FC2ブログ
topimage

2014-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ねーちゃん昼メシ奢って」 - 2014.07.30 Wed

 
突然そんな電話が下弟からかかってきた。
アンタ、自分がシフトの関係で今日休みだからって
奥さん仕事で遊んでもらえないからって、なんなのその唐突さ(・_・)


で、二人で赴いた先は、まだ行ったことがなかった西宮マリーナ。
芦屋マリーナや新西宮ヨットハーバーのごとき、美しく整備されたマリーナと、
穏やかな大人の集まる居心地の良いカフェを想像していたワタクシたちの期待はことごとく裏切られ
そこはジャリジャリの砂地のままで整備もほとんどされておらず、
ギャルとチャラ男とウェイクボーダーだらけのトレーラーハウスが建ち並ぶ海の家のエリアだった。

その中でいくぶんマシな店aqua south coastに入ることにした我々。
でもここも、本店はR43沿いにある、ヤンキーが大挙してやってきそうな店なんだけど(-_-;)

   
140730-1.jpg

我々が入った当初は、店員も客もギャルとチャラ男ばかり。
「間違いなくねーちゃんが店内で一番年上やな」とか、言われんでもわかっとるわ!
アンタだって男子でイチバンおっさんに紛れもないわっ(炎▽炎)
互いに鼻で笑ったあとで、どよ~んと落ちこむ姉弟。
落ち込みついでに腹肉摘むパフォーマンスは要らんぞ弟よ(-_-;)
…あとになって年配のカップルやおばあちゃんが入って来たときは、
二人してどれほど心慰められたか(T▽T)

朝ご飯を「死ぬほど食ってきた」下弟はパスタ・ジェノヴェーゼを、ワタシはロコモコをオーダー。
女子ならばこれだけでランチになりそうな分量の前菜は二人前をワンプレート盛り。
ワタシのロコモコは、あからさまに冷凍ハンバーグなんだけど、
ソースがまあまあでお値段なり。
ご飯が多かった!食べきったけど!


ところが下弟のジェノヴェーゼがいつまで立っても来ない。
バジル摘みに行ってるんだよ、とか、いやいや小麦刈り取ってるんだ、とか
お約束のやり取りをしながら待つも
30分経ってもまったくその気配もないので、さすがに店員に訊いてみたら、
「申し訳ございません、ただいまパスタを茹でております」
やがてやってきたジェノヴェーゼは、
スパゲティーニとヴァルミチェッリの中間くらいのほっそーいパスタだった。
…どんだけ長時間茹でとんねん(-_-;)

今日初めて店に出たというギャル店員が可愛いからと、
文句もつけずニコヤカに「ああいいですよー」許すオッサンに、
ねーちゃんは度量の大きさを見直すというか、我が弟ながら大人だなと感心するといおうか、
本気で(こいつアホや…)と思ったワケです(笑)


…しかしまあ…本日最大の謎は
なんで下弟と、かようにオサレな場所に来ているのかってことだったね(・_・)

    
スポンサーサイト

あー夏休み - 2014.07.24 Thu

    
140722-1.jpg夏休みのオモテナシウィーク続行中。
義妹1と甥2まる太が帰った翌日は
一人で実家へやって来た姪2ちび子のお供で初ハルカスへ。
が、いかんせん人が多過ぎる(-_-;)
人いきれに弱い我ら、近鉄百貨店をちょっと見て、
ビュッフェレストランでランチしただけで撤退。
そのレストランにて、小学五年生、ごぼうの天ぷらに色めき立つの図。
…相変わらずヘンなヤツ。
この後ろ姿が母親である妹とクリソツだと兄弟LINEで盛り上がる。


140722-2.jpg
その後、梅田に移動して、グランフロントで雑貨屋巡りして、
姫君のご希望でスタバって、貴和製作所で材料買って、
姫君のネックレスをご用命頂きました。
目見えないけどおばちゃん頑張る〜L( ̄□ ̄;」



140724-1.jpg 140724-2.jpg

二日後。
今度はちび子と両親を乗せて六甲山カンツリーハウスへ。
山の麓の我が家より、体感温度は3〜5℃ばかり低い感じ。
紫陽花も綺麗だし、陽射しさえ避ければ快適だった。
池には鯉がいるらしく、ちび子、じーじにエサを飼って貰って、
エサやり体験してみることになった。


140724-5.jpg


    …のだが!

  
140724-4.jpg
  
鯉どもの貪欲さにひるむ。
いうなれば100匹に無理矢理ちゅーを迫られている感じ。
ビビりつつエサをやり、ひとまず撤退(・_・;
  
  
140724-3.jpg
その後、姫のご希望により、足漕ぎボートに乗ることに。
しかし姫の細っこい足では、同じ所を
ぐるぐる回るのが関の山。
といって足の痛い両親に漕げるはずもなし。
……やっぱりワタシか!( ̄▽ ̄;

 
  
140724-8.jpg池の中央に行こうと漕いでいると、
なんと鯉たちが追いかけてくる!
こ、コワイっ!
逃げろ〜と必死で足を動かすが
前方からも鯉の群がボートに突っ込んでくるではないか。
前門の鯉、後門も鯉。


彼奴等の目当てはちび子が手に持ったエサである。
ひ〜!とか言いながら逃げ回る我々。
追う鯉たち。
ひとしきりそんなふうに遊んで、姫は楽しかったらしい。
行きは車酔いでゲロゲロいってたのに、帰りは実にご機嫌さん。
…まぁ、よかったよ、うん。
ワタシはフトモモにミが入ったけど(-_-;)


140724-6.jpg
140724-7.jpg

帰りに芦屋へ降りて、まきのでランチ。
夏場は食べ放題の塩辛置いてないらしく、マグロ味噌とやらがほんのちょっぴり。
さびしー…(T▽T)

その後、うちのマンションの駐車場に置いていた父の車で、
三人は帰っていきました。
…姫君、帰りは熟睡して酔わなかったらしい(笑)
      
      

琵琶湖ちょろっと1/3周の旅 その2 - 2014.07.21 Mon

140721-20.jpg

さらに琵琶湖岸を北東へ進み、国宝彦根城へ。
もんのすごい炎天下、城砦のある丘を登るのに一苦労。
…平城なんか嫌いだ(T▽T)
   ※山城は山の上に駐車場があって、歩いて登る必要はないところがほとんど。


