FC2ブログ
topimage

2012-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ええちゅーねんですとも。それがなにか。 - 2012.06.27 Wed

   
・・・若干ブルってますさくらでございます。
でもね、今回認めるにやぶさかでない理由はコレ。


『なぜ中年女性は嵐が好きか』(togetter)


・・・・・・すんごい勢いで同意。
いやもうこの方すごいわ分析力。客観視力。表現力。
お見事という他はない。
ワタシは嵐ヲタじゃないけどもね(笑)
でもちゅーねん女性に対する訴求力はわかる。
実際、彼らのバラエティ番組は面白いと思うもの。

いや、実際にはこの方のご意見とは違うと思う部分もありますよ?
でも、それを於いても、単に読み物として面白い。

「いや、若い女子には見破れないかもしれませんが、
 中年女性にはよくわかります。

 よくいました。ああいう元彼。」だの


「若い女の子の掲示板などでショウ君て完璧よねと書かれていますが、
 そうじゃないのよ、

 多分家に帰って泣き言言ってるわよ

 と容易く想像できるのが我々中年女性。」だの、

「相葉ちゃんの相手に合わせているようで、

 実は全然相手の話を聞いていない

 スタンスが好きなのです。」だの

「過去へのほんの少しの悔恨を、洗い流す存在として
 松潤の確信犯的なあのアイドルスマイル、

 俺のこと好きだろうウィンクがあるのです。」

「他のメンバーに似た男たちを中年女性は知っています。あるいは、思い描いたことがあります。
 だからファンになりました。でも、大野君だけはどのカテゴリにも入らない。
 文化祭でいきなりマイク持って歌いだしたらその歌声がすごくて、
 しばらく一か月くらいはもう後輩までがキャーキャー言って教室まで見に来たけど

 本人があまりに地味で、

 寝てばかりいるので人気は一過性に終わってしまった彼。」
だのと、まあいろいろとほくそ笑んでいたのだが。



「松潤→聞かせたくない。できれば夢の中で18歳くらいの自分で松潤と語りたい。
 相葉→話しても聞いていない。いや、相槌は打つけど実はちゃんと聞けてない。
 櫻井→優等生的答えが返ってきそうだし、親身になりすぎそうで申し訳ない。
 大野→相談事は論外。
 
 そんな中、突然

 ニノが浮上してくるのです。




―― 飲んでたコーヒー、マジ噴きしました。



やるなあニノ。
隙間産業万歳。結局一番儲かるのはそこよ。
蜷川さんに「日本のリバー・フェニックス」と呼ばれたとか、
ハリウッドデビューして絶賛されたってのも、
ちゅーねん女性にとっては「・・・アラ、この子やるじゃない?」
とポイントアップに繋がるワケですね。

実際、以前よしながふみの『大奥』の映画を観たときにも
ちょっとニノの鯔背っぷりに惚れそうになったもんなぁ・・・。
べらんめぇが巧かったんですよ。さすが江戸っ子。

いやワタシはニノ担じゃないけどね?
なんか面白いんですよねぇ彼は。
かなりのへヴィゲーマーだったりマジック得意だったり、
「アイドルっぽいだけではない」部分が彼の売りでもある。
そのくせ当人は「アイドルであること」を重視してる。
彼の魅力は、そういう多面性なのかもしれませんな。

・・・繰り返すけど、ワタシはニノ担じゃないよ。



     
スポンサーサイト

シンデレラの悩み。 - 2012.06.26 Tue

    
2月末から今までかかって、未だ終わらないマンションの大規模修繕工事。
カーテンを開けられない生活にウンザリして、
この暑い中、この日も出かけていたワタクシ。
家に戻って来る途中で、サンダルのベルトが切れた <( ̄◇ ̄;> オーノーッ

――こういうときはやはり。
イケメンのお武家様が通りがかって、鼻緒をすげ替えてくれたら素敵。


「どうなされたお女中」
「鼻緒が・・・(途方に暮れる)」
「暫時草履を脱がれよ」
「・・・申し訳ござりませぬ」


みたいな。
・・・いやそんなことはカケラもありませんでしたけどね(-_-;)


120626-1.jpg

ダメになっちゃったのは、Dr.Schollのかなり以前のモデル。
楽で気に入って夏場になるとほとんど毎日これを履いていたので
さすがに他の部分の傷みも激しい。
古いために、妙なゆるみが出て、足も疲れるようになってきていた。


120626-2.jpg

どうですこのぶっちりと切れた革。
何したのさくらちゃんてば・・・( ̄◇ ̄;
いや単に、踵をうっかり外しちゃって、ずりっと横ずれしたんですけどね。
・・・てことは足に合ってなかったっちゅうことですわね。

しかしサンダル、ないと困るなぁ。
これを修理して履くとなると、修理費用がそれなりにかかる上、
かなり古い型で他の部分の傷みも激しいので、あまり経済的ではない。
新しいものを買った方がいいよねっ(* ̄∇ ̄*)♪ ←そっちか


靴に苦労のある方ならおわかりかとおもうが、
焦って適当なものを買って「このくらいならいいか」と妥協して履いていると、
絶対に腰だの足だのに負担がかかって非常にツライ。
頭痛や肩凝りまで引き起こしてしまうからやっかいである。
で、結局それを履かなくなってしまうのだ。
ワタシの足はウルトラ外反母趾(泣)のうえ、スーパー扁平足なので、
合う靴を探すのは一苦労なのである。

