FC2ブログ
topimage

2014-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ~ンな夜 - 2014.11.20 Thu

    
シアトル在住の同級生Sちゃんが、母上の十七回忌で一時帰国。
高校卒業以来ン十年ぶりに会う彼女と、
三重県在住で母上の介護で実家に月二回通う友人Tちゃんとでカラオケに行くことにした。
中学時代は同じ駅から通学した三人が寄ると、姦しいなんてもんじゃなかった。

我が学年の誇る歌姫のSちゃん、Tちゃん。
その二人とカラオケとかどんな羞恥プレイやねん( ̄ロ ̄lll)
Sちゃんってばお歌のプロとしても御活躍だそうで、なんと帰国以来ここ数日の日本の乾燥で
喉を痛めてしまったらしく、医者から直行してきたのに歌う(笑)
またちょっと枯れた声がすごく色っぽいのである。

Sちゃんといえば、かつてデビューしたての杏里にハマって、
よく『オリビアを聞きながら』を歌っていた。
アレ歌えーとけしかけると、上手だったあの頃よりもさらに3倍(当社比)は上手くなってて驚愕。
そして彼女の真骨頂は、Carpenters。
Sちゃん自身に言わせると、カレン・カーペンターと声質が似てるから、だそうだが、
『Close to you』は、 も は や ネ申 ( ̄▽ ̄;
なんなんだあの伸びとクリームのような柔らかさ。うっとりしちゃったよ…。
しっかり動画撮ってあとあと堪能するための準備はおさおさ怠りないワタシとTちゃん(* ̄m ̄*)
しかしそのTちゃんも相変わらずものすごく綺麗でまろやかな声で、
かつて学祭で歌ったQueenの『My Melancholy Blues』を歌ってくれた。

…そんな二人の歌姫の間で、「あいうぉんちゅー♪あいにーじゅー♪」なアタクシ。
もうおばちゃんだからコワイもんナシだい!( ̄▽ ̄;


カラオケのあとは個室居酒屋でいろんな話に興じてました。
とくに面白かったのが、Sちゃんの経験したアメリカでのお葬式の話。
アメリカでは土葬と火葬が選択できるが、土葬の場合は防腐処理をしてから埋めるんだそうだ。
その処置にひと月ないしふた月ほどはかかるそうで。
映画でよく見る、親族が棺を埋めた墓穴を取り囲んで涙する、なんてのは、
二ヶ月も経っていれば哀しみもすっかり薄れてあり得ないとか(笑)
加えて驚きなのが、防腐処理が完璧すぎて、その…ご遺体が土に還らないらしい。
彼女の友人がご主人のお墓を移設した際、ご遺体を掘り返してみたら
7年前に亡くなった時とまったく損傷がない状態で出てきたんだそうだ。

彼女の義父君の場合は火葬だったそうだが、半年ほど病院で寝たきりのまま逝かれたため、
臨終の床で号泣後バイバイ、それっきり葬儀業者にお任せ。
その日は外食となって、義母君が「あたしお肉が食べたいわ~」とのたまい、
ステーキハウスで夕食を取った後、ご両親の家に戻り、
アイスを食べながらTV番組を観て義母君もご主人も爆笑していたらしい。
そして数週間後に葬儀業者から連絡が来て、出向いてみれば
ポンと遺骨の入った箱を渡されて終了、だそうだ。
日本で既にご両親を見送り、葬儀から数々の法要まで経験のあった彼女にしてみると、
このドライさは一体…と目が点になったらしい(笑)そりゃそうだろう。

しかもその灰をどこに撒こうがまったく規制はなく、
「お父さんはこの湖が好きだったから」と散骨のためにわざわざタホ湖まで出向いたら、
当日の大嵐にビビッた義母上が「こんな寒いところにお父さんを撒くのは可哀想」とか言い出すわ、
次に「お父さんはゴルフが好きだったから」とゴルフ場に出向けば、
「みんなに踏まれて可哀想だからやめる」と言い出すわ、
そんなにお父さんと別れるのが辛いのかとひそかに涙していたら、
クロゼットの隅の方に押し込んだまま、すっかり忘れていると知ってこれまた驚愕したんだそうだ(笑)
ちなみに散骨する場合、たいていはいわゆる儀式としての「葬儀」はしないそうである。