140721-21.jpg
あっひこにゃん!!
誰かが指さす櫓門の上には、彦根市の誇るドル箱…
もといゆるキャラのひこにゃんが。
やれやれイベントに間に合ったか。


140721-22.jpg

抜刀前のポーズでぐるりとカメラ目線(笑)
皇后陛下のように「ひこにゃんさんは、何人で演ってらっしゃるの?」とか
訊いてみたいと思った。


140721-23.jpg

彦根城は国宝である天守と櫓、その他の建物も重文指定を受ける、
かつての彦根藩の役所が置かれた場所であり、藩主井伊家の居城であった。
もちろんかの大老井伊直弼もこの城の城主であったわけだ。
現在では時代劇の撮影にも頻繁に使用される、天下の名城である。


140721-24.jpg

炎天下、並んで入館した天守は、先日の大坂城とは違って(笑)、ちゃんと内部は木のまま。
平城であるがゆえに、攻め寄せられた場合の対策として、
鉄砲狭間(てっぽうざま)はもちろん、廻廊側の板戸には引き手がない。
また、上階に登るためには急角度の階段を、
こればかりは観光のために設置された手すりに縋って這い登るしかない。
敵が登ろうとしたところを突き落とすんだそうだけど、
それだけにホントにめちゃくちゃ急なんだよ……(-_-;)


140721-28.jpg

同じエリアにある彦根城博物館はオススメである。
ここはかつての表御殿(政庁)を復元した建物に、様々な展示が施されている。
鉄筋コンクリート造の収蔵物展示スペースには、井伊の赤備えと言われた
赤い革糸威しの鎧兜が素晴らしい状態で保存されている。
他にも、彦根藩が文化の点でも優れていたことがよくわかる能装束や湖東焼、
秀吉の朱印状やら初代藩主直政の書状などの資料性の高い展示物は、
歴女なら萌え萌えよっ♪(=´∇`=)
…特にワタシが色めき立ったのは、伝・平惟盛という笙・松風だけど。
復元された奥向きやらお舞台もすごい。
唐紙を張り巡らせた贅沢な御座間にため息…(´Д` )


140721-25.jpg

外に出るとすでにお昼を回っていた。
特になんということもない週末なのに、城下町ふうに改装された夢京橋キャッスルロードには
土産物屋の方が多くて、気軽にランチできるお店は少なく、
目星を付けた蕎麦屋もんぜんやでもしばらく待つハメに。
でも天ざる美味しかったッス♪
街では戦国無双4の発売とタイアップして、MITSUNARI11とかいうイベントをやっているらしい。
…コーエー、相変わらず商売巧いな…。


140721-26.jpg

暑い彦根を撤退、そろそろ日も傾き始めたところで、
近江八幡のクラブハリエ日牟禮ヴィレッジへ。
焼きたてバウムクーヘンを買ったのだが、端っこスキーとしてはその切り落としが気になる。
恥を忍んで訊いてみたが、残念ながら売ってくれないらしい (´・ω・`)チッ
そしてティールームは満席(-_-;)


140721-27.jpg

仕方がないので向かいにあるたねやへ。
店中にある床几に腰かけて、店内で買えるつぶら餅と、お茶をいただく。
夫はつぶら餅入りの冷やしぜんざい。
冷たいお茶をいただいて、少しだけ甘いモノを食べて、
元気を回復してから、帰路についたワタシたちでござった…(←武士モード)


      

琵琶湖ちょろっと1/3周の旅 その1 - 2014.07.21 Mon

    
「そろそろ蓮だね!」

ワタクシ、満面の笑みで夫に向かう。
苦笑いの夫に連れ出されて、琵琶湖は烏丸半島にある、
草津市立水生植物公園みずの森へ行くことになった。


140721-14.jpg

公園入口には、草津市が流行に先駆けて設置はしたものの、
見込みより風量が少な過ぎた上に壊れてオブジェ化した「くさつ夢風車」がボーッと立っている。
今年の初めには「年度内に運転再開」と記事が出たが、今もって止まったまま。
日本全国に立つ風力発電設備で、こういった事例は多いらしい。
自然の力に頼るだけ、文字通り風任せの発電では、安定的な電力供給は覚束ないんだなー。


140721-1.jpg

まだ満開にはちょっとだけ早いが、見渡す限りの蓮・蓮・蓮。
それにしても、2009年にはまったく同じ日に来ているのに、その時は満開だったのよ。


140721-2.jpg

蓮の花って大好きなのだが、見るたびにこの和歌を思い出す。

  蓮葉の濁りにしまぬ心もて何かは露を玉とあざむく
               (古今和歌集 巻三 165 僧正遍照)

…況んや濁りまくってる我が心おいてをや。
だから飾り立てずにはおられぬのですな。シワとかシミとかシラガとか(T▽T)


140721-3.jpg

蕾はぷっくり、開き始めるとふんわりしてて愛らしいところが好き。
でもお釈迦様の座布団なんだよね(-_-;)

寺の法要などでいただく散華(華葩(けは))はこの蓮の花びらを模したものらしい。
デザインや絵が可愛いのはちょっとコレクションしたくなるくらいです。


140721-8.jpg

この世で一匹!ではないトノサマガエルのピョン吉さま。
見事に枯葉と土の色に化けきってますが、アタシの目は誤魔化せないよ!(`∇´)
…って前に姪ちび子が言ってたんだもん…。

140721-4.jpg

なんだろうこの鳥。
鵜かなぁ…。

140721-5.jpg

蓮の群生地は無料エリア、というか、水生公園の柵外なんだけど、
せっかく来たから、公園内部もと料金を支払って入園。
百日紅も満開。
…てことは、クマンバチさんたちもお仕事熱心な時期(-_-;)


140721-6.jpg


140721-7.jpg

園内の池には睡蓮も咲いている。蓮との違いはご覧のとおり。
睡蓮は水面近くで咲いて、花が終わるとそのまま散るだけだが、
蓮は花托ができ、この中にある種子が俗に言う「蓮の実」である。
蓮と睡蓮を合わせて「蓮華」というのだそうだ。