いくらデザインがシャレていても、合う木型で製作されていない靴は買いたくない。
といって木型から作るのは費用がかかりすぎる。
コンフォートを謳うメーカーの靴でも、ワタシの足に合わないものは合わない。
だいたい、試着したその時は「あっこれ楽」と思っても、
歩いているうちにどこかが当たって靴ずれしたり、
革が緩み前滑りし、結局足が疲れてしまうのはままあるのだ。

でワタクシ、近年ではほとんどヒールのある靴は履かず、
といってレースアップのウォーキングシューズはいかにもオバサン臭くて許せない。
いきおい、Hawkinsのビジネスシューズのような、見た目いかにもおっちゃん靴を
"マニッシュ"という美名のもとに頭を麻痺させて履くしかない(-_-;)



で、先日サンダルジプシーとなったワタクシ、
夫をお供に市内のデパートに出向いたワケです。
いやもうあちこち探し回るなんて余裕はなく、かなり切羽詰まってたもんで。
そこで出会ったのがConfort Clinic
いわゆる、足計測して
シューフィッターが靴を選んでくれるタイプのメーカーさんですな。

20年くらい前にも、どこかで測った覚えはあるんだけど、
体型も(泣)変わってるしと、今回また測っていただいてビックリ。

・・・ワタシの足ってば、大変なんです。

通常、JIS規格でいうところのワイズ(EとかEEとかのアレね)は
足幅だとみなさん思ってらっしゃるかもしれませんが、
実はあれ、足囲で決まるんだそうです。
だから、足幅が狭いひとでも甲高だったらワイズはEEとかの可能性があるし、
足幅が広いからといって必ずしもワイズがEEEとかではない可能性もある。


「足長(つま先からかかとまで)より足囲の数値が大きいと、
 E~EEEE・Fとワイズが広くなっていきます」

・・・ふむふむ。

「で、足長と足囲の数値が開いているほど、靴は探しにくくなるんです」

あ~。数値の開きが大きいほどEの数が増えていくわけね。
そりゃ当然商品数は少なくなっていくでしょうな。

「さくら様の場合、足長は左右で微妙に違いますが、だいたい230m/m、
 足囲が245m/m前後ですので、多分・・・苦労されるかと」

・・・た、確かに・・・。
JIS表を見ると、足長=足囲でEだもんね・・・。
15m/m違うと・・・・・・EEEE?( ̄▽ ̄;

「それと、足周囲をペンでなぞってみたとき、
 普通ならば土踏まずの部分が凹んでいるんですが・・・」

・・・・・・ワタクシ、むしろ膨らんでおりますわね・・・(-_-;)

「その上、外反母趾でいらっしゃるので、親指の付け根の骨部分で
 今まで靴を選んでらっしゃったと思うんですが、
 それだと靴全体の幅が広くなってしまって、
 土踏まずの部分にますます身が雪崩れてくるんです」

・・・・・・雪崩れてくるのは腹だの背中だのの肉だけじゃないのね・・・(さめざめ)


でもさすがプロのシューフィッターさん。
こういう足でもびくともしない(笑)
彼女が選んでくれたサンダルはこれ。


120626-3.jpg


エナメルって革硬くて伸びないんじゃなかったっけ・・・?
と恐る恐る足を入れてみると、やっぱり痛い。

「あ、これ、ベルトで調整できますから」

彼女は一旦ベルトをすべて解き、ワタシの足に合わせて
ぎゅうぎゅうと締めてバックルを固定し始めた。
う・・・こ、こんなんで歩けるの・・・?

「外反母趾が当たる部分は緩めにしておきます。
 反対に、土踏まずの部分はきつめに締めるんです」

・・・お?
なんか気持ちいいぞ?

「雪崩れてくるのをサポートするわけですね。
 そうすると、疲れにくくなるんです」

ふむふむ。
確かに足裏にぴったり合ってる感じがしますよ。

「それと、ヒールがあるので前滑りを留める役目もします。
 そうすると、足の位置が靴の中で一定になるわけです」

ほほう・・・なるほど。
前滑りすると、足指曲げて必死で食いとめようとしてるよな、実は(-_-;)
って、これほんと、5cmもヒールがあるように思えないんですけど。
腰も痛くないし。

「ヒールの中心が、足の重心に合ってるからですね」

うん、それは昔からけっこう言われてるよね。
でもこれ、なんか不思議な感じ・・・。
ホントに5cmもある???

――脱いで確認してみたら、確かにあります、5cm。
すごい。

「さくら様は、足囲・足幅に比べて、踵(かかと)が小さくていらっしゃるので、
 靴を選ばれるときは、そういうことも考慮されると
 踵だけが脱げるということもないと思います」

おおお、なるほどね。
・・・でも踵だけちっちゃくてもね・・・。
きっとワタシ、纏足しやすい足だったんだろうね(-_-;)

いままで足幅に合わせて24cmとか24.5cmとかの靴ばかり履いてきたけど、
結局足長は23cmしかなかったワケだ。
・・・なんてちっちゃな足。
絶対ガラスの靴が入るよ!(* ̄∇ ̄*)
・・・ってそういえば以前、フィガロさんに
「ガラスの靴に足入れたら割るシンデレラ」と言われたな・・・(泣)


――多分、シンデレラのワイズはAとかBとかだったに違いない。
こんな苦労とは無縁なのだろうか。
それとも小さいには小さいなりの悩みがあって、
毎晩王子に足裏揉んでもらったりしてね。


         

なんかすごいの。 - 2012.06.25 Mon

     
ソーラーシステム付きの電卓をそのへんに放り出しておいたら、
たまに妙なことになってたりしません?