ことほど左様にアメリカと日本での葬送のありようは違う。
でもこんなの、在住者というかアメリカ人と親族として付き合わないとわからない情報だ。
同様のことが他国との間でもあるだろう。
同じ英語圏でも、イギリスとアメリカ、オーストラリア間でも異なっているはずだ。
むろん日本国内でも、地方・宗教、もっとも小さきは家庭によって違いがある。
どれも間違っているわけではないだろう。
どれもが唯一正しいワケでもないのだろうけれど。

なんてことを、生麩田楽をツマミに、焼酎だの日本酒だのをぐびぐび飲みながら
語り合うオバチャンたちなのであった。


      
スポンサーサイト

仁義なき戦い 川編 - 2014.11.06 Thu

    
【お知らせ】
ちょっと前の記事をまとめてアップしてあります。
ご用とお急ぎでない方は、9月の高山・金沢の旅あたりまで遡ってみておくんなまし。


さて。

夫の通勤途上の川で、毎朝「カワウ会」と「白鷺組」の
仁義なき戦いが繰り広げられているらしい。
知性派の白鷺、ちょっと間抜けなカワウの勢力争いは、長年にわたっている。

先日、抗争エリア(生息地域と言え)にある橋を歩いていると、
2羽の鉄砲玉白鷺が夫にスクランブルをかけてきた( ̄▽ ̄;
しかし結局彼の上空まで飛んで来て、その後二方向に別れて戻っていったらしい。

その時夫は黒系のスーツを着てたので、カワウ会の回し者と勘違いしたのか。
それとも自宅でいつも、チンピラの鳩や舎弟のカラスを追い回している
マッポ(死語?)の手先であることがバレたのか?
夫は今日も戦々恐々としている模様。

とりあえずワタクシの脳内では、

カワウ会会長:松方弘樹
白鷺組組長:成田三樹夫

でキャスティングしてある(´・_・`)


544105_249301951886434_845242162_n.jpg



     

スタバ狂想曲 - 2014.11.01 Sat

   
うちの妹はモノ凄まじいスタバフリークである。
毎日ではないにしろ、相当の頻度でお隣駅にあるスタバまで
毎日のお買いものとお散歩がてら往復歩いて行っているらしい。
当然お店のスタッフさんとも顔見知りで、なんとお互いの家を行き来するほどの友達もいるらしい(笑)
どんだけマニアだ。


IMG_2465.jpg
そんな彼女であるから、スタバグッズも
かなりの数をコレクションしている。
なんと専用棚まであるというから驚きだ。
これは彼女のコレクションの一部。



そんな妹を笑っていたが、うちにあるグッズも数えてみたら
…けっこうな数になっていた(-_-;)


141101-1.jpg

…ハイ、姉妹揃ってアホですね(T▽T)
でもワタシ、コーヒー豆袋のストラップのシリーズ、持ってないわ!
いいなぁ…と妹の写真を見てヨダレ。


141101-2.jpg

スターバックスコーヒーはここ数年、毎年この時期に
プラカップを模したセラミックスのクリスマスオーナメントを販売している。
2012年バージョンがこれ。
歴代スタバロゴが描かれている。


141101-3.jpg

左2つが2013年、右2つは2014年のもの。
近年、デザインが似通ってきている。
まぁクリスマスだし、ロゴが緑色だから、どうしたって土台は赤になるだろうけど(^^;


141101-10.jpg

ちなみに先日、買い損ねていた2013年のあと1つの種類を
三田アウトレット内のスタバで見つけて購入した。
…アウトレット価格だった(笑)
それとコストコで購入した、ビッグマグ2つとコーヒー・ココアのセット。
こんなものまで売られているのが、コストコの面白いところだ。

141101-11.jpg



141101-4.jpg

今年のクリスマス商品を購入するともらえた、プラカップをデザインしたスタンプ。
本当はもう1種類あるのだが、なんとなくもらい損ねた。
妙なところで小心者のワタクシである。


       

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

いらっしゃいませ

このblogは
さくら通り
の1コンテンツです

今月のオシゴト

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

各記事下部の(CM)を
クリックすると
書込窓が現れます

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

過去ログはこちら

さくらが丘雑記(旧)

ご注意

管理人が不適切と判断した
書込は即刻削除します

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。