしょう。
しかしそこには科学的根拠がなくてはならないと思います。

海外のみならず日本のTV番組でもそうですが、
原子力専門の科学者を呼んで、「絶対安全とは言えない」という
0%を断言できない科学者としてのコメントを利用して、
「だから危険なのだ」というふうに流れを持っていきたいのなら、
最初から専門家なんか呼ばなきゃいいじゃん。
彼らは0.0000001%(この数値に根拠はないですが)でも
「絶対」であるとは言いません。それが科学だから。

なにがしたいの、誰がそれで得をするの。
被災した人たち、これから被災するかもしれないと怯える人たちに
警戒して備えること以上の「余計な」恐怖を植え付けて、
どうしようっていうの。
――そういうことを考えると、ウンザリしてきます。
大好きな国のことで、ウンザリしている自分も嫌だ。



だからこそ、こうした方たちの心からの言葉を目にすると、
本当に救われる気がします。



           

無事だった…! - 2011.03.15 Tue

このたびの震災とそれに続く津波で、
被害のとても大きかった地域に住んでおられるお友達から
無事だというメールがきたというお知らせを、別なお友達からもらいました。

この大変な時にどうかなとも思ったけれど、矢も楯もたまらず、
そして少しでも気持ちの力になりたくて、彼女にメールをしました。



そして数分後。

「君にメールが来てるよ」

という着ボイス。
彼女が大好きな声優さんの声で設定したメール着信音が鳴りました。



――あらかじめ無事だとわかってはいても、ご本人から直接いただいたメールに、
もらい泣きしてしまいました。

大家族の誰ひとり欠けることなく、ご無事だったそうです。
よかった…。



まだまだ消息の判らない家族知人を思って、
胸が潰れそうな思いをされている方たちもいらっしゃる。
そのひとたちには、心を添わせていこう。
そして、被災された方たちには、一刻も早い支援を。
ワタシに当面できることは、義援金に参加することくらいですが。


                 

東北地方太平洋沖地震 情報ソース(追記あり) - 2011.03.12 Sat

3 月 11 日午後 2 時 46 分ごろ、マグニチュード 8.8


【安否確認】
Google Personal Finder
http://japan.person-finder.appspot.com/?small=yes

NTT緊急用ダイヤル:
171 + 1 + 自宅の電話番号(市外局番からダイヤル)で伝言吹きこみ
171 + 2 + 自宅の電話番号(市外局番からダイヤル)で伝言再生


【計画停電情報】
Yahoo 節電
http://setsuden.yahoo.co.jp/
(東北電力&東京電力管轄地域)


【地震情報】
Yahoo 地震情報
http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/

気象庁 地震速報
http://www.jma.go.jp/jp/quake/

気象庁 各地の地震情報履歴
http://www.jma.go.jp/jp/quake/quake_local_index.html


【災害関連まとめページ】
asahi.com災害情報ページ 
http://www.asahi.com/special/10005/TKY2011

Google Crisis Response
http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html


【東京電力計画停電について】
http://www.tepco.co.jp/index-j.html

グループ分け詳細については、東電HPと各自治体HPにて確認可能。


【ネット上のデマについてまとめ】
http://d.hatena.ne.jp/seijotcp/20110312/p1




********************

いろいろ役に立たないものもありますが、複数のソースがあれば
どこかでなんとかなると思います。
落ち着いて行動しよう、と自戒を込めて。



                   

英国王のスピーチ - 2011.03.05 Sat

観たい映画が目白押し、というシーズンは
実はそうないんですけど。
今春から初夏にかけてははすごいです。
『ツーリスト』、『ナルニア国物語3』、『阪急電車』、
『ブラック・スワン』、
そしてこの『英国王のスピーチ』。
手始めに王様のお話を伺って参りました。