・・・で、うれしくなっちゃうの(笑)




120622.jpg




・・・表示に特に意味はないんだけどね(・_・)



         

とうきょうみやげ。 - 2012.06.22 Fri

     
このところ夫が東京出張のたびに、いろいろスイーツを買ってきてくれる。
だいたいはピエール・エルメのマカロンとか、
メゾン・ド・ショコラのショコラとかなのだが、
最近はそうしたものも大阪で手に入るようになってきた(笑)ためか、
今回はちょっと違っていた。

120620-1.jpg


・・・キョロちゃん?(・_・;

どうやら東京駅の東京おかしランドに行ってきたらしい。


120620-2.jpg

こちらはぐりこ・やKitchen
店内製造しているアーモンドチョコレート。
なかなかレアであるらしく、整理券を出すこともあるらしい。


120620-3.jpg

こちらは森永のおかしなお菓子屋さん
もちもち和ショコラとダースのフォンダンショコラ。
ここで大人気「キョロちゃんのおやつ」を買ってこないところが、
ビミョーな夫らしいところだ(-_-;)
まあつまり、チョコ好き夫の好みに偏った、ってとこか(笑)


おかげさまで毎日おいしくチョコをいただいている。
・・・・・・あかんがな(-_-;)


          

Cherry bomb! - 2012.06.21 Thu

    
――その日、家の食料在庫からジャムが切れた。

いかん、買いに行かなくちゃ。
蜂蜜だけでしのげるのも時間の問題、バターまで載せるようになっちゃ
カロリーオーバー甚だしいから厳禁なのだ(TT)
で、その頃どうしてもチェリーなキモチだったので、あちこちで探し回った。
・・・いやほら、なにしろ「錯乱坊」なもので(・_・)

ところが普通のスーパーではチェリージャムには滅多にお目にかからない。
そもそも日本の2大メーカー・・・アヲハタ明治屋では製造されていないのだ。
そりゃあね、デパートだの成城石井だのに行けば
上等なチェリージャムはいっぱいあるのですよ。でも高いじゃん!!(T▽T)
ジャムはやっぱりたっぷりつけたいじゃん!
ティースプーン1杯100円とかビクつきながらじゃなく、心おきなくのせたいじゃん!
糖尿病が怖くてジャムたっぷりのトーストが食えるかーーーーっっ(炎▽炎)

・・・いやちょっと気にしなさい自分(-_-;)
昔から母に「お嫁に行ったらそんなにジャムつけちゃだめ」
とか言われるほど、スプレッドのたぐいはたっぷり塗りたくる娘でした・・・orz

でね、先日もとカルフール、現イオン某店へ買い物に行った時。
あっそうだ、ここってPVのチェリージャムあるじゃん!(* ̄∇ ̄*)
と思い出した自分を誉めてあげたいです by有森裕子



嬉々としてジャム売場に踊りながら(比喩だってば)侵入したワタクシ。
そこに二種類並んだチェリージャムを前に、ハタと考えこむ羽目に。


120614-1.jpg


左はGrand Jury Confiture Cerise Griottes Au Sucre De Canne
右はCarrefour Confiture Cerise Au Sucre De Canne
いつも買っているのは右のカルフールブランドのもの。

ちなみにグリオットチェリーとは、フランス産チェリーの品種のひとつ。らしい。
いちごもそうだが、概して欧州のチェリーは日本のものより酸味が強く、
シロップ漬けにして食べるのが一般的である。



・・・ところでこれ。どう違うの?
まったく同じ形の瓶。フタ。
デザインはまったく違うが、サイズはほぼ同じラベル。



だがしかし。値段が


100円も違うではないか。


・・・そう聞くと迷うでしょ?ねっ?
一体どっちが美味しいんだろう・・・。


120614-2.jpg


裏を見ると、内容量も原産国も同じ。
輸入も同じイオンリテール株式会社。

・・・まあ、多分OEMだとは思うんだけどさ。
100円の差に悩まされるワケですわ。
オマケに安いのはPVのカルフールの方じゃなくて、
いちおうフランスのちゃんとしたメーカーである
Grand Juryの方だったりするから余計に気になる(笑)



・・・・・・・・・む~~~~~~ん・・・・・・・・・。



「気になるなら両方買いなさい。ネタにもなるでしょ」


見透かしたような夫の言葉がなければ、あと10分は悩んだ挙げ句、
結局決められなくてウガーーーーッ!と爆発したに違いないワタクシであった。



表題は往年のアメリカの女性ロックバンドThe Runawaysのヒット曲。
・・・ていうかこの曲くらいしか売れなかった(笑)しかも日本だけ。
しかしギタリストのジョーン・ジェットはラナウェイズ解散後、
Joan Jett & the Blackheartsという別バンドを結成し、
「I Love Rock 'n' Roll」がビルボードのトップを取った。
「Cherry Bomb」ブレイク当時ワタクシ、まだいたいけなc・・・・・・げふんげふん。



      

あるひのあひるごはん。 - 2012.06.13 Wed

   
我が家では夫の趣味で
おひるごはんのことを「あひるごはん」と称する。
・・・なんでかは訊かんといてくれ・・・(-_-;)


まあそれはいいんだけど、ある日あひるごはんを食べようと
冷蔵庫の扉を開けたワタシの目に、
悲しげに存在を訴えかけるものがいくつか。


封を開けてしばらく経って50mlくらい残っていた生クリーム。
半分使って放置されていた死にかけの黒ずんだアボカド。
2枚くらいだけ残されてチルドルームでしょんぼりしていた豚もも肉の薄切り。
レンジで茹でたはいいが、固くて放置されていたブロッコリーの茎。
冷蔵庫で触れなば落ちん風情に熟していたほうれん草数本。


