FC2ブログ
topimage

2015-11

千葉へごーごー - 2015.11.28 Sat

  
お天気ドライブ。
まずは京成バラ園のバーゲンへ。
苗が欲しいとこだけど、今買っても絶対枯らす自信に満ち溢れているので断念。
植え替え用土と元肥だけ購入。3割引は有難し。


151128-4.jpg

次なる目的地は印旛沼なんだけど、その前に腹ごしらえ。
さぬき、という名前なんだけど、讃岐うどんとは何かが違う(笑)
でも美味しかったですよ〜。
お出汁が(´・_・`)


その後、佐倉にあるオランダ風車を見に行くはずだったのに、
夫に言われるまま「佐倉ふれあいパーク」と入力して、
辿り着いたのは霊園だった(´・_・`)…ホラーか。
  
実は風車があるのは印旛沼のほとり「佐倉ふるさと広場」。
…通り過ぎて来たじゃありませんか(-_-;)


風車を諦めて、成田山へ向かう。
ワタシは中高大学とカトリック校だったが、
幼稚園は成田山大阪別院が運営している仏教幼稚園に通った。
お釈迦様やお不動様の漫画を読み、数珠指輪をはめて真言を唱える園児だったのだ。
お遊戯会では、釈迦になる前のシッダールタが行き倒れた時に
ミルク粥を与えたスジャータの役まで演った(´・_・`)


151128-1.jpg

でも成田山の大本山である新勝寺に来たのは初めて。
ついでに護摩ご祈祷に参列したのも初めてである。
あれって本堂でバンバン火を焚いちゃうワケだが、消防法どうなってるんだろ(・_・;
などと考えてしまう程度の信心深さである。
それでも三つ子の魂百までとはオソロシイモノで、園児時代に習った
不動明王の真言をまだ憶えていたわ(´∀`)


151128-2.jpg

といってもその程度の信心深さゆえ、今気になるのは建築やらデザインのこと。
三重塔、仁王門、釈迦堂、光明堂、額堂などは正しく戦前、江戸時代の建築だが、
本堂や総門は昭和・平成年間になってから。
総門は総檜造りだが、本堂に至っては鉄筋コンクリート造である。
三重の塔を見れば、なるほど真言宗らしい意匠が(^^;ハデー
しかしそこはさすがに智山派大本山、立派な大伽藍を誇るお寺さんだなぁ…。


151128-3.jpg

常とは逆に、境内から参道に出てみたら、
名物のうなぎを食べさせる店がたくさん並んでいる。
いい匂いにフラフラするが、もともとウナギがニガテなワタシは辛うじて踏みとどまれた。
まぁそうは言っても、蒸してから焼く江戸前ならわりと好きなんだけどねー。

    
スポンサーサイト



愛しのお方 - 2015.11.23 Mon

 
151123-1.jpg

東京に来てから、やっと初めて上野動物園に来られた。
雨模様の休日、でも案外人出は多い。



151123-3.jpg


ついついこういうものに
反応してしまうのだが
これって顔を出すわけでは
ないらしいのだ。
手?手だけ出すの?(・_・;



151123-2.jpg

パンダのシンシンさん(10歳♀)。
足で背中掻くとかおはしたない。


151123-4.jpg

ホッキョクグマのデアさん(6歳♀)。
ずうううっっとこっちを見上げているのだw


151123-5.jpg

なに?なんかくれるの?

…あげません。すいません。


151123-6.jpg

デアさんのおしり。
水中で右手と左脚で器用にバランスを取っている。


151123-7.jpg



デアさんの右足。
キュートな肉球




151123-8.jpg


美しい色合いのベニイロフラミンゴ。
カロチノイドやらオキアミで赤くなる。
子供が赤くなるのは、親鳥から
フラミンゴミルクを与えられる
ためらしいのだが、
これは俗称で母乳じゃないのよ。
鳥類だもの(´・_・`)
体内で生成される赤い液体で
脂肪と蛋白質が豊富な栄養分らしい。