140721-9.jpg

今頃メダカ?と思ったが、別にメダカは春先にのみ現れるものではないらしい。
…ってか、メダカ自体が成魚だって知らなかったワタクシ…。


140721-10.jpg

このケッタイな花は「地湧金蓮(チユウキンレン)」というそうな。
サボテンみたいだなと思ったが、バナナの仲間らしい。
巨大。


140721-11.jpg

140721-12.jpg

140721-13.jpg

蓮も睡蓮も堪能した。
無理無理名物に仕立てました感満載の蓮の葉粉末入りソフトクリームも食べたし、
さてこれからどうしようか。


140721-15.jpg

ラフォーレ琵琶湖の向かいあたりに、以前通りがかりに見つけたお花畑。
前に来たのは菜の花の時期で、モンキチョウがヒラヒラ舞う中で
うちのくじら1号がのほほんと幸せそうにしてました(笑)
今は向日葵満開!
午前中なのでみなさんお行儀良く東向いてます。
…なんかちょっとバザーのうどん行列廊下を思い出しちゃった(´・_・`)


140721-16.jpg


140721-17.jpg

やっちゃいけないんだよ、こういうこと。
…わかってるんだけど、なんか表情が可愛くて、つい笑っちゃった。
ひょっとしたら畑作ったひとたちがやったのかもしれないしね(笑)


140721-18.jpg

元気の象徴。
まっすぐおひさまを向いて、生きていく。
負けないもん、って言ってるような気がしました。


(続く)
       

That's Osaka! - 2014.07.20 Sun

    
上弟の家族1/2…義妹1と甥まる太が、夏休みで実家に泊まりにやってきた。
お坊ちゃま、暑い最中に、大坂城に行きたいと思し召し(笑)
最近足が悪くて、あまり歩けない母を留守番に、父と夫とワタシがお供することになった。


140720-1.jpg

ワタシ自身、大坂城なんて何年ぶりだろう。
数ヶ月前に友人たちと近くの歴史博物館に行ったとき、上階から大坂城公園を見下ろして
うわーこんなに広かったっけ?と思ったけれど、天守閣に登るのは、たぶん数十年ぶり(^^;
あ、ちなみに城の名前は正しくは「大坂」城。
なので城を抱える公園も「大坂城」公園で、北側にあるJRの駅の名前も「大坂城」公園駅。

140720-2.jpg

折しも大河ドラマ『軍師官兵衛』のせいで、彼が仕えた秀吉の居城として有名な
大坂城は人気の観光地となっているはず。
さぞかし大河ファンの観光客が多かろう、と思っていた我々が度肝を抜かれたのは、
ほとんどの見学者が中国人観光客だったことだった。
あまりの多さに写真を撮るのを忘れたが、40台ほども並んだ観光バスは
ほぼ全てが彼らのチャーター。
城内もほとんど日本語が聞こえてこない有様。
…すごいわ…ここどこ?(・_・;


140720-3.jpg

そしてもうひとつビックリしたのが、天守閣内部。
もちろん昭和初期に復興した天守閣なので、その頃から鉄筋コンクリート造ではあったが、
何十年か前に来たときは城内の一部はまだ木の内装だった…と、思う。
それが完全に現代風に。
…またもや、ここどこ?(・_・;


暑さでぐったりの一同、そろそろお腹も空いてきた。
お坊ちゃまに「お昼ごはん、なに食べたい?」と訊くと、「たこやき」。

関西人は、たこ焼き屋へ改めて行く、なんて習慣がほとんどない。
あれは家の近所で買うもんや、てなことも言っていられない。
が、座って食べるようなたこ焼き屋があるのは郊外。
市内は小さいお店か、観光客向けのイマイチなお店か、車を駐めておけないような場所にしかない。
そこで義妹1「串カツかも」。
…それ行きましょう。


140720-4.jpg

そんなわけでやってきたのは新世界。
昔けっこうやんちゃに遊んでいたらしい父ですら「怖くて来られなかった」という場所だが、
そりゃ50年以上前とは違います。
今は明るくて、昼間は女性客も観光客も多い。
しかしアテにしていた隣のスパワールドの駐車場は満車で、
運転者の夫は天王寺公園の地下駐車場へはるばる駐めに行った。

父・義妹2・暑さにへこたれ気味のまる太を、我が家がいつも利用する八重勝へご案内。
日曜日とあってジァンジァン横丁は大混雑、店も長蛇の列だったが、
なんとか30分ほどで席に着けた。
夫もやっと車を駐めてやって来た。お疲れさま。

お店のお兄さんたちも、観光客お出迎えモード(笑)いつもより優しい。
内弁慶で好き嫌いの多いまる太だが、ここの雰囲気と揚げたての串カツは気に入ったらしく、
義妹1がびっくりするほどよく食べていた。
よかったよかった(^^)


                    

尼崎逍遙 - 2014.07.16 Wed

      
数年前に任期の終わった中学高校の同窓会役員であるが、
元役員――いわば同僚だったお姉さま方に、今でも可愛がっていただいている。
中でも8つ上のN姉さまと4つ上の I 姉さまは、山のお別荘で合宿したり、
一緒にご飯を食べに行ったりと、本当によく遊んでいただいている。
今回もN姉さまの「尼崎ツアー、行くよ!」の一言で決定した。

関西以外の方にはよく誤解されるのだが、尼崎市は大阪府ではない。
そのいかにも下町なイメージから、大阪府尼崎市、と思われがちだが、実は兵庫県なのだ。
…もうひとつ誤解されがちなのが、甲子園球場が大阪府にあると思われていることだが、
こちらも兵庫県西宮市なのである。
尼崎=タイガースファンの牙城=大阪、のように思われているために、
甲子園球場まで大阪府にあるかのように思われているらしい(笑)

その、関西人ですら「尼といえばお品がよろしくない下町」
というイメージにとらわれがちな尼崎市であるが、
実はかつては商業都市として栄え、それゆえに織田信長の焼き討ちに遭うなどの歴史を持つ。
近松門左衛門の菩提寺である広済寺や、名刹の集まった寺町、
塚口・武庫之荘などの高級住宅街なども抱える、文化都市でもある。
賑わった商業地であったゆえに、居住者が減り、商店や工場、遊興地ばかりが
目立つようになっていったらしいのだ。


