FC2ブログ
topimage

2013-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラはバラは 2013秋編 - 2013.10.30 Wed

    
昨日うっかりと、写真レイアウトはワイルド状態、文章空っぽ、タイトルなしという
こちらの日付の方をアップしてしまいましたが、
ただしくは昨日書いた(10/26付分)でございます(^^;
で、改めて本日分(10/30付分)をアップ。


秋を迎えた我が家のベランダ。
急に秋めいてきて、夏の間ぐったりしていたバラちゃんたちもようやく再稼働。
でもあまり大輪・中輪系はすでに秋の勤務が終わったらしく、
今咲いているのは小輪系です。

131031-2.jpg


GWに京成バラ園で購入したRomantic Laceは、なんでか色が濃いピンクから変化しちゃった。


131030-6.jpg

でも秋バラって透き通るような色合いが美しい。
それが似合う色目になったと思うことにします。


131031-1.jpg


Antique Laceも艱難辛苦を経てただいま絶賛開花中(T▽T)おかーさん嬉しい。


131030-7.jpg

先日購入してきたERのひとつ、ザ・シェパーデスも開花しました。
風が吹くとふっと家の中まで香ってくる強香。
これがとってもフルーティ。
ミルラ香とは違いますが、とても柔らかく温かい香りです。


131031-3.jpg

…でもわりとすぐ散ります(T▽T)
散ってもいい香り♪


131030-5.jpg

バラの他にも、インパチェンスのカリフォルニアローズも満開で、
肌寒くなっていくまでのわずかな期間、
我が家のベランダはささやかに賑わっております。



          

スポンサーサイト

David Austin English Rose Garden - 2013.10.26 Sat

   
前々から行きたいと夫にねだっていた
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデンに行ってきた。

131026-1.jpg

ここは泉南市が経営する農業公園「花咲きファーム」の花畑エリアを、
デビッド・オースチン・ローゼスに任せている。
…といってもつまりはほとんど丸投げで花作りをさせ、客を呼んでいるワケであるが。


131026-2.jpg

前日までの台風と雨で、ただでさえ少なめの秋のバラが傷んだり散ったりしていて
ちょっとお淋しい状態ではあったが、
それでも四季咲きのいくつかはまだ美しいものもあった。
なによりここのローズガーデンは、すべてがER(イングリッシュローズ)。
すばらしー♪

左上:Scepter'd Isle
右上:Molineux
左下:Grace
右下上:Lichfield Angel
右下下:Jubilee Celebration


131026-3.jpg

で、今回連れて帰ってきたのはこの二つ。
ひとつは、昨年のマンション大規模修繕のため
日射不足で枯らしてしまったJude the Obscure。
来春は絶対に咲かせてみせようホトトギス、というわけでリベンジ購入。
もうひとつは花型、色合い、香り、名前すべてに惹かれてThe Shepherdess。
えーと、某小説にも出てきたエリザベス朝の貴族で詩人の
フィリップ・シドニー氏の手による『Countess of Pembroke's Arcadia』に登場する
羊飼い女から取ったのだそうな。
まだ蕾はいくつか待機状態で、しばらく愉しめそうだわん(* ̄∇ ̄*)



     

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

いらっしゃいませ

このblogは
さくら通り
の1コンテンツです

今月のオシゴト

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

各記事下部の(CM)を
クリックすると
書込窓が現れます

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

過去ログはこちら

さくらが丘雑記(旧)

ご注意

管理人が不適切と判断した
書込は即刻削除します

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。