151123-9.jpg

ワ~オ♪キツネザル。
可哀相に、逃げ出さないように不忍池の中の島で
しかも見学者が通るデッキから近いからと、
そちら側は電線を張られたエリアで暮らしている。
まあ、檻の方がより可哀相ではあるんだけどね。


151123-10.jpg

ちっちゃい手は器用になんでもつかめるし、上手に食べ物の皮を剥いたりできる。



151123-11.jpg


きゃ~~~っっっ
愛しのあのお方特集よっ(* ̄∇ ̄*)
もう好きすぎて愛しすぎて
重たいオンナでごめんなさい。
…物理的にも(T▽T)




151123-12a.jpg


…はっ。
こ、こっちに来るっ?( ̄▽ ̄;





151123-13a.jpg


…きっと…きっとくる…





151123-14a.jpg



お留まりになられた。





151123-16a.jpg

…待っておりました。





151123-15.jpg

滅多に動かない鳥として有名だが、この日も激しく動かれる方々。
ぶわっさぶわっさと飛んで見せてくださった。
…ワタシは彼らの何を刺激するのか。





横にいた男の子が「もう一回飛んでください!」って敬語なのもワロタ。
やはりハシビロコウ先生は敬うべし。


     

パリ同時多発テロ事件 - 2015.11.15 Sun

  
2015年11月13日。
それはパリ各所で同時に起こった。
ちょうど夫がベルリン出張中だったこともあり気を揉んだが、
仕事中だった夫はまったく知らず、ワタシからのメッセージで知ったらしい。


そして帰国した15日。
「ライトアップ、見に行こう」
時差ボケを心配したが、呆れたことになんともなさそうなので
出かけることにした。


151115-1.jpg

この時期、Facebookでのプロフィール写真のトリコロール化を含め、
フランスへの弔意とテロへの憤りを表明するひとが多かった。
無論夫もワタシもその1人だが、あえてトリコロール化をすることはなかった。
なんとなく…そう、本当になんとなくなのだが。


151115-2.jpg

テロの犠牲になったのはフランスだけじゃない、同日レバノンでも43人が犠牲になるテロがあった。
先進国にどうしても注目度が高くなるのは仕方がないけど、
実は全世界でテロが行われている。
そのどれもが、正当化などできるものではない。
どこの人たちに対しても、悼む気持は同じだ。

自由・平等・友愛を謳うトリコロールが、たくまずしてその象徴となってしまったのは
一時期パリに住んだ者として、あまり嬉しいことではなかった。
だからプロフ写真のトリコロール化をやりたくなかったのかもしれないな、と
あとになって思ったワタシたちであった。

    

カエルの哀愁  - 2015.11.06 Fri


先日、近所にある水族館に行ったら、水生生物のコーナーにヒキガエルがいた。


fc2blog_201511061148153fe.jpg


ワタクシ、決してヒキガエルは得意ではないのだけど、気持ち悪いんだけど、
見たらアカンと思うんだけど、なんだか惹かれてしまって、写真を撮った。
それを兄弟LINEで流したら、下弟が「背中に哀愁感じるな」とのたもうた。

そこでふと、カエルの哀愁ってなんだろう…と思ったので、いっちょ真剣に考えてみた(´・_・`)

1.少子化の改善のためにメスを引き寄せようと頑張って鳴いても、
  夜中に鳴くなうるさいって言われる
2.大変な思いをして、やっとのことで卵をいっぱい産んでも、全部育つとは限らない
3.どこまで飛んでいいかわからない
4.人生の意味って何
5.ハエがうまく捕まらない


そこまで考えてまたLINEに流したら、下弟から追加された。

6.目がキヨシ師匠である」

そ、それは哀愁感じまくる…。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

いらっしゃいませ

このblogは
さくら通り
の1コンテンツです

今月のオシゴト

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

各記事下部の(CM)を
クリックすると
書込窓が現れます

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

過去ログはこちら

さくらが丘雑記(旧)

ご注意

管理人が不適切と判断した
書込は即刻削除します

ブログ内検索