FC2ブログ
topimage

2011-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいしい日 終章。 - 2011.08.30 Tue

            
そしてお誕生日当日。
週末にご飯食べに行ったし、さすがに今日は何もないんだろうな~と普通にご飯を作る。
ふと、夫は何時頃帰宅だろうと思ってSMSしてみた。

「今日は遅い~?」
「はやいよ。たんじょうびだから」
「わーい♪
  …でもご飯は自作なんだよね(・_・)」
「んだ。
  さけならかって帰るが」
「さけよりけーき!」


その数時間後。
夫からカエルメールがあってからの時間がちょっと長い。
ははぁさては向かいのケーキ屋でケーキ買って来てくれるつもりだな、と
ウキウキしながらドアを開け、マンション外廊下に出たら
ちょうどエレベーターを下りて歩いてくる夫の手には
ケーキと、もうひとつ妙に長いショッピング袋。
なんと結婚当初以来二十年ぶりくらいで
お花を買ってきてくれたらしい。

その昔、まだ派遣ちゃんとして外で働いていたワタシは
慣れない家庭経営と仕事の両立に頑張りすぎて
熱を出したりしながら新婚生活を送っていた。
多少慣れてからも、当時飲み会でも無いのに毎晩午前様で仕事していた夫が帰る頃には、
疲れてうっかりソファで丸くなっていたことも多々あったりしてね。
……今なら「うっかり」なんかじゃなく堂々と寝るけど(・_・)

そんな時、ふといい香りがして目を覚ますと、
至近距離にぬっと突き出されたのは、当時まだお高かった
オリエンタルハイブリットのユリ、カサブランカ。
ワタシはウエディングブーケもこれで作ったほどこの花が好きだったのだが、
夫はそれをたまーに一本だけ買ってきてくれたりしたのよねー(* ̄∇ ̄*)


110830-3.jpg

しかしこのたび彼が下げて帰ってきたのはなぜかヒマワリ。
……えーと、朝ドラに引っ掛けたの…?
「ひまわり、好きなの」

えっっそうだっけ???
長らくお付き合いしてますけど、そうとは存じませんでした。


110830-1.jpg

その花はあっさりと生けてみた。
KUSMI TEAのアールグレイを淹れ、ケーキをいただきますm(_ _)m


110830-2.jpg

ワタシには大好きな夏限定生ブルーベリー満載タルト、
夫はこれまた彼の好きないちごのショートケーキ。
可愛いちいさめのひまわりを眺めながら、
いいお誕生日になった夏の宵でした。



…でも23年の付き合いで、ワタシは知っている。
夫はホントにひまわりが好きなのかもしれんが、
たぶん、ひまわりとゆりとチューリップくらいしか花の種類を知らんはずだ……(・_・)



         
スポンサーサイト

本日もバトル。 - 2011.08.29 Mon

          
いつもいつもご来訪ご苦労さまです(-"-)
…いや、こちらに来ていただいているあなたさまではありませんことよ。
なぜかうちのベランダがお気に入りのハトさんたちです。

最近では一番(つが)いだけじゃなくて、
二番い…どころか5羽で仲良く潜り込んでいたりする。
ワタシは毎日仕事に出ていて留守が長いわけでなし、
それほどしょっちゅうしょっちゅう外出しているわけでもなし、
いったいうちの何がそんなにお気に召したのやら。

何度バズーカ水鉄砲で追い出されても、窓枠叩かれてビビらされても、
学習能力のない、懲りないヤツらを相手に、
負けるもんか!とBarbee Boysの歌を呟きながら
毎日毎日僕らは鉄板の…ではなくて死闘を繰り広げております。

今日はひときわ激戦だったので、ご報告。


110829.jpg

これは室外機下にいたのをこっそり激写。
左の方に一羽、上の方にもう一羽の逃げるしっぽが見えてます。
人間はここには出られないから、安心できるようでよく来るんだよなぁ…。


110829-3.jpg

しばらくすると今度はベランダのスチールラックの奥に潜り込んで、ほーほー言ってた。
ワタクシ、出口手前に陣取ってにらみ合い。
出るに出られなくなって切羽詰まった一匹は、
背後の外壁と腰壁の隙間スリット(雨どいで塞がってる)を抜けるという荒技を編み出した(-_-;)
もう一匹は死にもの狂いでワタシの方へ突進し、
転んで肩を強打しながらも必死で逃げていった。