そんなわけで、ここにお父様やお兄様の職場があるN姉さまが、
尼崎といえば「なんとなくコワイところ」と思い込んでいる同級生を引き連れて案内をしたところ、
大変好評を得たとのことで(笑)、「あなたたちも行かない?」となったワケである。

自ら「あたしの世界は狭いわよ」と豪語(?)し、
芦屋西宮神戸を主なテリトリーとする I 姉さまと違い、
小学校時代の4年間だけとはいえ、大阪の下町商店街のど真ん中で暮らした経験のあるワタシは
背中や腕にお絵描きしている方々に出くわさなければ、そうそうコワがることもない。
…いや、尼には実際いらっしゃるんだけどね( ̄▽ ̄;
そんなワタシでも、大阪の釜ヶ崎だけは怖くて未だに行けないではいるが、それはともかく。

I 姉さまに家まで迎えに来ていただいてN姉さまのご自宅マンションの駐車場で落ち合い、
N姉さまに運転していただいて阪神尼崎駅地下の駐車場に到着。
徒歩で尼崎中央商店街の一番街へと向かうおばちゃん三人組。
…ダメ下級生だなワタシ、ホントに…orz

140716-1.jpg

最初に向かったのは串カツ屋のあさひ
新世界の串カツ屋に比べて、とても綺麗で洒落た(笑)お店。
この外観ですからね。

140716-2.jpg

これまた新世界やウメチカ(って言わないんだよね、今はホワイティ梅田)の
串カツ屋とは違って、「二度漬け禁止」方式ではなく、
ちゃんと皿にソースをとってつける。
豚玉ねぎは扇形の玉ねぎに豚バラの欠片が乗っかってるだけだったけど(笑)、
海老もタコもうずらもチーズもお餅もアスパラもこんにゃくもウインナーもチーズも
豚ロースもれんこんも美味しかった。
猫舌なお姉さま方お二人は、揚げたてをはふはふしてらしたけど(^^;


140716-3.jpg

お腹いっぱい食べた後は、いよいよ商店街ブラブラ。
激安生鮮品スーパーだの、かなり面白い肉魚店だの、めちゃくちゃ美味しい練り天屋だの。
こんなの誰が着るんだ、みたいな洋服ばかりの店だの、
スタッズだらけのスカルTシャツを売ってるのが60代くらいのおばちゃんだったりとか(笑)
さすが尼崎。

昨今、どこの商店街も空き店舗が目立ったり、シャッター街になってしまって、
寂れる一方らしいのだが、ここの商店街は、古い空き店舗に新しいチェーン店や
フランチャイズ店が入って、綺麗になりつつある。
サンマルクカフェだの、カフェ・ベローチェだの、はたまたRYURYUだのと
およそパチンコ屋や生鮮品店と並ぶには違和感ありありの若い人向け店舗が
そこかしこにあるのだ(笑)
面白いなー尼崎。

140716-4.jpg

そして、なくしてはならないこういう店もある。
ヒノデ阿免本舗
明治初期に創業されたそうだから、金沢の俵屋などに比べたらずっと新しいが、
尼崎の近代化をずっと見てきたはずの店だ。
試食させていただいた水飴はとろりと濃厚な味で、
確かに喉に良さそうだった。
…喋り疲れ、歩き疲れたワタシたちにはうってつけ(T▽T)


140716-5.jpg

星乃珈琲でお茶しながら、だらだら喋る。
それでもまだ喋り足りなくて、N姉さまのお宅へお邪魔して、
初育てというバラ、ブラザー・カドフィールが満開なのを愛で、
女子話で盛り上がって、やっと御輿を上げて、I 姉さまに家まで送っていただき、
本日のワタクシの尼崎探検は終わりを告げた。
あー楽しかった♪


       

バラ日記 37 - 2014.07.15 Tue

   
自分メモ。
7/15日(火)のバラちゃんたち。

140715-1.jpg

現在のベランダ。
花数多し。
一番花の頃より、いちどにたくさん咲いてる気が(^^;


140715-2.jpg

アンブリッジ先生、芳香ふりまいてます。
でもなーんか花型が崩れてるんだよなぁ…。
やっぱエサ不足かしら。


140715-3.jpg

センチメンタル、なぜか今はこの一輪のみ。
最初の頃より赤が多くなってきた感じがします。


140715-4.jpg 140715-5.jpg

一度にたくさん咲くってことは、一度に花が終わるってことでね。
いっぱい切ってきて、水に浮かべたり生けてみたり。
でももう開き切っちゃってるから、一日二日の命です…。


     

バラ日記 36 - 2014.07.13 Sun


自分メモ。
7月13日(日)のバラちゃんたち。


140713-1.jpg

アンブリッジ先生は、小さくなっても
甘い香りをベランダじゅうに漂わせております。


140713-2.jpg

センチメンタルの蕾、また出てきました。
なんか萼がおもしろいの。


140713-3.jpg

ロマンティック・レースはたくさん咲き始めました。
色も濃くなって、とても可愛い♪


140713-4.jpg

ナエマもどんどん蕾があがってきて、綺麗な肌を見せてくれるようになりました。
うーん、うっとり♪


140713-5.jpg

休みなしに一輪ずつ咲くのがブル・ドゥ・パルファム。
もうぼちぼち寝たら?(^^;
秋の体力がなくなりそうで、ちょっと心配。。。


       

バラ日記 35 - 2014.07.12 Sat

    
自分メモ。
7月12日(土)のバラちゃんたち。

140712-1.jpg

復活ブリーゼ。
でも秋になったら鉢替えしてあげたほうがよさそうな気がする。


140712-2.jpg

ドルチェ・ヴィータは今が花盛り。
ただしこれもポリアンサ系と同じく、花期の終わりに
房咲きの花茎が分岐したところでぽろりと落ちる。
…ぶ、武士にはいかんな!( ̄▽ ̄;