・・・・・・わかった。食べてあげるから(-_-;)




120613.jpg

で、やるものといったらパスタくらいしかないわけで。
フジッリでもよかったんだけど、具は大きめだし
ソースはそれほどこってりさせたくなかったので、スパゲティーニにしてみた。



・・・わりといける(・_・) ←自画自賛



黒胡椒をたっぷり利かせて、キリッとしたお味に仕上げたら
よれよれの野菜もどろどろのアボカドも悲しげな豚肉も、
けっこう蘇ってくれたのさー。


やっぱりパスタってえらいね。



                   

Sweet Twenty ほにゃらら - 2012.06.11 Mon

      
ふつう、結婚二十周年とかいうと、
こう、旅行に連れていってもらえたり、
ダイヤの指輪もらったりするんだろうと思うの。

うちは子供がいないけど、もしいたらそれなりに大きくなってたりして、
花束くれたり、自分たちで料理してくれたりとか。
・・・そういやワタシたち姉弟はなにやったっけ(汗)
でもお花はあげたはずー。


ちなみに二十年目は「陶磁器婚式」だそうです。
・・・・・・ロイヤル・コペンハーゲンの
フローラ・ダニカのティーセットでももらえるのかしら(・_・)
まあそこまででなくても(おぃ)、ヘレンドのインドの華ターコイズとかプティローズとか、
ああ、アウガルテンのウィンナローズでもいいなぁ(* ̄∇ ̄*)

なーんて思ってたわけじゃあないんですけどね(-_-;)
そもそももう食器を入れる場所がない(爆)
なわけで、特に何も期待してなかったんですが。



・・・・・・間隙を突かれた、とはこのことと申せましょう・・・・・・。



「テーブルの下、なんとなく暗いよね」

    そうよねえ、最近夜にビーズやってると見えづらくてね

「だよね。じゃあ、ポールセンの大きいの、買おうか」

    そうねえ・・・まあ、これからどんどん年取って見えづらくなってくるしねえ・・・

「じゃあ、それが二十周年記念品ね」

    ・・・・・・は?



120611-1.jpg

呆然としたままのワタシを尻目に購入されてしまった
ルイス・ポールセンのPH5 Plus。
現在我が家のダイニング部分にぶら下がっているのは
同じくポールセンのPH4/3なのだが、それよりも直系は10cm大きい。
・・・箱もデカい。


120611-2.jpg

おお、明るい。
・・・というか、やっぱりデカい。
PH4/3は上部の反射板がないので、下にしか明かりが出ないが、
これはご覧のとおり、上部も明るい。
オリジナルの白熱電球のほうが色は綺麗だが、
昨今の電力状況に鑑み、電球色蛍光灯をセット。

さすがにかなり光色は白い。
反射板の色が紫ということもあるが、雰囲気がずいぶんと白っぽい。
・・・まあ、手元はよく見えていいんだけど、
インテリア的にはちょっと白すぎかなぁ・・・。


120611-3.jpg

手前は以前のPH4/3。
反射板(内側にある)の色がオレンジであることをさっ引いても
色合いにかなり差が出る。

ところで、実は現在、マンションの工事の影響で
本来のリビング部分にダイニングテーブルを置いているため、
工事終了後はライトも手前と向こう側を入れ替えることになる。
我が家はリビング部分は間接照明をモットーとするので、天井灯はないほうがいいのだが、
この旧来のPH4/3の行き場がないので、そのまま利用することになる・・・と思う。
・・・なんかやっぱりインテリア的に、妙・・・・・・(-_-;)


結婚二十周年記念品は電気の傘にされちゃったーと言ったら
妹には「ダイヤモンド20個じゃないのぉ~~?」と揶揄され、
下弟には
「気持ちの問題です。指輪だとねーちゃんの場合は別注じゃないとサイズないやろ」
とたたき落とされた・・・orz

・・・コイツら・・・・・・自分がもらう/あげる時の
たたき台にするつもりじゃ・・・・・・(涙)




   

しろくま味。 - 2012.06.10 Sun

    
これまで旭山動物園 白クマ塩ラーメンひぐまラーメン 塩
藤原製麺のクマラーメン、いやあの、塩ラーメンを食べてきたワタクシ、
先日ようやくもうひとつの懸案事項である
札幌円山動物園 白くまラーメンをゲットした。


120610-1.jpg

ひぐまラーメンはともかく、円山動物園バージョンと
旭山動物園バージョンの違いはなんなんだろう…。
とりあえずパッケージは違いますね。
旭山はリアルなイラストをグラフィック調?に仕上げてあって、
こっちはアニメ調。
そして旭山はトレイに載ってましたが、こちらはトレイなし。


120610-2.jpg

お味は…。
あちこちで検索したところによると、
藤原製麺の麺規格は一様で、麺に関しては同じものを使っているらしいが、
円山の塩ラーメンはあっさりめの味のスープ、
旭山の塩ラーメンは濃い目の味付けのスープなのだそうだ。

…そう言われても、もう旭山のほうを食べたのは4年近く前なので
イマイチ味覚えてないけども。
――どっちにしても、クマ味はしない。



うーん、やっぱりおいしい。
これがインスタントで食べられるっていうのがいいなぁ。
無論普通のインスタント麺の数倍はするんだけど、
高い生麺買っても、どうせお店で食べるような具合にはいかないし(^^;
それならこのインスタントのほうが、おうちで食べるには都合がいい。
保存も利くしね(笑)