……ハトに肩があるかどうかはこの際突っ込み禁止。


110829-4.jpg

その後、また羽音がしたので見に行ったら、
バラのプランターの周りに花びらと糞散りまくり(T▽T)
直接仕返しされたー(号泣)



毎日毎日ヤツらとの死闘が続きます(泣)
終わりなきバトルロワイヤル…(-_-;)
ひとつ歳を取っても、かくのごとくワタシはげんきです…。

110829-2.jpg


……ほーほー。



          

おいしい日 第二楽章 - 2011.08.28 Sun

         
お誕生日ディナーの翌日、たらふく飲み食いしたせいで
やっぱりというかなんというか、ヤル気な~し♪( ̄∇ ̄)なワタシ。
買い物に出たCostcoで、先日下弟夫婦に美味しいよと教えてもらった
チョッピーノ・スープを買ってみることにした。

110828-1.jpg

これがそのチョッピーノ・スープ。
初めて聞いた時は、なんだその名称と思ったが、
調べてみると、サンフランシスコの漁港でイタリア人移民が作りだした
魚介のスープのことらしい。
ブイヤベースのようなものだが、イタリアにもフランスにも
この料理と同じものはない。
詳細はWikipediaにて。なぜか日本語ページには載ってないのだが。


110828-2.jpg

容器を分解してみるとこの分量(-_-;)
エビ、タラ、ムール、アサリ、イカ、トマト、イタリアンパセリ、
タマネギ、セロリ、マッシュルーム、レモン…なんとも具沢山。
これ、二人では一度に食べきれません…。
必然的に翌日の夕食もコレに決定。

まずオリーブオイルを引いた鍋に潰したにんにくをひとかけ、
じっくり香りを出してから野菜類を炒め、エビを投入し、
半分くらい火が通ったところでスープと他の魚介を投入。
火を止めてからトマトとイタリアンパセリを放り込み、完成。


110828-3.jpg

おお…旨そうじゃないか……(* ̄∇ ̄*)
サイドディッシュはベランダで猛威を振るっているバジルの葉っぱを添えたカプレーゼ。
ワインとパンはコストコのお隣のイオンで買ったしょぼいヤツだったけど、
食べる寸前にレモンを搾ったスープは文句なしに美味しかった。



ちなみにこのチョッピーノ・スープ、コストコファンの間では有名らしく、
検索してみるとたくさんのブログがヒットする(笑)
確かにお値段もそれなりだが、大人4人分と思えばわりと値頃。
来客の時などには便利なメインディッシュになる。

まあ、レシピ探して自分で作った方がいいけどね。
というわけで、見つけ出しておきました。
自分用にメモ_〆(..)




チョッピーノ日本語レシピ


                 

おいしい日。 - 2011.08.27 Sat

              
今月末はワタクシのお誕生日です(・_・)
家人からも何匹目のウサギだとかなんとか、いろいろ言われております。




誕生日ディナーで

ウサギ喰ってやる(炎▽炎)




…と思ったワケではないけど、
夫がお誕生日ディナーをご馳走してくれるという。
雨の中、駅からとぼとぼ歩いてたどり着いたのは
いつものご近所イタリアンCARBONIERA del TORO
ウサギ料理もあったんですが、なんとなく哀れを催してやめました(-_-;)


110827.jpg



最初はスプマンテで乾杯( ^_^)/q□☆□p\(^_^ )
鶏ささ身のマスタードマヨソースゆっくりボッリートと
茶美豚のゼリー寄せでちびちびやりながらその後のメニューを考える。
とりあえずポイントカードが貯まっていたので、
その特典であるカード料理(とオーナーシェフ・トロさんは言う…)をお願いしておいたので
その周辺を埋めていく作業。