140712-3.jpg

…で、そのポリアンサ系のロマンティック・レース。
開いてきました。
そしてこの子もやがてポロリと…うう。


140712-4.jpg

復活ナエマ♪
やはりやや小振りながら、可憐な二番花を咲かせております。


140712-5.jpg


ほんとちっちゃくなっちゃったなー、なオシアナ。
でもこの陶器のような質感は変わっておりません。


        

バラ日記 34 - 2014.07.11 Fri

    
自分メモ。
7月11日(金)のバラちゃんたち。


今日はどこの小学校も遠足日らしい。
うちのマンション横の坂を、30分おきくらいに集団が通るんだけど、
お子様たちガヤガヤうるs…ニギヤカなのだ。
…今日は熱中症になりやすい気候になるそうだから、気をつけてねみんな…(-_-;)
おばちゃんはすでにぐったりです。


さて、台風一過。
家の中に避難させていた半分くらいのバラちゃんたちを、昨夜のうちにベランダに戻す作業を完了。
なーんか肩すかしの8号台風でした。
やたら脅されたわりには、雨はともかく、風はほとんど強くならず。
まあでも、被害がなく幸いだったってことかな。
・・・・・痛ましい事故は国内のあちこちで起こってしまったが(涙)

で、今朝もバラちゃんたちの様子を見て回り、雨のあとの黒星病と
これからの高温時のうどんこ病防除に薬を撒いておく。
ほんっとうどんこ病はシャレにならんのよ・・・(-_-;)


140711-4.jpg



140711-3.jpg



140711-1.jpg



140711-2.jpg


ナエマ大復活!
梅雨前にうどんこ病でヘロヘロだったのに、よくぞここまで。
さすがに二番花は花径が小さいけど^^;


140711-5.jpg


水切れなのかなんなのか、葉が黄変していっぱい落ちてしまったアンティーク・レース。
でも同じく葉を落としたロマンティック・レースは復活を遂げたし、
アンバー・カバーも復活の気配。
たぶんこの子も頑張ってくれるだろうと根気よく見守っていたら、新芽が出てきた。
おかーさん感涙(T▽T)


      

ちび子日記 (追記あり) - 2014.07.09 Wed

      
みなさんこんにちは、ちび子です。ごぶさたしてます。
わたし、今年の春から、五年生になって、ケータイ買ってもらったんだけどね。
たまにじーじやばーばとメールしたり、ねねちゃんからメールが来たり、
それくらいしか使ってない。
あ、あと、塾に行く時は持って行ってる。
お母さんが、心配だからちゃんと持っていってって。
いつも塾を出るときに、メールするの。今出ます、って。

それはそうとね。
この間、学校で先生に自主学習のノートをてい出しなさい、って言われたの。
それが今日、返ってきたんだけどね。


・・・例によって、お母さんが、ねねちゃんにチクってるわけよ(-_-;)


140709-1.jpg


テーマは「くだらん実験をしよう」。
おもしろいネタは日常に落ちてるものよ、ってねねちゃんも言ってたし。
「ジャンルと年号で、集中力は変わるのだろうか」
つね日ごろ、疑問に思ってたのよね。

わが家は、勉強中に音楽は聞いていいよって言われてるの。
たしかに、テレビやDVDだと、ついそっちを見ちゃって、勉強に集中できないけど、
音楽はだいじょうぶだもの。

・・・でも、ほんとに音楽は絶対だいじょうぶなのかなぁ?
そう思ったのが、きっかけ。
だから、いろんな音楽を聞きながら勉強してみようと思って。

でも、この一枚目の写真を見たねねちゃんから、さっそくツッコミが入った。


「ねえ、ジャンル分けだけどさ、ロックと日本のロックとPOPと英語って、どういう分け方?」


・・・そこ、深くつっこまないで。
だってわたしは、なんとなくそういう感じがするんだもの。


140709-2.jpg


こんなふうに聞きくらべてみたわけです。


「・・・あー・・・、えっと、あのね」


なに、ねねちゃん。


「ツッコミどころは山ほどあるんだけど、
 とりあえず松山千春は演歌じゃないと思うよ?」


えっ、演歌じゃないの?あのおじさん!( ̄▽ ̄;
きりがない感じだから、ぜったい演歌だと思ったのに。


140709-4.jpg


「えーとね・・・」


また?何こんどは。


「好きな曲を歌っちゃったら、集中できないんじゃない?」


そうでもないよ。
好きな曲で、歌詞ぜんぶ知ってるのって、むいしきに歌ってたりしない?


「あ~・・・それは確かに。そうだね。
 でもゆずのHey 和がキケンなワケは、たぶん、それまで歌い続けて
 集中力の方が限界を迎えたってことなんじゃないの・・・?」


・・・あら、そうかしら。
でもこれも好きなの。


140709-5.jpg



「あー・・・後半になってきて、アップテンポ増えてきたねー。
 こりゃ集中できんわね」


でしょ?


「しかもこの位置にYesterday once moreって・・・。
 鬼セットリストだよこれ。絶対眠くなるよ」


・・・やっぱりそうなのかー・・・。
だから起きなきゃと思ってSAY YESとかLove me do持ってきたんだけどなー。


「だからってシーズン・イン・ザ・サンは無謀だって」


・・・そっかなー・・・。
やっぱりそうか~・・・。


140709-3.jpg


結論。

「好きな曲と

おじさんくさい曲が集中できる」



どうよ?間違ってないでしょ?


「・・・いやー・・・それはどうかと・・・。
 それにこれ、比較対象として、クラシックとか演歌とかボサノバとか歌曲とか抜けてるよ」


うちにCDがあるやつから選んだんだもん。
ねねちゃんがお兄ちゃんにくれたサドユタカさんのブラバンCD、どこにあるか探せなかったし。


「・・・いやあれは・・・たぶん勉強に集中はさせてもらえないと・・・」


だいたいボサノバってなに?
それに、演歌は松山千春が入ってるでしょ!


「う・・・やっぱり千春は演歌に入れられちゃうんだ・・・。
 そもそもキミの中で"おじさんくさい曲"ってどういうカテゴリーなワケよ?」


だからそれはおじさんくさい曲よ!
おじさんくさいじゃない?