       

あたらしいこどもたち。 - 2012.06.08 Fri

    
えー、わかってはいるんですけどね・・・。
今買っても、もうしばらくは工事足場がどかないから
可哀想だってことはね・・・。


でも、どうしてもおうちに連れて帰りたかったんだもん!(;∇;) ←理屈無視


そんなわけで、先日の花フェスタ記念公園から
我が家に新たにやってきたバラちゃんたちです。


120608-1.jpg



奥:【ジュード・ジ・オブスキュアJude The Obscure】
ER シュラブ ディープカップ咲き 中大輪 超強香 四季咲き

手前:【ブリーズBrise】
Delbard シュラブ カップ咲き 中輪 強香 四季咲き



120608-2.jpg

日陰者ジュード!(* ̄∇ ̄*)
ふっふっふ・・・。連れて帰って来ちゃった♪
でもまだ蕾が硬いです。これからが楽しみ。
一日に何度もあちこち移動させて、できるかぎり日を当ててあげようと思います。

120608-3.jpg


フランス語でも「微風」は
ブリーズだけど
綴りはBriseなのねー。
この子はもうね
もんのすごいいい香りなのです。
二番花をたくさん咲かせるために
すでにいくつか切って
小さなコップに生けていると
ふわりと甘い香りがするの。
これがたまらん。



120608-4.jpg

このころんとした花型が愛おしい。
秋までにお日様いっぱい当ててあげて、またたくさん咲いてね♪



              

20周年なわけ。 - 2012.06.07 Thu

    
さんざんあちこちで言い散らかしておりますが、
今年は我が家の結婚二十周年でして。
でも子供がいないせいか、夫との距離感が変わらないので、
そんなに時間が経ったとも思えずに過ごしてきた二十年でした。

でもね。
やっぱりほら、イベントはいくつになっても大事にしなきゃ。
というわけで、先日まんまとせしめたコルトン・シャルルマーニュ2003を味わう会を兼ねて
二十周年記念ディナー その1を賑々しく催すことにいたしました。
・・・ふたりで、だけど(・_・)


「今日は早く帰ってくるように」
夫にそう厳命して朝から買い物に出かけたワタシ、
夕方は健やかに惰眠を貪っていたお陰で、
シャワーを浴びて慌てて夕食の準備に取りかかったのがすでに18時半。
・・・ま、間に合わない・・・(汗)

まだ濡れた頭にタオルを巻いたまま、
あれこれと準備に飛び回っていたら、19時半前に「ピンポーン☆」
・・・しまったもう帰って来ちゃった・・・( ̄▽ ̄;


120607-1.jpg「ちょっとだけ寄り道してくるから」
そう電話をかけてきていた夫が下げてきたのは
妻への花束でも抱えて帰ってくるかと思いきや、このグラス。
「いいワインに敬意を表して、ちゃんとそれ専用の
 グラスを買おうと思って」
会社を出る前にわざわざお隣駅のワインショップに電話をかけて
シャルドネ用グラスの在庫を聞いたらしい。
・・・でかした夫。実に気が利いている。


120607-2.jpg

で、本日のメニューは

鶏胸肉のソテー ほうれん草のクリームソース ダイスパプリカとフジッリを添えて
海老とアボカドとブロッコリーのサラダ レモンマヨネーズソース
まぐろのタルタル

・・・なんだかとても草草しいメニューになってしまった・・・。
そして盛りすぎ(-_-;)


120607-3.jpg



おまけにほうれん草のクリームソースに失敗。
カロリーが怖くて生クリームを半量にしたのもまずかったが、
クイジナートではほうれん草があまり綺麗に粉砕されなかったのが痛恨(TT)
裏ごしなんて面倒でできんわと投げたのがいけなかったか。


120607-4.jpg

までも、やっぱりコルトン・シャルルマーニュは格別のお味でした。
とろりとした美しい黄金色、蜂蜜とナッツと洋梨の香りがします。
口に含むと内側にどんどん引きこまれるような丸みと力強さがあって、
第一段階からすとんと落ちた後も深いミネラル感が持続する、
すんごいパワーのあるワイン。

ごめんなさい、ワタシ、シャルドネを甘く見てました・・・。
あれだけのアロマや色はソーヴィニョン・ブランやセミヨンじゃないと出ないと思ってた。
どうもシャルドネというとシャブリのイメージが強いせいか、
辛口ではあるが重さのないさっぱりしたワインという思い込みがあってですね・・・。
いやまいりました。
たまには出すもん出して、いいワインも飲まなきゃいかんね。


・・・頭にタオルを巻いた状態でうっとりグラン・クリュを味わいながら、
しみじみ思った二十周年でした。


           

トヨタ博物館 - 2012.06.03 Sun

     
さてそろそろ次なる目的地へ向かおうと、車を出して長久手方面へ走る。
途中、下調べしておいたイタリアンの店でランチしようと向かっていたのだが、
高速を下りて下道を走っていると夫が
「あ、コメダ」と呟いて、即座に目的地変更(笑)
コメダ珈琲店、実家から車で15分ほどの所にようやく店舗ができたが、
ワタシたちの住むお隣県内にはまだ進出していないのだ。