「カード料理、先に出していいですか?」
これ、メインなんだけど、うちは順番どうでもいいので、いつもそう言われる(笑)
他のテーブルに出すのと同じものを作る場合、が多いワケです。
そんなわけで先に出てきたメインは、
茶美豚のロースト、アスパラとコーンのクリーミーなソース。
このコーンがすごかった。
「……なにこのコーン…めちゃうま…」と呟くと、トロさん曰く、
軽井沢で旨いコーンがあるって紹介してもらった、んだそうで。
甘くて皮が薄くて(ワタシはコーンの皮が歯の間に入るのだ・泣)
ホントに旨かった…豚よりもむしろコーンが(爆)
生クリームとの相性も抜群で、濃いミルクをそのまま飲んでるような旨味と甘味。

さて、先にメイン出てきちゃったしねぇ…と、いいつつ、
いまさらワインの相談をする。
値段とこれからオーダー予定の料理を言うと、トロさんがオススメしてくれたのが
Tenuta Sant'Antonio Soave Fontana 2010
若いから深みはまだないけど、口に含んだ途端、白桃みたいなふわりとした香りと、
はちみつのようなとろりとした風味が口いっぱいに広がる。
これ、あと数年したらもっと綺麗な黄色になって、味もこってりするんだろうな~。

完全に順序が逆転してしまったが、この後プリモピアット。
今日のお奨め、さんまのペペロンチーノ。
さっぱりとして、さんまの臭みもなく、おいしかった。

でもちょっと食べ足りない~と夫が言うので、
トロさんにさっぱりしたリゾット食べたいと言うと、
野菜と茶美豚ソーセージのリゾットを作ってくれた。
これまたウマーーーー!(* ̄∇ ̄*)
「出汁は野菜とソーセージの旨味だけです。あとは水」というトロさんの言葉通り、
サッパリしてるんだけど、野菜の甘味と旨味がたっぷり出たおいしさ。
あとはパルミジャーノのコクだけですな。

…しかしこれ、量が非常に多くてですね…(-_-;)
「ちょっと多かったっすか?」
あーあはははは…いやー…うち、いつもすんごい食べてるもんね……。

この上ドルチェは多すぎる。
でもコーヒー恋しい。
甘味もちょっとだけ欲しい。
「…アッフォガートにする…。そしたらどっちも食べられるから…」
と言うと、スーシェフの男の子に笑われた。



お腹いっぱいで気分良く話していたら、
奥の席に座っていたご近所にお住まいの夫知人が挨拶に来てくださった。
なかなかエキセントリックなオジサマなのだが、顔を見るなり


「ねえ、SM要らない?」


……いや、誤解のないように言っておくが、特殊なプレイじゃなくて。
フランス車、シトロエンSMのことである。
どうもご親戚で宙に浮いた形のSMをどうにかしたいご様子で(笑)
でもうちは1台維持するだけで精一杯ですっっっ!とお断りした。



雨も上がって、やっぱりいつも通りほてほて歩いておうちに帰る。
おいしいごはんをたべて、仲良くいられたら、
それでもう、ひとつ歳取ってもいいか、と



…………思えるほど達観できてないんだよワタシは(-"-)



          

二度あることは - 2011.08.23 Tue

           
先日、包丁で爪削ぎという荒技をご披露申し上げ、
その傷も漸く癒えたのも束の間。


…電子レンジで茹でたブロッコリーの耐熱皿を出そうとして
指先を火傷しました(T-T)


すぐに流水で冷やしたけど、この猛暑の日々、
マンション屋上タンクから落ちてくる水の温度はむしろ生温かくて。
ちょうど解凍中だった食料品で冷やしてみたら、
そのおかげか、翌日ちょっと皮が剥ける程度で済みました。

同じ日、ずいぶん前に処置してもらった歯のクラウン(ゴールド)が
デンタルフロスしていたらぽっかり取れてしまって、
奥歯に大穴が(T▽T)
まあしかしこれも、すぐにお抱え歯医者に連絡して
処置してもらえることになりました。



――――なのにその翌日。




………懲りもせず、今度は缶詰の切口で手の甲切りました(T-T)



110823.jpg



なんでそんなことになったかというと、
コストコで買った大きな缶詰クラムチャウダーに
ブロッコリーとベーコンを少々足してシチューで手抜き夕食にしようと
中身を鍋に空け、空の缶を洗っていたワケです。
中にスポンジ突っ込んで、ぐるっと壁面をなで回した瞬間、