「そうか・・・サザンはともかく、ミスチルもおじさん臭いんだ・・・orz」


これを書いた夕方。
再びちび子とLINEで話したので、その全貌(笑)をここに掲載。


   
    
      

Read More »

バラ図鑑…というわけでもないか。 - 2014.07.08 Tue


   
自分メモ。
7月8日(火)のバラちゃんたち…ではない。


140708-1.jpg

昨日の朝の梅花空木。
数輪一緒に咲いて、花木らしくなってきたじゃないの( ̄∇ ̄)



140708-2.jpg

やっとここまできた…。
来年はちゃんと剪定して分枝させようっと♪


     

ちび太日記 番外編 - 2014.07.07 Mon

    
この雑記で昔から皆様にご愛顧いただいた我が甥1ちび太。
すでに中学2年生、ワタシよりも身長は高くなり、ちびではなくなってしまった。
…ツマラン(・_・)

で、掘り起こした記憶と、母親(妹)が送ってきた写真をネタに、
懐かしくも可愛いちび太の思い出を書いてやろうかと…。
スマホユーザーでその気になったらここも覗けるヤツは
たぶんものすごーーーーーーーく嫌がるだろうけどね(・∀・)=ャ=ャ


それはちび太が4歳、まだ幼稚園に上がる前のこと。
まだうちの近くの社宅に彼らが済んでいた頃である。
1歳半になったちび子を自転車の前席に、ちび太を後席に乗せて妹は買い物に出かけた。
何かの拍子に急ブレーキをかけたかで(ワタシも記憶曖昧)、
ちび太が子供椅子から転がり落ちたらしい。
妹は真っ青、ちび太はショックと痛みで呆然、ちび子は驚いてギャン泣き。
…そりゃそうだろう(-_-;)

ともあれ、慌てて家にとって返した一行、改めて車を出して、
行き先はスーパーから整形外科に変わった。
案の定、彼の右腕は折れていたらしく、ちび太は重たいギプス初体験♪
しかし痛み止めが切れると小さい子には未体験の耐え難い痛みが襲う。
毎日泣きながら呻いている息子を宥めあやしながら、妹はごめんねごめんねと謝り続けていた。

そんなある日。
シフトの関係で平日休みだった下弟が朝っぱらから突然現れて、ちび太に言った。


「ギプスの手、痛いか?」
「うん…(;;)」
「ちょっとこっちに貸してみ」


そうしてやおら油性ペンを取り上げた下弟、ちび太のギプスに落書きを始めた。
…やっぱりやったか…(-_-;)

下弟は昔から絵がうまい。
いや、芸術的技能がどうこういうレベルじゃなく、センスがいい。
実は妹もそうで、彼らが描いたり作ったものに、今まで何度となく笑わされてきた。
これもギプス外す頃に絶対どっちかがやると思ってたんだけどね。
でもまさか、まだ嵌めて間もない頃に、わざわざ下弟がやってきてやらかすとは(笑)


140707-2.jpg


…確かにポッキー…と折れたよね…。潔いまでに。
なぜイチゴなの?とちび太が訊いたかどうかは知らないが。


140707-3.jpg


この折れ感がいい(笑)、と家族に絶賛された仮想映像っぽい骨(笑)
アンパンマンも描かれているが、なぜそこでDr.ボンベ?(・_・)
そこはジャムおじさんにしておこうよ。


140707-1.jpg


毎日毎日痛がって泣いていたちび太もこれにはご満悦。
顔は隠しましたが、ものすごい嬉しそうな表情しております(笑)


なんてのを先日うちの両親が、今や遠い埼玉に転勤になって久しい妹宅へ
遊びに行った折に、みんなでビデオを観ていたらしい。
こんなの映像で残してたんだね(笑)
そんであまりに懐かしいので写真に撮って送って貰ったという次第。

こんな可愛かったちび太は今や毎朝ヒゲ剃りし、声変わりもした中坊になり、
見た目はいかついが案外優しい下弟もすっかりオッサンになった。
…こいつの中身はあまり変わってないけど(・_・)

皇后陛下のお作法 - 2014.07.07 Mon

  
かなり昔だが、某経済交流会の役員をしていた従兄に聞いた話。
何かの折りに、両陛下に御陪食の栄を賜ることがあり、皇居に伺ったそうだ。
皇居で出される午餐は軽めのフレンチ、彼はバキバキに緊張しながらも、
なんとかマナーを違うことなく、メインディッシュまでを終えた。

問題はここからなのだ。
その時のデザートは、さくらんぼとリンゴだったらしい。
リンゴはもちろん皮を剥き、面取りした上で(さすが皇居大膳!)
一口サイズに切られていたから、口に入れて咀嚼するだけで良い。
しかし、果たしてさくらんぼを食べるときのマナーとは如何なるものか。

目を見交わすこともならぬまま、悩む彼と同行者(悩みの波動が隣からも伝わって来たらしい)。
すると、滅多に陛下より先にお皿には手を着けない皇后陛下が、
添えられていた紙ナプキンをすっとおとりになり、くるくるとラッパ状に丸めてお持ちになった。
どうされるのかと固唾を呑んで見守る平民二人(笑)の前で、
普通に茎を持ってさくらんぼを口に含まれた皇后様は、
おもむろに咀嚼した後、ナプキンの尖った部分で口元を隠しながら
さりげなく種をナプキンの筒の中へ出された。

そのさりげない見事なマナーと、客の困惑を見て取って
あえて先にさくらんぼに手をお付けになった皇后様に、従兄はいたく感動したらしい(笑)
その話をさんざん聞かされたワタシも、かなり印象的だったので
数年後、夫にも話していた、のだが。


マイミクayaちゃんから届いたさくらんぼを、朝食後にいただいていた時のこと。
たまたまその日は夫が好きなぶどうパンを、パン屋で購入時に入れてくれる
ビニール袋のままテーブルに出していた。
そのパンを食べ終わった夫、やおら空袋を持って口を広げ、
さくらんぼを含んだのち、

ブッッッッ!

と、種を袋に吹き込んだ。


お行儀悪いなぁ…。
普通に種出して袋に入れれば?


「だって皇后陛下はこうやったんでしょ?(・_・)」


……………。

皇后様はブッッッッ!とかなさらないから!


