FC2ブログ
topimage

2018-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こどもはこどもを育てられない - 2015.10.23 Fri

  
最近、ネグレクトの問題を耳にすることが多い。
それは決して、年寄りたちが言うような「最近の若い世代は子育てがいい加減だから」
な、だけではない。

だがそういった側面があるのも事実だとは思う。
言葉を変えて言うと、彼らは子育てがわからない、のではないかと思うのだ。
5歳の男の子が死後7年経って白骨化遺体として発見された事件の一連の報道を目にして
その疑いを強く抱くようになった。

子供は厳しく躾けなければならない、とか、誉めて伸ばしてやらなくてはならない、だとか、
そういう話じゃないんだよ?
躾けっていうのは、結局のところ「どうやって生きていくか」を教えることじゃないかと思うのだ。


かの男の子は、母親が家出する直前の10月に
路上で震えているところを通行人に発見されたことがあったらしい。
その時3歳だった彼はTシャツにおむつ姿。
母親を呼ぶことしかできず、名前も住所も言えない。
児童相談所によると、耳の裏や耳の中の汚れが目立っていたという報告だったそうだ。

この耳の汚れというのは、少なくとも現代日本では、
生活がきちんとしているかどうかの目安になる。歯もそうだ。
虫歯の治療以前に、歯磨きをする習慣があるかどうか、という問題である。
そういったことは親が教えなければ、身につくことがない。
というより、子供自身が赤ん坊の頃から本能として知っているわけではない。
やってみせて真似させるか、親みずからが清潔を保ってやるかの方法は様々あるだろうけど。


ところで、この手の話をすると、場合によっては
「子供がいないヒトにはわからない」という、
まったくもってステレオタイプな反応が返ってくることがある。
というか、多い。
確かにそれはそうだろうな、とは思う。
お母さんになって、お父さんになって初めて知ること、わかること、っていっぱいあるだろうね。

でもワタシはあなたに比べて現実を知らないかもしれないけど、想像はできるんですよ。
育児には、決して可愛い可愛いだけでは済まされない大変さが
たくさんあるのだろう、ということくらいは。
ヒステリックに怒鳴りつけたくなることも、そりゃああると思う。
なんたって子供は、いちばん思い通りにコントロールするのが難しい生き物だからね。
毎晩夜泣きされたら、ろくに眠ることもできなくて、イライラするそのキモチ。
同感することはできなくても、想像はできるんです。


そしてね、いささか知ってもいるのです。
まだ関節が固まっていない赤ん坊を抱き上げるときに、
頭を支えないとグラッといっちゃうとか、腕から引っ張ったら脱臼するだとか、
ミルクは人肌に冷まさないとダメとか、哺乳びんの乳首の好みで拒否られるとか、
ミルクをあげた後は背中ポンポンしてしばらく抱いていないと、逆流して下手すりゃ窒息、とか、
ハイハイが始まったら床でも舐めかねないとか、拾ってなんでも口に入れたがる、とか、
立っちが始まったら、手の届くところに危険物(コインでもハサミでも)置いてはいけない、とか
離乳食は味つけ薄くとか、まだ頭の方が重いから転びやすいとか、
2歳くらいでイヤイヤ期がくるとか、
高熱で引きつけを起こしたら、即行口にタオルとかスプーン突っ込まないと舌噛むとかね。

なぜか。
ワタシの場合、弟妹3人の育児に幼いながらも関わったお陰である。
3歳くらいまでの育児期間中、だいたいどういうことが起こりうるかは一通り経験した。
おしめも替えたし(紙じゃないよ)、ミルクも作ったし、離乳食も作った。
弟のおしめを替えていて洗礼受けたり、引きつけ起こさないかずっと見守ってたり、
転びそうになる前に机の角をサッと手で覆ったりしていたワケよ。
自分の子供はいないので活かせなかった経験でしかないが。
ちなみに幼児教育の講義は一切受けたことがない。


つまり、現代は親の側にそういう経験や情報がなさすぎるのだ。
いただきます、ごちそうさま、を言えるようにするのももちろん大切なことだが、
子供が生きていくために、どうすればいいのか。
自分は何をしてやれるのか。
いや、観念的な意味ではなく、生活のふつうの習慣や飲食のこと。
大人とは違う、小さい子供ならではの対処方法。
それすらわからない親が多いのだろう。
わからないままに親になる。そしてどこからも情報を得ない。
よく言われるように、これも核家族化の弊害とやらだろうか。
でもこれだけの情報化社会、いくらでも知識として得る手段はあるのじゃないか?

情報に埋もれ、神経質になりすぎて、強迫性障害になるのか、
一切の情報を断ち、己のやり方を貫くのか、それはひとそれぞれ。
でも、情報を得られることに気づかず、他者の手を借りられることにも気づかずに
最終的にネグレクトになるのはダメだ。
はっきり言う。ダメなのだ。


子育てが初めてなら、わからないことだらけ。
それは当然だ。

でもね、子供は生き物なのだ。
失敗してもリセットできないんだよ。
―― HPゼロになっても、復活の呪文は使えない。


5歳男児放置死、父「育児がわからず」 懲役19年判決

カエルの哀愁  «  | BLOG TOP |  » コーヒールンバ再び。

いらっしゃいませ

このblogは
さくら通り
の1コンテンツです

今月のオシゴト

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

各記事下部の(CM)を
クリックすると
書込窓が現れます

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

過去ログはこちら

さくらが丘雑記(旧)

ご注意

管理人が不適切と判断した
書込は即刻削除します

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。