ぐっさり



…いやわかってます。わかってますよ。
危ないからやっちゃだめ、気をつけなさい、って
コドモの頃からさんざん言われてきたことですよね。
でも、缶詰のフタ部分のトゲトゲには確かに気をつけてたんだけど、
本体側の切り口はうっかり失念してたんですよ……(-_-;)

さすがのワタクシも二度目の流血沙汰には落ちこんで……るわけない。
ちゃっかり犯人(=缶詰)と手抜きシチューの写真は撮りました。
傷口はさすがに痛いわだらだら血ぃ流れるわで断念しましたが。



取れちゃった歯のクラウンの方、
新しい金が出来るまでの間に合わせにと詰めてもらったセメントも
数時間の命でした。
おせんべ噛んだら取れちゃった(・_・)←アホ
「…だからそっちで噛むなって…」
お抱え歯医者がまた頭を抱えそうです。



そんなわけでかる~く満身創痍。
………あたしいくつまで生きていられるかしら…(-_-;)


       

脱皮完了。 - 2011.08.19 Fri

              
先日包丁で爪を削いじゃったワタクシの左手人差し指。
幸い傷口はさほど大きくもなく、出血も極少量だったためか
回復も早めのようで、どんどこ再生してきました。


110815.jpg
8月15日。 
この日、とうとう何かの拍子に割れた部分が引っかかって逆剥けになり、
一瞬雄叫びを揚げたので、意を決して切ることに(T▽T)
二日前に義妹2にもらった濃茶のマニキュアをしておいたので、
一番上の残った部分とその下の柔らかい、再生途中の部分が
はっきりとわかります。


110818.jpg
8月18日。
半分だけ残っていた先の方が、またまた引っかかって
またもや雄叫びを……揚げる前に、そうっとめくってみた(涙)
…おや。けっこう再硬化は進んでいるようで。
この分だと、ぼちぼち爪が入れ替わってくれるでしょうか。


110819-1.jpg
8月19日。
髪を洗っていたら、ぺろっと剥がれた最後の古爪。
もうすっかり下側は硬化して、剥き立てのつるっつる。
とは言っても、まだ指先を保護できるほど伸びてはいないので、
もうしばらく注意が必要ではありますが。



いやー。すごい。
この歳になっても、人間のカラダって再生するのねー。
そんな観察日記でした。


                 

お盆 - 2011.08.14 Sun

         
今年の夏は、5月に亡くなった夫の伯母と、
6月に亡くなった義伯父(別の伯母の夫)の初盆である。
淡路島から戻った翌朝、眠い身体を引きずって、高野山へ向かう。

まず夫実家からほど近い義伯父宅へ向かうが、
残った伯母は老齢のため、高齢者用ケアハウスに入居しており、
従兄夫妻も隣県に住んでいるため、この家には誰もいない。
仏壇はこの家に残っているはずなので、ひょっとしたらと思って
足を向けてみたが、やはりお留守だった。


110814-3.jpg
そこで昼前になったので、ちょっと早めだが
まいどおおきに食堂でおひるごはんにする。
さくらちゃんといえば唐揚げ、あと茄子の揚げ浸しと、
オクラのお浸し、お味噌汁とごはん♪

妹に写メしたら、

 「こ、これは…1位だ!
              ●●より」

………義弟よ。
ビールで首を洗ってやる(-"-) ←アレ?
(※前日雑記参照のこと)



110814-4.jpgごはんの後で高野山に登る。
お盆のお参り…というよりは、観光客で溢れかえった高野の街中は
無理な横断を敢行する歩行者と駐車場所を物色する車で大渋滞。
のんびり進むおかげでいつもの森下商店の胡麻豆腐も買えたし、
面白い写真も撮れてワタシはそれなりに満足である。
うーん、ガムの自販機。けっこうレアだわ…。


110814-5.jpg
でました般若湯。
しかも店のどこにも「酒店」とは書いてないし(笑)
肝心のさ…もとい、般若湯の写真は手前に車が駐まっていて
撮ることが出来なかったのが痛恨。


こういった商店や寺が建ち並ぶ街中を抜けて、
奥の住宅街にある亡くなった伯母宅へ。
今では独り身の従兄が迎えてくれて、般若心経を唱えて仏壇に手を合わせる。
しばらく話していたら、本家の義伯母と従兄とその娘が来たので、
ワタシたちは入れ替わりに辞去した。