120603-1.jpg

そんなワケで初コメダ(笑)
二人ともコーヒーがぶ飲みストなので、1.5倍量のたっぷりホットコーヒー。
夫はエビカツサンド、ワタシはみそカツサンドで、いくつか交換した・・・のだが。
15cm×10cmほどもあるバンズに挟まれた分量もものすごいが
ワタシにとってはカツが非常に油っぽいのよ・・・(-_-;)
夫にかなり食べてもらってようやく完食。


120603-2.jpg

そしてコメダからもう少し走って、無事にトヨタ博物館に到着。
予めコンビニチケぴで2割引券を買っておいたのに
入館時に改めて入館券にひきかえるように言われた。


120603-3.jpg

玄関前には懐かしいボンネットバス(笑)
しかも乗り込める。
さっそく最後部に陣取って悦に入るエンスーおじさんを尻目に、
いそいそとシャッターを切りまくるワタクシ。
運転席を覗き込んで「ああ、輸出併用型だね」とエンスー。
何でわかるの?
「そのまま左ハンドルにシフトできるようになってる、ほら」
・・・ホントだ。
しかもシフトレバーは共有(^^;;


120603-4.jpg

入ってすぐのホールにどーんと鎮座していたのは、トヨタの一号車、AA。
シートが質の良さそうなモケット張りだの、後部ドアが前開きだの
いつもの調子であーだこーだやっていると、
ヒマを持て余しているのか、案内のおねいさんもいろいろ教えてくれた。
この頃はまだ社名はTOYOTAではなくTOYODAを名乗っていたそうで、
確かにホイールキャップにもTOYODAとある。
「創業者一族はTOYODAですが、社名は発音しづらさからTOYOTAに変えられました。
 だからエンブレムにもほら」
なるほど、漢字で「豊田」とありますな。
「自治体の名前はたしか・・・」
「TOYOTA市、です(^-^)」
おねいさん、ちゃんと勉強してます。解説ありがとう。


120603-5.jpg

左上:奥 黄色:Stutz Bearcat Series F
   手前 赤:Isotta-Fraschini Tipo I
右上:Chevrolet Confederate Series BA
左下:Rolls-Royceのラジエーター上で羽を広げるSpirit of Ecstasy。
   通称Frying Angel。…の、巨大レプリカ(笑)
右下:Ford Model 40


120603-6.jpg

左上:Peugeut B'eb'e。
   その名のとおり赤ちゃんサイズ(笑)
右上:Renault Type DJ
左下:Citro"en 5CV Type C3
右下:Citro"en 11B。通称Traction avant。

120603-7a.jpg

イスパノ・スイザ32CVH6b。ワタシの憧れの高級車である。
もともとスペインの企業だったが、二次大戦前夜のフランスでもてはやされ
アールデコ華やかなりし社交界での花形車であった。
ショーファーが座る前部シートは牛革だが、
後部座席、すなわち主が乗るシートは、ワニかと思ったらなんとヘビ革( ̄皿 ̄;
それもこのフシの大きさだと相当デカイ・・・オオアミメニシキヘビとかの
クラスじゃなかろうか(涙)


120603-8a.jpg

左下のラッパは、ガラスで仕切られた前部と後部の座席間でやりとりをするための伝声管。

「パーティ会場へ行く前に、ちょっとル・アーブル伯爵邸へ寄って頂戴」
「承知いたしました、奥様」
「ああ、鬱陶しい雨ね。帰る頃には上がっていると良いのだけど」
「左様でございますね、奥様」

・・・そんな感じで(笑)
あ、奥様はね、アールデコに特徴的なシルクのスレンダードレスに
チンチラのケープ・・・
あかん、ドレス入らん(-_-;)


120603-9.jpg

左上:Daimler Type45
右上:D"usenberg Model J
左下:Fiat 500。ただしこれは初代のトッポジージョ(古)・・・ではなくTopolino。
   ルパンが乗っていたのは二代目Cinquecento。
右下:Merzedes-Benz 500K


120603-10.jpg

左上:Packard Twelve, Roosevelt's Car。
   32代アメリカ大統領ルーズベルトの公用車。アメリカ国旗がハタハタと。
右上:同じく大統領の紋章がペカペカと。
左下:Rolls-Royce 40/50HP Phantom III。
   名車ファンタム。ちゃんとSpirit of Ecstacyが(笑)
右下:Lancia Astura Tipo 233C。なんとも優雅なボディ。

120603-11.jpg

Citro"en DS19。この個体、1958年の販売時点で195万円。
当時の大卒初任給は13467円というから、その高価さたるや推して知るべし。
ちなみに今年の大卒初任給は20万強。その伝で行くと、2800万円の車ということになる。
えーと、フェラーリくらい?(・_・;ひえぇぇ。



サクッと本館を見ただけでなんかもう目がゲップ気味だったが、
新館の日本車の歴史っぽい展示も、ちゅーねんふーふにはなんとなく思い出と
重なるものもあったりして、懐かしかった。
しかしもうぼちぼち足が痛い。へこたれて歩けなくなる前に

「リニモ、乗りたいの(・_・)」

・・・はいはい(-_-;)


120603-12.jpg

Linimoは正しくは愛知高速交通東部丘陵線という。
日本初のリニアモーターカーの実用路線で、
2005年開催の愛・地球博の交通手段として建設された。
でも超電導磁石じゃないらしいんだけど・・・その辺、無機化学研究室勤務で
門前の小僧だったワタクシ程度じゃよくわからない┐(´-`)┌

