FC2ブログ
topimage

2018-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すてきなどうぶつえん - 2015.10.04 Sun

 
「千葉市動物公園にハシビロコウさんいるらしいよ」
夫のその一言で、週末のお出かけは決定した。
…よくあるのようちはこのパターン。

 
151004-1.jpg
こちら正門。
でも我々は奥の駐車場に駐めたので、裏口入園…
もとい、北口から入園。


でもここ、他の動物園とどこか雰囲気が違う。
なんだろう…。


151004-2.jpg

手前:ホオジロカンムリヅル
奥:シタツンガ
シタツンガはなんとウシ科らしい。
シカじゃないんだ!( ̄▽ ̄;



151004-3.jpg 151004-4.jpg 151004-5.jpg

ぞうさん、きりんさん、だちょうさんといえば、動物園の三大ヒーロー。
アジアゾウさんは、夫がこの間ジンバブエで出会ったアフリカ象さんより小振り。
アミメキリンさんはなかなかシャンな御仁。たぶんまだ子供だな。
ダチョウは薄い色のは♀らしいのだが…まさかこの3匹、三角関係…?( ̄▽ ̄;



151004-6.jpg

フラミンゴさんたち。
いろんな種が入り交じって、これもし交雑しちゃったらどうなるの?と心配になった。
でもどこもこんな感じよね。



151004-9.jpg

愛しのハシビロコウさん。すごいモデルポーズ。
ちなみにこちらの動物園には現在2羽のハシビロコウがいて、
それぞれ「じっと」くん♂、「しずか」ちゃん♀というらしい。
…じっと静か…確かに。



151004-10.jpg 151004-11.jpg

アカツクシガモとアメリカオシ。
何か気になる見てるのか?

もう一匹はベニバシガモ…かなぁ?なんか羽がハデ。



151004-12.jpg

ケープペンギンさんたち。
今にも「南極戦隊ペンギンジャー!( ̄◇ ̄)/」って言いそうなんですけど。



151004-13.jpg

コツメカワウソくん。
なぜかカメラ目線。



151004-14.jpg

コツメカワウソくんたちのラブ。
なんだこのうっとりした顔。



151004-15.jpg 151004-17.jpg

左:千葉市動物公園の全国的アイドル、風太。
  トシを取っちゃって、あまり立ち上がったり愛想振りまいたりしてくれない。
  毛繕いに一生懸命のオッサ…げふん、パパさん。

右:遠目に見ても「デカっっっ!」
  ばんえい競馬の馬じゃないの?と思ったら、ホントに「道産子」だった(笑)
  これはペルシュロンという種らしい。


151004-18.jpg 151004-20.jpg

左:うちのご近所にもいる、オグロプレイリードッグ。
  ちっちゃい手で葉っぱを食べる。
  あざとい可愛さ。

右:いわゆるモルモット…なんだが、本当はテンジクネズミの一種らしい。。
  やまほどいる全員柄違い。それはそれですごい。




151004-16.jpg

何匹かいる風太の子供のうちの一匹。
なんかぐてーとなってるが、この子は客のアイドルだった(笑)
動きがいちいち可愛い。



151004-19.jpg

カピバラさん!
なぜか周りにいるお客さんたちもみんな彼を「カピバラさん」と呼ぶ(笑)
「あの漫画のせいだねぇ」
そうかも。



151004-22.jpg

大橋さん。
もとい。オオハシさん。
これはオニオオハシ。つまりキョロちゃん。
金のエンゼルと銀のエンゼルはいない。



151004-23.jpg

フタユビナマケモノ。
つまりあの長い爪が2本しかない。
バードホールのうっそうとした熱帯林の、実に見つけにくい場所にいる。
お客さんはみんな、どこだどこだと探し回り、誰かが見つけたら全員に周知する(笑)
…しかしどうもこのグータラ具合が、ワタシに似ているような…気が……。
「気のせいじゃないよ」
…そうだろうとも。



151004-26.jpg
 園内をたっぷり歩いて気づいた。
 この動物園が
 なんとなく他の動物園と違うところ。
 …つまりこういうところなのだ。



151004-27.jpg
動物園ですよここ?
都内の恩賜公園とかじゃないの。
なのにこの美しさ。
そしてこの開放感。
いや、土地があるからできることではあるのだけど。

京都市動物園とか上野動物園とか天王寺動物園だとかの
都心部の動物園のレイアウトが悪いというワケじゃない。
土地がないなりに、できるだけたくさんの動物との
ふれあいや観察を楽しんでもらうためには
ああいう配置は仕方のないことだ。




151004-25.jpg
でもこちらの開放感は特筆に値する。
動物の愛らしさとは別に、
単純にのんびりと散策でき、
動物のニオイ(笑)から離れて、
お弁当を食べたりもできる。
気が向いたらまた動物の様子を観たり
花を見て和むこともできる。


さあ動物園ですよ、たくさん動物見て触れて、あっ次のコースはこっちね、
蛇もいますよ、パンダもホッキョクグマもいます、次の獣舎はすぐそこー、
みたいなのが、たまにしんどい時がある。
特に大人はね。

そういう意味でも、大人になってからの方が、動物園をじっくり楽しめている気がする。
子供の頃って「あっゾウさんがいる!キリンさんがあそこにいる!」
って感じの見方しかしてなかったような(^^;
今は勝手に台詞つけて心境代弁しちゃったり(´・_・`)
いろんな楽しみ方ができるのがいい。
だからこんなふうに、公園として成立しているところはいいなと思うのだ。
あっだから動物「公園」なのか。


だから、ペイヴメントの落ち葉にすら心奪われる。


151004-24.jpg




↓ よろしければDLしてご利用下さい(1900×1260のみ)

151004-9a.jpg

きょうふのどうぶつえん «  | BLOG TOP |  » パンジプシー終了(T▽T)

いらっしゃいませ

このblogは
さくら通り
の1コンテンツです

今月のオシゴト

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

各記事下部の(CM)を
クリックすると
書込窓が現れます

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

過去ログはこちら

さくらが丘雑記(旧)

ご注意

管理人が不適切と判断した
書込は即刻削除します

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。