 110814-2.jpg
下界に戻って義姉宅へ行くと、三匹のワンコが興奮気味にお出迎え。
かつて客に対してものすごーく警戒心の強かった花ちゃん(チワワ)も
最近ではワタシたちが行くと甘えてくるようになった( ̄ー ̄)v


[高画質で再生]

花ちゃんとボブ [SEO対策]

一番若いボブ(シーズー)は元気いっぱい。
お姉さんたちを蹴散らすわオモチャは取るわで、困ったやんちゃ坊主である。
動物病院に勤めるトリマーの姪2が、綺麗にトリミングして、面白い尻尾になっている。



110814-1.jpg…というか、興奮していたのは花ちゃんとボブで
そろそろ12歳くらいになるご高齢のミミちゃんは
若いモノにはつきあってられんと
座布団に顎を乗せてフテ寝。
…踏みつぶしそうでこっちがビクビクする。



久しぶりにみんなで夕食を食べに行こう、と義姉が誘ってくれて
夏休み中の姪1と4人、1時間ほど走って廻転寿司屋に向かう。
かつて大学受験で右往左往していた姪1もすでに大学四回生、
今度は就職活動で汲々としているらしい。
狙うは航空業界、ガンバレ!(^▽^)

店で仕事帰りの姪2と合流して、義姉のおごりでたらふく寿司を食い、満足満足。
おねーさまご馳走様でしたm(_ _)m

これにて我が家のお盆は終了。
…はー…疲れた(=_=)
この日も23時に滑落睡眠。



           

2011年 家族の旅 途中追記アルヨ - 2011.08.13 Sat

          
ワタシの実家の両親は、来年で結婚五十周年、つまり金婚式。
Golden Jubileeのお祝い、本来ならば子供たちが出資せねばならぬところ、
母の好意で姉弟家族全員が招待してもらえることになり、
お墓参りがてら、父母にゆかり深い淡路島への一泊旅行となった。

110812-4.jpg
朝5時半起床。
7時には父が愛車で我が家へやってきた。
うちの車に同乗して
JR新神戸駅へ、上弟夫婦を迎えに行く。

一方、下弟の大きなワンボックスカーには
母、妹一家、下弟夫婦、上弟の子供2人の
計9人(うち子供4人)が乗り込んで、
一路淡路へ向かう。

待ち合わせは淡路SAのはずだったが、
お盆真っ只中の渋滞を警戒して
時間にかなり余裕を持たせたため、
双方早く着きすぎて、直接洲本市内にある
母実家の墓を目指す。
明石海峡大橋も空いている。


洲本市内で墓参りを済ませてから下道で一宮まで戻って、
地元では旨いと評判の廻転寿司金太郎へ到着したのは開店30分前。
炎天下をじっとガマンの子で待つ一同だったが、
空腹と暑さでぐったり。
早く店開けろ~~~~(T▽T)ノ

110812-5.jpg確かにこの店、ネタも新鮮で旨かった。
おまけに開店直後でもあったせいか、
アサリ満載の赤出汁が激ウマ。
ぐるなびでしっかり赤出汁クーポンを
プリントアウトしてきたワタクシのおかげです。
みなの者、ひれ伏しなさいヽ(`⌒´)ノ


津名一宮ICから本四道路に舞い戻り、南淡町にある父方の墓参り。
田舎の狭い道に大きな車が二台も通るものだから、
圧迫感も半端じゃない(-_-;)
それでもどうにか14人で賑やかなお参りを終えた。



110812-2.jpg

その後、淡路島西南端、福良港へ。
こちらは父方の祖母の実家があって、
ワタシたち姉弟も何度となく訪れたことがある。
今回は親戚訪問はなしで、このあたりにいくつかあるホテルのひとつを目指す。


110812-7.jpg南淡路ロイヤルホテルは大和ロイヤルホテルズが経営する
リゾートホテルである。
ワタシは長浜、浜名湖、伊勢志摩、唐津の4つに投宿したことがある。
うちふたつは仕事(^^;