トヨタ博物館のある芸大前駅から、お隣の長久手古戦場駅まで乗ってみることにした。
おお、ホームドアだわ♪
とか感動しているうちに長久手古戦場駅に到着。
はー秀吉vs家康(本当は織田信雄もだけど)による長久手の戦いってこんなとこでやったのね・・・。
どうやら駅の近くに郷土資料館もあるらしいが、
今日はもう疲れちゃってそこまで行く元気がないので、大人しく撤退じゃ各々方(-_-;)

しかしここといい、関ヶ原といい、見通しのよい平原。
なんで身を隠すところもないようなとこにわざわざ陣を展開するんだろ、と思ったが、
大軍を擁し、大きく布陣できる側にとっては、山やら森やらに身を隠さず
そこで「たくさんいるよ?かかってくる?」ってアピールする方が上策なんだろうねぇ・・・。
それだと敢えて戦って兵を損なう必要もないし。
思えば山岳戦の得意な真田とかはもともと人数が少なかったんだった。
つまり戦場の設定は、大軍を擁する側の方にアドバンテージがあるわけだな、
などと夫と話しながら、折り返すリニモちゃんに乗って、博物館へ戻った。

いやーよく歩いた。
朝のバラ園(いやバラだけじゃないけど植わってるの)、昼からの車、
そしてリニモ。
本当にいっぱい見たねー、とご満悦な6月のワタシたちでした。



          

2012初夏 花フェスタ記念公園 - 2012.06.02 Sat

      
2年前に行ってから再訪を熱望していた花フェスタ記念公園に、
今年はバラまつり真っ只中の土曜日に出かけていった。
4時起き5時出の朝駆けである。
それでも8時の開園時間に微妙に遅れたせいで、すでに駐車場はかなり埋まっていた。
・・・ひえー。みなさん熱心だわ・・・(・_・;


120602-1.jpg
ちょっと雲行きは怪しかったけれど、そこはそれ
アタクシの念に雨も恐れをなしたか
公園内にいる間は降らなかったのだ!( ̄∇ ̄)


だってねえ、ご存知のとおり今年は我が家のバラちゃんたちがボロボロで(T▽T)
せめて余所様で目だけでも楽しませていただかねば。
ご近所の荒牧バラ園もそりゃあ綺麗だったが、
この花フェスタ記念公園は日本最大級の規模を誇るのであるから、
単純に物量だけでまったくレベルが違う。

・・・て、何より違うのが、ワタシの好きバラ品種の多さ。
今までも散々書いてきたが、ワタクシの好みは
一にカップ咲き、二にカップ咲き、

三枝もさんまもカップ咲き。

そして色合いは微妙な淡いグラデーション。
真っ赤!真っピンク!が大嫌いで、剣弁高芯咲きが苦手なのである。
この公園の中でも、剣弁高芯大輪揃いのアメリカのエリアはほぼ素通り(笑)
フランスとイギリスの育種家のエリアはじっくりねっとり舐めるように見て回った。
(説明中のERはイングリッシュ・ローズ)


120602-2.jpg


《イエロー系》
左上:【アンバークイーンAmber Queen】 ←多分(汗)
    ER フロリバンダ系 中輪 丸弁盃状咲き 微香 四季咲き
右上:【グラハム・トーマスGraham Thomas】
    ER シュラブ カップ咲き 中輪 中香
     デヴィッド・オースチンの友人である偉大なバラ研究家の名前から。
左下:【シャーロット・オースティンCharlotte Austin】
    ER シュラブ カップ咲き 中大輪 中香 
     デヴィッド・オースチンの孫娘の名前から。
右下:【ゴールデン・ボーダーGolden Border】
    ER フロリバンダ系 丸弁カップ咲き 中輪 中香 四季咲き

実は黄色も本来あまり好きではないが、小~中輪で
丸弁カップ咲きのこの子たちは実に愛らしい。


120602-3.jpg


《オレンジ系1》
左上:【アンブリッジ・ローズAmbridge Rose】
    ER シュラブ カップ→ロゼット咲き 中大輪 強香 四季咲き
     BBCの人気番組「アーチャーズ」シリーズに登場する
     架空の町「Ambrige」に因んで。
右上:【ジュード・ジ・オブスキュアJude The Obscure】
    ER シュラブ ディープカップ咲き 中大輪 超強香 四季咲き
     1891年に書かれたトマス・ハーディの小説「Jude the Obscure」から。
左下:【パット・オースチンPat Austin】
    ER シュラブ カップ咲き 大輪 強香 四季咲き
     デヴィッド・オースチン最愛の妻の名から。
右下:【トロイラスTroilus】
    ER カップ→ロゼット咲き 中輪 強香 四季咲き
     シェイクスピア劇『トロイラスとクレシダ』のトロイの王子の名から。


120602-4.jpg


《オレンジ系2》
左上:【ジェーン・オースチンJane Austin】
    ER シュラブ カップ→ロゼット咲き 大輪 中香 四季咲き
     デヴィッド・オースチンの次男の妻の名から。
右上:【チャリティCharity】
    ER シュラブ カップ→ロゼット咲き 大輪 強香 返り咲き
左下:【アンブリッジ・ローズAmbridge Rose】←二度目・・・
右下:【リアンダーLeander】
    ER シュラブ ロゼット咲き 中輪 中香 返り咲き
     ギリシャ神話のひとつの物語の主人公から。