いやもう、素晴らしかった。
大作でもなければ、スペクタクル巨編でもない。
それでもたっぷりと楽しめた二時間だった。

主人公はジョージ5世の次男アルバート王子、
のちにジョージ6世として兄エドワード8世の後継となる人物である。
…そこのお嬢さん。
「王子」と聞いて彼の曾孫ウィリアム王子のような
ブロンドの王子様(ハゲてるけど)を想像してはいけません。
彼の父を見よ。還暦を超えていまだ「王子様(皇太子)」なのだから。
いずれにせよ、我らがアルバート王子がこの映画に登場した時、既に彼は30歳である。

アルバートは吃音症、いわゆるどもり癖に悩まされていた。
王族としてこなさねばならないスピーチのみならず、
妻や子供たち以外の前では言葉がスムーズに出てこない。
子供の頃にナース(乳母)から受けた虐待や、厳しい父王のしつけが原因なのだが、
アルバート自身はそれを押し隠し、日々悩まされているだけだった。

見かねた妻のエリザベス妃が探し出してきたのは、
ライオネル・ローグというオーストラリア出身の言語聴覚士だった。
彼は王子に「友人として対等に接すること」を要求し、
そうした扱いになれていないアルバートを困惑させ、苛立たせる。
しかしやがて彼らの間には信頼関係が成立し、
徐々にアルバートは言葉の障害を克服していく…という筋立て。

こうした彼の成長に、第二次大戦前夜という時代背景が加味されて
なんとも味わいのある作品になっている。


このイギリス映画のもうひとつの味わいは、そのキャスティングにある。
主役のコリン・ファースは主として舞台で活躍してきた俳優で、
アカデミー賞とゴールデン・グローブ賞で主演男優賞を受賞して
一気に知名度が上がった感があるが、
脇役がイギリス映画界の名優たちで占められているのだ。

言語聴覚士ローグは、あれですよ、海賊バルボッサのジェフリー・ラッシュ!
最初、あれこの人絶対知ってる、誰だっけ誰だっけ…と思っていたら
特徴的な鼻でわかった、という(爆)
また良い味出してるんですよねぇこの方が。
ローグは英国上流社会からは、オーストラリア出身であることを侮られるんですが、
ラッシュ自身もオーストラリア人なんだそうで。
ワタシにはイギリス英語とオーストラリア英語の違いは、
あからさまならわかるけど、微妙な部分は判りづらいんですけどね。

アルバートの妻エリザベス妃…つまり後のエリザベス皇太后を演じたのは
ハリポタのベラトリックス・レストレンジ、
スウィーニー・トッドでのミセス・ラヴェット、
アリス・イン・ワンダーランドの赤の女王(秀逸だ!)
チャーリーとチョコレート工場のママなどで
七変化(笑)っぷりを誇るヘレナ・ボナム・カーター。
いやワタシこの人好きでね~。いかにもな演技にいつも
つい嬉しくなっちゃうんですよ。
ジョニー・デップと共にティム・バートン作品が多いのは、
バートン監督のパートナーだからだそうで。

チャーチルを演じたのは、ハリポタのワームテール、
ラスト・サムライの写真家グレアム役で印象が残る
ティモシー・スポール。
見た瞬間に「彼だ!」とわかる役者さんってのもすごいですが(笑)
いかにもイギリス舞台俳優って感じですが、
ロイヤル・シェイクスピアの出身だそうです。

あとやっぱりマイケル・ガンボンかなぁ。
二代目ダンブルドアです。
この方もいかにも英国舞台俳優な発音と演技をするひと。
こちらはナショナル・シアター出身だそうで。



こんな綺羅星のような役者さんたちが、二次大戦前夜という
独特な時代と文化背景で動き、英国上流階級の言葉を話す。
…そりゃもう、ワタシに萌える以外にどうしろと?(* ̄∇ ̄*)

充分以上に楽しませてもらってきました。
あ~おなかいっぱい。





                 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

いらっしゃいませ

このblogは
さくら通り
の1コンテンツです

今月のオシゴト

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

各記事下部の(CM)を
クリックすると
書込窓が現れます

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

過去ログはこちら

さくらが丘雑記(旧)

ご注意

管理人が不適切と判断した
書込は即刻削除します

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。