110812-1.jpg4人部屋×3つと、2人部屋1つ。
部屋割は、孫4人、両親、男子部屋(兄弟)、女子部屋(姉妹)である。
…ご想像通り、孫部屋は煩く、女子部屋はかしましく、
男子部屋はクサ…もとい、冷房キツイ。


110812-3.jpg各々荷ほどきをしたり休憩したり温泉に入りに行ったり
ゲームコーナーに沈没したり(ワタシじゃないっっっ)して
思い思いの時を過ごし、6時に夕食。
和食の禅を囲む。飲む、飲む、飲む。
義妹2とワタシは弱くてすぐ真っ赤になったが、
義妹1と妹は強くて顔に出ない。


110812-6.jpg

料理は淡路島の海の幸がふんだんに盛り込まれたものだった。
特にこのシーズンは鱧!穴子!鮑!(* ̄∇ ̄*)

酒は上撰南長 いっこん
蔵元は母の友人の嫁入り先だそうで、大量の差し入れをいただいた。
一口味わうなり妹とこっそり「……甘い」。
しかしアル添苦手なワタシがすいすい飲める、なかなか良い酒だった。
なぜか今日の料理と合うんだよ…不思議。

22時には沈没したらしい両親を尻目に、
男子部屋に集まって喋り倒す姉弟とその配偶者8名。
さすがにもうお菓子とお茶だけですが(^^;
……あっ誰、ビール飲んでるそこの婿二人!


110812-8.jpg
翌朝も綺麗に晴れ渡って、実に暑い(-_-;)
ホテルの窓から綺麗に見えるのは鳴門海峡大橋。
「渦潮観に行こう!」
父の一言で、鳴門観光決定。



110812-14.jpg

その前に、記念写真撮ろう♪と、一同整列。
夫の一眼レフをホテルの人にお願いしてシャッターを押していただいた。
えー、ヘンな動物の集団になってます。
……一部ピカッてるひととか(・_・)


110812-9.jpgすげー!橋すげー!暑いー!
と叫びながら、鳴門海峡大橋を臨む一同。
でも結局渦潮の時刻とはズレていて、見られず仕舞い。
代わりにほとんどのメンバーがアイスを貪り食う(-_-;)


この日の昼過ぎの新幹線で自宅に戻る義妹1とまる子を新神戸まで送りがてら、
中華街で昼食をとることに。
そうと決まって、鳴門からすかさず予約電話を入れたワタクシ(-_-;)
帰りの高速も幸い空いていた。

走行中に、下弟車に乗っている妹からメール。

「まる太いわく。

1位 ◯っちくん(下弟)
2位 ねねちゃん
3位 パパ(上弟)
4位 ●●くん(義弟)

よにんそろって、くいしんぼう!(^▽^)」


………なんだと?(-"-)
っつかこれ、体型降順じゃないのか(T▽T)


「実は、ねねはいきなり2位にランクインしたんだよ。
 まる太が他の3人で3位まで考えた時、
 ●●さん(義弟)が『ねねは?』と言ったら、
 まる太がすぐにねねを上位に持ってきた」


………義弟よ。
首を洗って待っていなさい。
そうメールするワタシに、運転中の夫が上機嫌で言った。


「ビールでね(^▽^)


………ちょっとそこの婿二人(-"-)



そんなやりとりをしているうちに、神戸三宮到着。
大混雑の中華街を縫って予定通り12時半には入店でき、しかも個室。
段取り万歳。

110812-10.jpg

我が家が贔屓の群愛飯店南京町店
円卓の個室に案内されたものの、とても大皿料理を取り分ける気力はなく、
各々好きなモノをとって食べることに。
ランチ盛り合わせ、担担麺(温)、担担麺(冷)、チャーシュー麺、五目汁そば、炒飯、
海鮮焼きそば、麻婆飯とまったく統制が取れていない(-_-;)
まぁいつものことか…。

その後、それぞれ適当に別れて中華街を冷やかしながら
買い食いしたり土産物を買ったり。
冷凍マンゴーをスライスしたマンゴーかき氷、
冷凍白桃をスライスした白桃かき氷が最高に旨い。
オススメです。