120602-5.jpg


《ピンク系1》
左上:【ラ・フランスLa France】
    ハイブリット・ティ 剣弁高芯咲き 大輪 強香 四季咲き
     モダンローズの第1号となった重要なバラ。
     苦手な剣弁高芯咲きだが(笑)その歴史に敬意を表して。
右上:【ヒストリーHistory】
    ハイブリット・ティ ロゼット咲き 大輪 微香 
左下:【アラン・ティッチマーシュAlan Titchmarsh】
    ER シュラブ ディープカップ咲き 大輪 強香 繰返し咲き
     園芸番組担当のテレビキャスターの名から。
右下:【サー・ウォルター・ローリーSir Walter Raleigh】
    ER シュラブ オープンカップ咲き 大輪 強香
     言わずとしれたエリザベス1世のお気に入り、
     サー・ウォルター・ローリーから。


120602-6.jpg


《ピンク系2》
左上:【セント・セシリアSt.Cecilia】
    ER シュラブ カップ咲き 大輪 強香 四季咲き
     古代ローマの音楽の守護聖人。
右上:【セプタード・アイルScepter'd Isle】
    ER シュラブ カップ咲き 中輪 強香 四季咲き
     シェイクスピア劇『リチャード2世』の登場人物ランカスター公の台詞より。
左下:【エグランタインEglantyne】
    ER シュラブ ロゼット咲き 大輪 強香 繰返し咲き
     20世紀初頭イギリスで「セーブ・ザ・チルドレン基金」を設立した
     エグランタイン・ジェブに由来。
     別名マサコ。こちらは皇太子妃雅子様のお名前を戴く。
右下:【ルドゥーテRedoute】
    ER シュラブ ロゼット咲き 中大輪 強香 繰返し咲き
     植物画家ピエール=ジョセフ・ルドゥーテの名から。
     以前ワタクシもこの人物の絵柄のバッグを買ったことが・・・
     ・・・あ、買ったのは本か(爆)


120602-7.jpg


《白系と赤系》
左上:【ジェントル・ハーマイオニーGentle Hermione】
    ER シュラブ カップ咲き 大輪 強香 繰返し咲き
     シェイクスピア劇『冬物語』の登場人物の名から。
右上:【グラミス・キャッスルGlamis Castle】
    ER シュラブ カップ咲き 中輪 中香 四季咲き
     シェイクスピア劇『マクベス』の舞台となり、
     故エリザベス皇太后が幼少期を過ごしたスコットランドの城が由来。
     ちなみに英国人の発音ではしばしば「カースル」と聞こえる(笑)
左下:【ラウル・フォルローRaoul Follereau】
    フロリバンダ系 中大輪 中香 繰返し咲き
     1950年代にハンセン病患者救済に尽力した人物の名より。
右下:【同上】

赤。ワタクシが赤を撮るとは( ̄▽ ̄;
でもこの赤、実に不思議な色合いでして。
この写真も加工してないんですが、この微妙な透明感に引きこまれました。
真っ赤じゃない。濃いピンクでもない。
コチニールレッド■■■とかルビーレッド■■■とか、
紅(くれない)■■■とかcrimson■■■とか、
そんな感じの色なんだけど、どれとも判定しがたい。
自然ってすごく不思議ですね。


120602-8.jpg

【ピエール・ドゥ・ロンサール Pierre de Ronsard】
 クライミング カップ咲き 大輪 微香

もうね、すんごい可愛い(≧∇≦)
そんですんごい悔しい(T▽T)
うちのピエールも、今年はずいぶん枝も伸びてきて、
上手にトレリスに絡まるようになってきてたのに(泣)
でもどこのバラ園にもまず植えられている品種で、とてもとても愛しているので、
たくさん見られただけでもシアワセ・・・(* ̄∇ ̄*)

以下、ピエールちゃんたちのいろんな表情をお楽しみください +。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚
写真をクリックすると拡大するので、大きな画像で是非どうぞ♪

120602-9.jpg


120602-10.jpg 


120602-11.jpg


120602-12.jpg


120602-13.jpg

なんていうか、どこにどう置いても、どう仕立てても
ちゃんとはまるのがピエールのすごいとこです。

あ、ちなみに名前の由来は、フランスルネサンス期の詩人から。
貴族の出身であったピエール・ドゥ・ロンサールは、当初外交官として各国の宮廷に赴いたが、
やがて詩人として名を挙げ、各国の王侯たちに愛された。
彼の名を冠したバラは、フランスのMeilland社で作出されたが、
彼自身も『Roses』『The Rose』などの詩を書いている。
・・・無論原題はフランス語だろうけどね(-_-;) ワタシが読めたのは英語版。


120602-14.jpg
これはオレンジ系でもご紹介した
ジュード・ジ・オブスキュア
Jude The Obscure。
なぜか今年のワタシには
アプリコット~クリームが
ヒットするようで、
この花型が特にツボる。


120602-15.jpg
バラの花の色は、その日の
気温や日差しによって
どんどん変わっていってしまう。
同じ品種でもこのとおり。
当然ながら開き方も変わるので
まるで別の花のように思える。
けど、これもジュードです。
ちなみにビートルズの
「Hey, Jude」とは
まったく関係ないらしい(笑)



120602-16.jpg


ああ~もう、このフルーティな香りにノックアウトo(≧∇≦o)(o≧∇≦)o
来年も行くぞー!!

・・・ってか、来年こそ自宅栽培頑張るぞー・・・・・・(TT)



       

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

いらっしゃいませ

このblogは
さくら通り
の1コンテンツです

今月のオシゴト

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

各記事下部の(CM)を
クリックすると
書込窓が現れます

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

過去ログはこちら

さくらが丘雑記(旧)

ご注意

管理人が不適切と判断した
書込は即刻削除します

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。