FC2ブログ
topimage

2014-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドキドキで壊れそう3000円足♪ - 2014.02.11 Tue

   
以前にも書いたが、ワタクシの足は非常に面倒くさい足である。
まず扁平足。
加えて外反母趾。
そして巻き爪。
もうひとつつけ加えるならば、膝にも靱帯断裂時に入れたボルトが入っている。
要するにいろいろと不都合が多いわけだ(^^;

前回書いた際には、Comfort Clinicの上等なサンダルを買ってご満悦だったワタクシだが、
このところ、そんないい靴にはとんとご縁がない。
最近ワタシの足を彩る(比喩だ比喩)のは、スーパーの靴売場で売られている
しかもバーゲンの、ケミカルシューズなのである。



ケミカルシューズと言えば、神戸市長田区が発祥の地。
全国でも有数のコリアタウンがあり、もともと皮革産業の盛んな場所だったが、
戦後の合成樹脂産業の発展とともに新業種としてファッション靴の製造を開始。
生産量の半分に迫る輸出量を誇っていたが、オイルショック・阪神淡路大震災の
二度の打撃を受け、壊滅的な被害を被った。
大震災のニュースで、小さな工場のオーナー小父さんが
真っ黒に炭化した仕事場を見て涙する光景が、今でも忘れられない。

その後、例の鉄人28号(笑)や、『男はつらいよ』のロケなど、
長田を盛り上げようとする地元や神戸市の活動の甲斐あって、
街は活気を取り戻しつつあり、ケミカルシューズ産業も盛り返してきている。



そのケミカルシューズも、近年は単純な一型で
画一的に生産するという態勢からは変わってきているようで、
「履きやすさ」を主眼に置いたものも数多く生産されている。
だからこそ、めんどくさいワタクシの足に合うものも見つかるようになったワケだが。

そう、ワタシも「ケミカルなんて、足に合うわけない」と思い込んでいた1人である。
だってねぇ、イメージとしても「安物くさい」「色がすぐハゲる」「おばちゃんのツッカケ」
だったんだもん。

ところがある時、ふとデキゴコロで、スーパーの靴売場に転がっていた
1足2980円のバーゲン品に足を突っ込んでみたら、


………ああ……(* ̄∇ ̄*) ……なんなのこのラクチンさ……。


いや、単にワタシが「オバチャン足」になったからかもしれないんだけど(-_-;)


それにしても、こんなにも進化しているとは思わなかった。
以前履いてみた時は、デザインもどうしようもないものばかりで、
足入れの感触も緩すぎるか固すぎるかだったのだが。
…まぁそうは言っても、スーパーレベルの靴だと所詮サイズ展開はS・M・L・LLってとこだし、
デザインに関してはもうちょっと努力が欲しいところではあるが、
普段履きにする分には何ら問題はない程度まで向上した、とワタシには見える。

たとえば中敷きのブランド名プリント。
あれがそこそこのメーカーのものにすり替わっていたとしたら、
そしてそれがデパートで売られているとしたら。

…たぶん、気づきません…。

だってイマドキ「ケミカルシューズ」なんてわざわざ銘打たなくても、
合皮の靴なんてデパートで山ほど売られてますもの。
むしろ手入れが楽。
雨の日OK。
言うことないじゃありませんか。
ぶらぼーケミカル!ぐっじょぶ長田!



てなわけで、最近スーパーに行くと靴売場チェックに余念がないワタクシ。
出会いは逃しませんよ!とばかり突進する妻に向かって
呆然と見送る夫は呟いた。


「…うちの妻の足は3000円…」


安上がり 経済的でいい妻じゃないの!ヽ(`Д´)ノ



140212.jpg


※ちなみにタイトルはアニメ「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000%」の主題歌から。
 こちらも最近夢中です(* ̄m ̄*)