父は早々に離脱して、とっとと集合場所のスタバテラス席でくつろぐ。
「あ~!じーじ、ずるーい!」
スタバマニアなちび子に咎められ、なんとなく照れる父。

コーヒーをテイクアウトするひとを待って、ホテルオークラ前の駐車場へ戻り、
そこから二台は新神戸駅へ。
義妹1とまる子を見送って、下弟車は一足先に実家へ戻る。
夫車は、両親を乗せて我が家マンション駐車場へ行き、
そこから父の運転で彼らが自宅へ帰るのを見送って、
ワタシたちもやっと自宅へ戻った。


ものすごーーーーく楽しかったけど、
ものすごーーーーく目まぐるしくて、
ものすごーーーーく疲れた1泊旅行だった……。
みんな、おつかれさま(=_=)


この日は22時に墜落睡眠……。



            

敵機来襲。 - 2011.08.10 Wed

           
夏休み。
数年前に、一応6人暮らしだった広めの一軒家から
老後を考えてマンションに移り住んだ両親のもとに、
今年もちびっ子ギャング(古)たちがやってくる。
「前のおうちのほうがよかったなぁ…」
そんなふうに呟かれて、じーじとばーばは
ちょっとしょんぼりもしているようなのだが(笑)
なに、ヤツらは家の中で走り回ったり、庭で水遊びできたのが
恋しいだけなのだ。



まず7月末にやってきた妹親子(義弟は仕事でお盆前に合流)。
八月に入ったある日、女優ちび子がうっとりするような甘え声で囁いた。
「ねねぇ~、スタバ行こうよ…」
…コイツほどおねだり上手な二年生はおるまい。

110810-1.jpgで、そのおねだりに最も弱いのはじーじで、
次に弱いのはたぶんお父さん(義弟)で、
その次に弱いのが伯母バカを自覚もするワタクシである。
本屋さんで彼女が欲しがった『キレイ&おしゃれのヒミツ』とかいう
小学生向けオシャレノウハウ本を買ってから
スタバでライム&ミントグリーンティーフラペチーノを。
             …姫ご満悦。

その間、ちび太はお母さん(妹)を独占して
思う存分Wiiに興じていたらしい(笑)


さて数日後。
二人で新幹線に乗ってやってきたまる子・まる太の姉弟も加わり
実家はさらに賑やかに。


110810-2.jpgさっそく4人揃ってTVの前に陣取り、Wiiのマリオパーティで対戦。
左から、6年生、1年生、2年生、5年生。
この日のために我が家からWiiを持ちこみ、
下弟は+3本のコントローラーを準備した。
「あとの問題はアイツらが興奮して立てる騒音や…」
下弟からの同報メールに、パパママである上弟・妹を含め
姉弟4人揃ってため息をついたのは言うまでもない。



110810-3.jpg「Wiiは30分、DSも30分。しばらく時間をおいてから」
厳格な妹の指令により、おやつのあとにDSタイム。
これまた4台あって、通信対戦モード。
…ホンット、今の子たちはこういう機器が使えるのが当たり前で
羨ましいことである。



じーじもばーばも、孫たちが来るのは嬉しいらしいが
彼らが一斉に帰った後は、ぐったりしているのが常である(笑)
まあそりゃ、60年以上トシ違うんだからさ。
張り合おうなんて思わない方が吉(-_-;)



               

大阪名物 - 2011.08.07 Sun

         
…と聞いて、即座に



「ハリセンチョップ!」



と答えたアナタ。
もし関東人だったら、関西人襲名披露をしなさい。
いやそれはともかく。



先日の夫お仲間の車オフ会の二日目、貴船お茶会。
ワタシは不参加だったのだが、濃ゆい一日目に参加されたよりも
なお多人数の40人以上の大所帯になり、川床が抜けそうになったとかいう
オソロシイ話も漏れ聞こえてきた。
……どんだけ暴れたんや、あんたら…(-_-;)

で、その川床での酒池肉林で、関東組にお配りする土産物パックを
企画しよう!という声が関西組からあがったのは、
貴船に乗り込む十日ほど前。
大阪限定フード類をかき集めよう、何があったっけーと
幹事氏のmixi日記で侃々諤々、というより煩悩まみれの意見交換が続く。
我が家もあれこれ買い集め、パッケージは幹事氏と
他のメンバーさんの若いお嬢さんたちにお任せした。