「いいじゃん、真似したって(・_・)」


……一般家庭でそんなお作法いりません……。


      

バラ日記 33 - 2014.07.06 Sun

     
自分メモ。
7月6日(日)のバラちゃんたち。
  
140706-2.jpg

とうとう梅花空木が開花。
…この一輪だけだけど(・_・)
苦節8年くらい……か?
GJ梅花空木!よくやった!(T▽T)おかーさんは感動している!


140706-1.jpg

センチメンタルの若い葉っぱが、太陽に向かって伸びていく。
真っ赤で可愛いんだ~これが(笑)


140706-4.jpg

甘い生活くんもますます華やかに。
蕾がいっぱいついて、これ一気に咲いたら可愛いだろうなぁ…。


140706-3.jpg

でも一輪だけも可愛いのよ。
ほら。


140706-5.jpg

知らない間にアンブリッジ先生もカーッと。
でもやっぱり小輪化しちゃってるのよねえ。
栄養足りないかな?


140706-6.jpg

なんだろう、わかなのこの、白黒フィルムみたいな美しさ。
夕暮れ時にも、この子だけはぼぅわっと浮かび上がるような光を持ってる。
不思議な花色です。


140706-7.jpg

ジュードの二番花二輪目も頑張ってます!
現在、この子とシェパーデスが、ベランダでいい匂いを放っているのです。



       

バラ日記 32 - 2014.07.05 Sat

    
自分メモ。
7月5日(土)のバラちゃんたち。


140705-1.jpg

昨日から一転、いきなり花開き始めた梅花空木。
うぉぉぉ!がんばれ、あと少しだー!(T▽T)



140705-2.jpg

ドルチェ・ヴィータも蕾がたくさん。
一番花よりさらに花が小さくなった気がするけど、
色は濃いまま、健在。


140705-3.jpg

おひさまに向かってGOGO!





バラ日記 31 - 2014.07.04 Fri

    
自分メモ。
7/4日のバラちゃんたち。

140704-1.jpg

シェパーデス満開。
ちょっと終わりかけなものも多い。
でも蕾はどんどん上がってくる。



140704-4.jpg

うん。これがイングリッシュローズ。
ちゃんと房咲きになってるじゃん(T▽T)感涙。



140704-2.jpg

ブル・ドゥ・パルファムも元気に咲いている。
困ったことにまだまだ蕾が上がっている。
どうしようこれ…。咲かせたら秋に咲かないよね…。
っていうか来年に向けて、秋は咲かせない方がいいのかも(汗)



140704-3.jpg

どんどん蕾が白くなってきた梅花空木。
がんばれーがんばれよー、ともはや母の気持ち。



      

バラと生ハムとヨッパライ。 - 2014.07.04 Fri

    
自分メモ。
一日遅れだけど、7月3日(木)のバラちゃんたち。


140703-1.jpg


シェパーデスは一気に
二番花の蕾が開き始めた。
こうして見ると、
アンブリッジ先生に似てるなぁ…

………………。





140703-2.jpg

…いや!
ハリー・ポッターシリーズに登場するドローレス・アンブリッジ先生その人が
善き羊飼いに似てるとかあり得ませんし(T▽T)


140703-3.jpg
夜は同級生りっちゃんのお店、BISTROあじとで、ペルシュウの会。
ぎりぎりまで行けるかどうか判明しなかったため
キャンセル待ち状態だったのだが、
すでに申し込んでいた I 姉さまの同行者が行けなくなったため
急遽押し込んで貰った。
代わりに楽しませていただきました、Hお姉さま(^^;


140703-4.jpg

ペルシュウ(Pärsùt)とはProsciutto di Parma(パルマ産生ハム)の方言で、
日本人唯一のパルマハム協会認定職人である多田昌豊さんが
岐阜県にある工房兼店舗BON DABONで作っていらっしゃるそうだ。
パルマハムとは、ワインやチーズの土地銘柄同様、
イタリア・パルマ市のパルマハム協会が認めた地域、原料、製法など
様々な規格を守ったものだけが名乗れる。
なので多田氏が岐阜で造るハムは、厳密にはパルマハムとは言えない。
しかし彼はパルマハムの製法を忠実に守って製造しているそうだ。
日本のスーパーでよく見る、熟成されていない非加熱ハムを「生ハム」と呼ぶことに、
ものすごい違和感を感じているワタシにとっては、彼の主張は深く頷くところである。

…ってえらい上から目線やな(-_-;)
いやもうね?だってあれは生ハムじゃないでしょ(T▽T)
初めておそるおそる食べた時は仰け反ったよ…。

わざわざ特別の電動スライサーまで持ちこんで、多田氏自らがスライスしたペルシュウは
Argento(銀ラベル:15〜18ヶ月熟成)とOro Speciale(金ラベル:18ヶ月以上熟成)の2種類。
写真では上がアルジェント、下がオーロ。
やっぱりオーロの方が照りがあるのがわかりますか?

で、お味。
今まで食べてきたのは生ハムじゃないのか?って思うくらいめちゃくちゃ美味しかった!(≧▽≦)
口の中に入れた瞬間、ふんわりとした食感と芳香が広がり、
あっという間にとろけてしまうのだ。
…これはなんとしても工房にも伺わねば。


140703-5.jpg

もちろんあじとのお料理もいつも通り美味しくて、ワインも進むのだ。
このお料理を3人で分けるので、実は分量はそれほどでもないんだけど(笑)

ちなみに最初に飲んだのは真っ赤な泡のLambrusco。
生ハムの甘味を邪魔しない、フルーティで優しい赤泡。
2番目のGiniは蜂蜜のような風味とフルーツのような舌触りの素敵なソアヴェ。
I 姉さまと、お連れのMさんと3人であっさり1本空けちゃった。


140703-6.jpg良い気分で大阪駅まで戻り、JRで帰るというお二人と別れて阪急の改札口へ行ってみたら、
なんと人身事故で神戸線が西宮北口まで運転停止中(-_-;)
振替輸送と案内が出ていて、一瞬呆然。
酔っ払った頭ではちゃんと対処法を考えられず、
とりあえず阪神今津で阪急に乗り換えようと、阪神梅田駅まで歩きながら検索したら、もううちの最寄り駅まで
行く最終に間に合わないことが判明。
ふたたび頭が真っ白になったところでふと横を見ると、
そこにはJRの改札口が(^^;;