      
スポンサーサイト

ニンゲンカンケイ - 2014.02.05 Wed

  
姪ちび子は、対人関係に非常に敏感である。
彼女の母であるワタシの妹も、神経質なくせに、というかそれゆえにか、
友達関係を慎重に見極め、うまく距離を保ちつつ上手に付き合っているのだが、
それを見ているちび子は、さらに友達に対して気を遣っている。
それはたぶん、ハミゴといわれる「村八分」にされたり、
他人から変人扱いされるのを恐れるがあまりなのだろうが、
ちょっと子供らしからぬくらいの気の遣いようなのだ。

ある日、妹はちび子の机の上に一冊のノートを発見。
見てもいい?と娘に聞くと、どうもそれは彼女なりのSOSだったようで、
疲れたような「いいよ」の言葉が返ってきた。


140206-1.jpg


…なんでしょうこのタイトル。
いつもならネタになると笑い飛ばすところだが、
このところのちび子の様子を知っているだけに、妹としては看過できないものを感じたらしい。
ページをめくると、描かれていたのはこれだけだった。


140206-2.jpg


ちび子は近頃、今まで史上マックスに友達関係で思い悩んでいる。
いつも一緒に下校する仲良し同級生4人のうち、二人がこの中の性格に当てはまるらしい。
ここ数年来彼女が友人関係にいろいろと悩みを抱えているのは知っていたが、
その理由はちび子自身にあるのではなく、彼女を除く3人が
互いに角突き合うことが原因らしいのだ。

面倒な2人は似たようなタイプで、見えない衝突があるそうだ。
ちび子はそれぞれから愚痴を聞かされる。

面倒1ちゃん「面倒2ちゃんなんて放っておいて早く帰ろうよ!」
ちび子「でも、いちおう声かけてくる」
面倒1ちゃん「ちび子ちゃん、面倒2ちゃんのこと好きなの?
 放っておけばいいじゃん!どうせおしゃべりしてて遅いんだから」

…有無を言わせず従わせる面倒1ちゃんに意見できないらしい(-_-;)
そして無理矢理引きずるようにして連れ帰られ、
あとで面倒2ちゃんにもフォローを入れるハメになる。

ちび子、家のドアを開けて妹の顔を見ると、まずは盛大にため息をつき、
抱きついてさめざめと泣くんだそうだ。
義弟は娘可愛さのあまりに「そんなやつらと友達なんてやめてしまえ!」と怒るらしいが、
似たような性格の妹としては、女同士の関係がそう簡単にはいかないこともわかっているので
ただちび子を慰め、話を聞いてやるしかない。


やがてちび子、自ら混乱する脳内を整理しようと試みた。
それがこのノートらしい。
妹曰く「書いて勉強することが身についてはいるが、コレも?って感じ(笑)」
まさに分析→考察→シミュレーション、だな…
見事だ4年生。

じっくり考える必要があるのは、これ全部だよね(笑)
「気分屋さん」も「きずつきやすい」子も、「すぐすねる」子も「わがまま」な子も。
みんな「何を言ったらそうなるか、どんな行動をしたらいいのかをじっくり考える必要」があるよ。
それにね、大人になると一番怖いのは「笑顔」しか見せないひとだってわかるよ…(・_・;


他の子はたぶん、ちび子ほど他人に対して気を遣ったりしないんだろう。
小学4年生ならそれが普通だ…というか、そんなものだ。
いじめられたら「あの子はいじめっこ。わるい子だ」って烙印を押して、
反対陣営の子と悪口言ってりゃ気もおさまる。
でもちび子はそれが出来ない子だから。
だからツライんだよね…。

妹曰く「気を付けないと、八方美人だと誤解される…経験談」だそうで(^^;
そうね「みんなと仲良く」が基本方針の子にはそういう苦労もあるんだよね。
何も努力せず、考えずに他人と巧くいくなんてあり得ない。
友人関係もだけど、結婚もね?(・_・)


このへん、同じ姪でも上弟の娘であるまる子はちょっと違う。
彼女はワタシと似ているところが多いというか…まぁ天衣無縫に近いところがある。
長女の典型といえばいいのだろうか(^^;
でも長女は長女の苦労があるのよ…。苦手でも親の付き合いに同席させられたりね。
ねっ、まる子(^▽^)