そして集まったのがこの品々。
プリッツやコロンなど、全国展開モノのご当地限定商品ではなく、
あくまでも関西で作られたものを主眼としたコレクションである。
写真は幹事氏に送っていただいた。
ありがとうしろくまさ~ん(⌒∇⌒)ノ


110807.jpg


おにぎりせんべい満月ポン粟おこし・岩おこしパインアメもみじの天ぷら
みっくちゅじゅーちゅ・みっくちゅじゅーちゅそーだひやしあめどん兵衛(無論関西風)、
カップヌードルごはん大阪水ほんまやキムチラムネカレーラムネたこ焼きラムネ
オリバーどろソース、言わずと知れた関西人郷愁の味ぼんち揚げ
そしてこれは関西じゃないけど関西人が大好きなはりま焼
ほんまやは現行ピンクボトル以外にも、復刻限定ブルーボトルまであるという念の入れよう。



…すごすぎる…。
よくこんなに集まりましたね( ̄▽ ̄;

中には関西人でも食べたことがないような"名物"もある。
……たとえばキムチラムネ。
飲むのはコワイけど、ちょっと味が知りたいような気がするものの筆頭。
飲ませて感想聞くだけでいい!( ̄皿 ̄;






           

ぶくぶく。 - 2011.08.05 Fri

    
数日前に包丁で下ろしてしまった爪。
ラップ療法により、傷口はほぼ塞がった模様。
爪もあまり痛くなくなってきたし、そろそろラップやめて、
バンドエイドでガードするくらいにしておこうかな~、
と、ラップを外してみる。


110805.jpg



……いつもながら、すごい悪臭…(-_-;)
ラップ療法はこれがネックですな……。



もう大丈夫かなと伸ばしていた部分の爪を切り、
指と同じくらいの長さに揃えてから、
あらためてしげしげと見てみる。
……傷口はともかく、ラップを巻いていたせいで、
指部分は真っ白でぶよぶよ。
他の指との色の違いをご覧頂くとよくおわかりになるかと(涙)



夫に見せて
ねー、水死体ってこんな感じになっちゃうのかしら?
と問う。



「そうね」



……ワタシが水死体になっても、
ちゃんと埋葬してね?(・_・)



「知らないひとです、って言う」








…………………鬼(T-T)






                  

お寺さん - 2011.08.04 Thu

          

約束は9時。
それゆえいつもなら8時45分にはスタンバっている。





……しかし。





マンションのエントランスでピンポーン、と鳴ったのは8時15分。
その時ワタシはまだすっぴんで、下着だった(T▽T)
上に上がってこられる前に辛うじて洋服は着込んだが、
メイクまではとうてい手が回らない。





………致し方なし……(T-T)





いつもキラキラした目の純粋な青年御坊と差し向かいで
昨今の携帯の普及による人間の距離の取り方の
鈍化と劣化について熱く語り合ったのはよかったが、
その時の我々の距離は約1mもない。
繰り返すが、ワタシはすっぴん。




……ホント、距離の取り方ヘタになったわワタシ……orz ←間合いともいう






110804.jpg





                 

やっちまったぜ・・・ - 2011.08.03 Wed

                   
110803.jpg


戻した昆布を千六本に切っていたら、
爪までザックリ斬っちゃった。←デフォ変換

イタイと思うより先に「ネタだ!」と閃いてしまったワタシを許してママン・・・。
すかさずiPhoneカメラ向けてしまいました。
ピント甘くて上手に撮れてませんけど。
ていうか実は狼狽えてたのか?



なぜか血は最初にうっすら滲んだだけであとは出てないんですよね…。
多少ジンジンしなくもないんだけど、それほど痛くはない。
でもこれじゃ湿潤療法できないだろうし、
とりあえずマキロン消毒だけで、あとはバンドエイドしてラップ巻いてます。



問題はむしろ、この状態のまま、
爪が生え替わるまで放置しなきゃならんことです(-_-;)



指サック買ってこよう…orz



             

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

いらっしゃいませ

このblogは
さくら通り
の1コンテンツです

今月のオシゴト

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

各記事下部の(CM)を
クリックすると
書込窓が現れます

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

過去ログはこちら

さくらが丘雑記(旧)

ご注意

管理人が不適切と判断した
書込は即刻削除します

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。