かくしてワタクシもJRで帰ることになったのだが、
狼狽えていたせいか、はたまた酔いが酷かったのか、振替チケットもらい忘れました…orz
しかも間違って途中駅で一旦ホームに降りちゃって、
辛うじてもう一回降りた電車に飛び乗るというおまけ付き(-_-;)
自宅最最寄りJR駅からタクって無事帰り着いたときには、精魂尽き果ててました_| ̄|○




   

お尻洗いと唐揚げと記念日ディナー - 2014.07.03 Thu

    
なんちゅうタイトルやと自分でも思ったが、
当日の内容を要約するとそうとしか表現のしようがないので、
このままいっちゃえ!と相成った。

――その日は土曜日。

今の家に引っ越して丸13年が経過した。
その時から使用していた温水暖房便座…えーとお尻だって洗って欲しいのアレ(古)だが
未だ機能的に問題はないものの、どこからともなく水漏れしてくるようになった。
こういうのって、修理するより新しいのを買った方が
安く上がるように出来てるんだよね、日本の市場って(-_-;)
エコの観点からは非常に不本意ではあるが、新しいものを求めることにした。


140629-1.jpg
夫とともに大阪梅田に出かけ、駅前の
「良いママ良いパパ良い家族」が喜ぶあの店で購入。
持つべきモノは電化製品に詳しく、DIYが巧みな夫。
ちょっと売場の小父さんからコツを聞き出し、取説を読んだだけで
あっさり設置完了。


140629-2.jpg
今回、ワタシのたっての頼みで
リモコン式にしてもらった。
トイレスペースが格段に広く使えるようになって、
掃除もしやすい。
ま、乾電池の交換は必要になりますが。



140629-3.jpg

電器店の駐車場に車を置いたまま、お昼ご飯を食べに行く。
以前下弟夫婦に教えてもらったここやまや
さすが明太子メーカー直営だけあって、定食に明太子と高菜とご飯が食べ放題。
…といってもワタシは滅多にご飯のお代わりにたどり着けないのだが。
なんたっておかずもすごく多いのだ。
夫は豚の生姜焼き。ワタシは唐揚げニストゆえ唐揚げ。
両方九州の味つけなので、かなり甘め。血糖値注意(-_-;)


140629-4.jpg

その後、本町のスタバでコーヒーを飲んでいたら、
目の前にフェラーリが二台停車。
つるんで走っているというわけでもなさそうなんだよねこれが。
びっくり。


140629-5.jpg

夜は三週間遅れで結婚記念日ディナー@カルボニエラ・デル・トロ
ワインはソアヴェ。うまー♪
大好きなかぼちゃのマリネと生ハムと、ヤリイカのマリネ。
今日はアンティパストでゆっくり飲むぞー!

数日後に友人りっちゃんのお店で、岐阜のBON DABONのペルシュウ(生ハム)会行くんだー、
って自慢したら、トロさんとセカンドくん、めっちゃ羨ましそうだった(笑)


140629-6.jpg

今回メインはなし。そのぶんいろいろアンティパストを食べて呑みたかった。
カンパチのカルパッチョ、ズッキーニのモッツァレラ詰め、ワタリガニのトマトクリームパスタ。
そしてこの店で最愛の赤ワインリゾット。
さすがにドルチェは断念。

あーもうおなかいっぱい。
いつものようにトロさんが見送ってくれて、小雨が降る中を歩いて家まで帰ったのでした。

赤いダイヤ その2 - 2014.07.02 Wed

     
140701-8.jpg


マイミクayaちゃんにお願いしている毎年のさくらんぼ。
佐藤錦は2週間前に届いていたのだけど、
今年は新たに紅秀峰という品種もオススメされたので、一緒にお願いしました。

7月1日が解禁日というこの紅秀峰、
佐藤錦よりも一回り大きく、酸味が少なめ。
つまり非常に甘いのです。
お…おいしい……なんだこれ……( ̄▽ ̄;


140701-9.jpg


ご覧のとおりのつやつやぴかぴか。
こんな美味しいのが食べられるなんて、なんて幸せ♪
持つべきものは果物農家のヨメな友達(笑)

あでもそういえばワタシ、結婚以来数年間は
米・みかん・梨・もも・柿・スイカってほとんど買ったことなかったわ(・_・)
和歌山県人と結婚して何がよかったって、果物天国だったことかも。
あとね、春先に夫実家近辺を走ると、一面の桃の花が観られるという役得…。

なのに夫は、みかんと柿をほとんど食べません。

「飽きた(・_・)」

…桃とか梨は飽きてないんだね。


    

バラ日記 30 - 2014.07.01 Tue

   
自分メモ。
7月1日(火)のバラちゃんたち。


140701-1.jpg


140701-2.jpg

シェパーデスがたくさん咲き始めた。
…だけどやっぱり色が薄い…。


140701-3.jpg

それに反して、ジュードの色が濃い。
これってエサのせい?
さてこの子、何あげたんだったかな( ̄- ̄;)
たしかお礼肥で骨粉与えたような(汗)


140701-4.jpg

わかなはゆっくりゆっくり開いてくる。
もともとあまり大輪ではないようだけど、いかにも固い蕾が
だんだんと綻ぶさまは、わかな、の名にふさわしい。


140701-5.jpg

いつの間にかアンブリッジ先生も満開になってた。
このヒトほんとに、勝手に蕾つけて勝手に咲いてる(笑)


140701-6.jpg

ブル・ドゥ・パルファムの小さい花が開いていくのは、
赤ちゃんがちっちゃな手を一生懸命開いて、
ママの顔を触ろうとするみたいな感じがする。


140701-7.jpg

ちょっとだけ花弁が見えてきた梅花空木。
この子もゆっくり。
いいよー。焦らずじっくりやって頂戴。



        

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

いらっしゃいませ

このblogは
さくら通り
の1コンテンツです

今月のオシゴト

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

各記事下部の(CM)を
クリックすると
書込窓が現れます

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

過去ログはこちら

さくらが丘雑記(旧)

ご注意

管理人が不適切と判断した
書込は即刻削除します

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。