でも我ながら昔のちょっとしょっぱい経験を思い出したりもする。
それまでの天衣無縫だけでは、歓迎して貰えないどころか、
露骨な嫌悪を示されたり、面と向かって否定されたりすることもあった。
それ以来ワタシはだんだんと対人関係に気を遣うようになり、臆病になり、
電話が苦手になり、完全な引き籠もりではないが、一時期それに近いような状態にもなった。
ま、ズンドコ…ではない、ドンゾコまでいけば人間どうしたって上がってくるしかないので、
なんとなく浮上してきてしまったのだが。


そんな、未だにどうしても他人との諍いが怖いワタシが、
ある人に言われたことをちび子に贈る。


「あなたはとてもニュートラルな子だよね。
 公平感、バランス感覚がちゃんとある」


これを言われた時、とても気持ちが楽になった。
だからあなたにもこれを言ってあげたい。
だいじょうぶ。ちゃんとその公平さを見ていて、評価してくれるひとがいるよ。


八方美人上等。
世界平和バンザーイ\(^0^)/

オソウジシマショ。 - 2014.02.03 Mon

    
掃除機の吸い込みがとても悪くなってきた。
ゴミの中身なんぞ見たくはない我が家は厳として紙パック派なのだが、
現在の掃除機は実家の父がゴルフの賞品で貰った、
無論サイクロンでもなくパワーノズルでもない、
最低限の機能と能力を持った、ぶっちゃけ安物で性能的には可もなく不可もないが、
重量が軽いこととタダだったことが最大のお気に入りという某社のものだ。

しかしね。
さすがにこれだけ吸い込みが悪くなり、コードの巻き込みも悪くなってくると、
新しい子をお迎えしたくなるというものだ。
おまけになまじタダで手に入れたものだから、
けっこう張るだろう修理費用を出すのも割に合わない。


で、ある日家電量販店を覗いた時に出会った子にお出ましいただくことになった。
夫は当初「Mieleがいいよぅ~」とか言っていたが、
重いのは御免被りたいワタシは断然こちらをプッシュ。


140203-1.jpg

Electroluxのエルゴスリー。
しかも最下級モデル(笑)
車も掃除機も余計な機能は要りません(-_-;)


140203-2.jpg

くだんの家電量販店でこれを見ていたら、
たまたま営業に来ていたElectrolux社の営業と思しき小父様が
懇切丁寧、ぶっちゃけ耳タコな解説を蕩々と述べてくださる。
にこにこ笑いながらじっと聞き入る(フリの)ワタシたち夫婦。
曰く、音が静かなのはパワーブラシではないから。
価格が安めなのもそれゆえで、絨毯のない家にはこれで充分、
むしろ回転ブラシの手入れが大変、などなど。

まあでも小父様の仰るポイントのひとつひとつは
我が家的条件に合致していたので、夫が価格交渉。
今度は小父様じゃなくて、家電店の小母様に
「価格.comではこの価格だった」といきなり鬼畜な値段をぶつける(笑)

「さすがにその値段では…」ということだったが、
代わりにポイントを多めに付けてもらえることになって、まぁよしとした。
ワーイ♪これでめでたくこの子がうちの子になりました(^▽^)

回転ブラシがないのは、面倒くさがりのワタシにはとてもありがたい。
もうね、髪の毛が絡まっているのを取るのがイヤでイヤで(-_-;)
確かにこれ、絨毯がどこにもない我が家にはぴったりでした♪


140203-3.jpg


…ということなので、今までよりはもうちょっとマメにお掃除します…(TT)


       

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

いらっしゃいませ

このblogは
さくら通り
の1コンテンツです

今月のオシゴト

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

最近の記事

最近のコメント

各記事下部の(CM)を
クリックすると
書込窓が現れます

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

過去ログはこちら

さくらが丘雑記(旧)

ご注意

管理人が不適切と判断した
書込は即刻削除します

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。